2015

ext-th-ro_MG_3111.jpg

前の更新から約2年経ったという…早いものですね。

すっかりとご無沙汰しておりました。 なんとか元気にやっています。

さて、相変わらず色んな意味で落ち着かない日々ですが、近況をいくつか。

上の写真は昨年つくりはじめた木のピアスです。 em.という名前の作品群で、ピアス以外にもアクセサリーや置き物をつくっていく予定です。

em.の紹介ページ(英語)はこちらです。 http://em-wood.tumblr.com

英語圏の方に向けて売ってみようとオンラインストアもはじめてみました。 https://morld.stores.jp

ぼちぼちつくってはアップしていってみる予定です。

あと、前々からやってきた梅酒研究会が、今年は福岡 太宰府天満宮で梅酒まつりを開催します。(と言っても、僕はあんまり何もしてないんですが…やるそうです)

梅酒まつりin太宰府天満宮

2/20から22までの3日間です。 満開とまではいきませんが、梅見頃の太宰府天満宮、お近くをお通りの際はぜひお立ち寄りください。

あとは、グラフィックデザインの実績もたまにアップしていますので、こちらもお時間あるときに見てやってください。 works.morld.jp

今年もなんとか色々とがんばっていきたいと思います。 よろしくお願い致します!

works.morld.jp

screenshot 2012-06-09 15.07.03.jpg

ちょっと時間ができたので、自分の実績を一覧できるようなサイトをつくろうと思い、Tumblrを使って作ってみました。

works.morld.jp

今更ながらで、Tumblrをはじめて触っているのですが、これ随分使いやすいですね。journalが疎かになるんじゃないかと思えるぐらい、ラクチンです。笑

今回の写真サイト、見た目もシンプルで、使い勝手も良いと思いました。ただ、WEBサイトをつくったことの無い方が1から構築するには、少し敷居は高いかもしれません。

そこで、ここからはいつになく営業口調になりますが、このシンプルなサイトにもし興味のある方がいたら、設定〜構築〜公開までの作業代行を引き受けようと思います。シンプルな自分のサイトをもちたいなーって思ってる方がいたら、ぜひご検討ください!

★デモサイト

あったらいいな 横山食堂(お店やってる方向け)

ひかりあつめ(写真を公開したい方向け)

気になる料金ですが、見た目のカスタマイズ無し(つまりworks.morld.jpやデモサイトと同じ)で、独自ドメインに関する費用(1年契約分)も込みで¥52,500でどうでしょうか。

スケジュールは3〜4日あればたぶん大丈夫です。はじめてなので、まずは先着3名まで。(みなさんからの需要 or 僕の余裕がありそうだったらもう少し対応できるようにがんばろうと思います。)

もう少し詳しく聞きたいなってことがあれば、お気軽にご連絡ください。よろしくお願いします!

 

ちなみに、少し長いですが注意点などはこんな感じです。

*tumblrという外部サービスを使うため、予期せぬ出来事(会社がなくなった、サービスが終わった、ホスティング会社側の仕様変更などなど)により、構築後のサイト運営が困難な状況もあり得ます。そのあたりは僕は責任持てません。予めご了承ください。僕の感想としては、まあ無くなることはないと思っています。

*通常のtumblrの仕組みとしては、画像以外にテキストや引用文、動画や音声を投稿できるのですが、今回のサイトでは仕様上、画像と動画のみしか投稿できません。画像や動画と一緒に文字を投稿することは可能です。(一緒に投稿した文字は、画像をクリックしないと見れません。)

*独自ドメイン&ホスティングサービスの年間契約は、さくらインターネットと行います。契約は依頼主名義で行って頂きます。この契約はお会いして一緒にやらせて頂けると早いし安全だと思うので、原則立ち会って頂きたいと思います。

*2年目以降は、年間1500円(より高いプランもあります)をさくらインターネットへお支払い頂ければ、継続可能です。

*色を変えたいとかのカスタマイズ(難しいことは無理かもしれません・・・)や、サポートについては別途お見積りさせてください。投稿の仕方の説明や、そのためのやり取りはもちろん料金内でやらせて頂きます。

*ドメインを取得するので、自分専用のメールアドレスがつくれます。

*Facebook、Twitterとの連携が可能です。(Tumblrからそれぞれに投稿できます)

*普通に使っていれば、特に問題はおこらないと思いますが、色んなサービスが絡むため、技術的に難解で即答できないことや、どうしても回避できない不具合もあるかもしれません。閲覧できないブラウザがあったり・・・。極力がんばりますが、どうしようもないときはご容赦ください・・・。

*スマートフォンで閲覧するときは、スマートフォン専用ページでの閲覧になります。公開している情報は見えますが、PC版と違って、あまりシンプルではないかもしれません。

 

あと、Tumblrの機能としてできることをリストアップします。

・メール送信でサイトの更新が可能です。 ・タグによる記事のカテゴライズが可能です。 ・サイドバーは、デフォルトで表示/非表示を切り替えられます。 ・静的なページを作ることができます。 ・Facebookでのコメント機能が使えます。 ・Avatarの写真は丸と四角のトリミングがあります。 ・最新4件のTweetを表示可能です。 ・SNSサービスへのリンクを作成できます。(利用可能なサービス:Facebook、Twitter、Dribbble、Svpply、Google+、Foursquare、Vimeo、Gowalla、Youtube、Rdio、Flickr、LastFM、LinkedIN、Github、Skype)

Profile & Result 2010

THIS ARTICLE IN ENGLISH

PDF OF PROFILE at 2010 JAN. 07

実績をPDFにまとめたので公開しておきます。あと、久々にこっそりmorld.jpも更新。worksを入れ替えました。

1977 年 日本の岡山市生まれ。大学で建築を学び、2004 年にフリーランスのDESIGNER になる。morld として2005 年より活動。CI・WEB サイト・サイン計画・イラスト・ドローイング・印刷物などを手がける。

人は、生きる中での様々な行動の動機の根源において、他者とのコミュニケーションを欲していると考えている。

「僕がものをつくるとき、もし意味の無い仕組みでできあがっている世界であれば、僕はそれをひっくり返して考えます。world をひっくりかえしてmorld(マールド)という名前 でものをつくっています。」

morld.jp

THIS ARTICLE IN ENGLISH

最近、「あなたは、あなたのWEBサイトで何がしたいの?」と聞かれる機会が増えた気がします。その都度説明はするんですが、僕の行き当たりばったりプレゼンテーションでは、いまいち伝わっているか怪しい感じがします。前につらつら書いた記事も、古いので読まれにくいかなと思い、今日は、僕がmorld.jpで何を示したいのかを改めて書こうと思います。

morld.jpでは、インターネットの持つ「圧倒的な不特定多数の情報を集める能力」に着目し、その能力を意識したプロジェクトをやっています。
今、インターネットは、リアルタイム、双方向、ユビキタス、コミュニケーション、合理化などをキーワードに様々な形態で利用されています。しかし、人々にとってのインターネットは未だにあやふやなもので、仕事でどっぷり使っている人もいれば、まったく信頼していない人もいる、全く利用していない人もたくさんいるでしょう。
本来メディアとは、一つの本質的な驚くべき能力を持ち、それが受け入れられて行く過程で様々な利用形態が付加され、相乗効果をもって世界中に浸透していくものだと僕は考えています。今のインターネットは、本質的な能力が直視されること無く、付加されたもののみで構成されているように感じます。そのため、いつまでもあやふやなものと捉えられ、利用者の層がはっきりとわかれた使われ方をしているのだと思います。
もともとこの「圧倒的な不特定多数の情報を集める能力」は、「世界が繋がる」や「休まない店」といった形で様々なところで謳われていました。ですが、インフラの不整備や、人々(利用する側も提供する側も)が新しいものに慣れていない状態などが原因で、「結局そんな風には使えないじゃないか」という認識をもたれてしまった結果が今です。この状態のインターネットに対して、僕はその能力が存分に発揮されていないと感じます。そして今は、以前に問題のあったインフラや慣れも、ある程度はクリアされた状態にあると感じています。
そこで、この状態を抜け出しインターネットを新たなステップに押し進めるため、「圧倒的な不特定多数の情報を集める能力」に改めて着目して、インターネットを世の中にきちんと定着させたいと考えました。その第一歩としてのWEBサイトがこのmorldです。
このWEBサイトには、完全に僕の私的な意思・情報しかありません。しかし、例えば「人間の好きな色が知りたい」と思う気持ちに、インターネットは応えることが出来るということを世の中に提示することができれば、インターネットはその驚くべき能力を遺憾なく発揮しはじめて、世界に浸透していくのではないかと考えました。この提示するものとしては何らかの損得を含んだ情報ではなく、人間が今まで以上にまさにその人間を知ることができる状態を想像させることが必要で、これが今の世の中にインターネットを響かせていくことができるものだと考えました。
今後、この能力が発揮される状態を迎えることができれば、人は人のことをもっと知ることができるでしょう。今までの一般的な歴史という概念も変わってくるのではと考えています。また、個が過剰に主張される今の世に、家というものが形を変えて再び重視されるようになるかもしれません。
あと、なぜインターネットを定着させたいかに関して少し書きます。形はどうあれ浸透してしまったインターネットというものを今の形で存在させておくことは、人にとっては不利益なことが多いと感じています。今はまだまとまっていませんが、ある情報に対する信頼性の持ち方に起因する、僕らをとりまく様々な状況がそう感じさせているのだと思います。この中途半端な状態が加速している今、ある理論に基づいた思想は、思想を持った側からすると理論的で正当なのですが、僕はこれを見て本来的な意味を失った私的感覚で溢れていてるように感じ、その正当性を僕は受け入れることができません。

「君は、この世で唯一の存在だということをもっと自覚した方が良い。」

ドラえもんが夢の中で僕に言ったこの言葉を、僕は全ての人に考えてほしいと思っています。僕はこれを死ぬまで考え続けるのだと思います。僕は、この言葉を聞いて考えている誰かが想像する僕が、それを考えている状態を想像するとき、関連しているものたちが少しずつ僕の中に定着していっているように感じます。そしてその結果、それらに対して愛を感じるようになっている気がします。

最後に、2006年10月23日でのプロジェクト報告を書いておきます。

NH001 'Color' 参加人数549人
NH002 'Sky" 参加人数174人

今月に入って、合計で400人近く増えました。色々なところでリンクを貼って頂いたおかげです。ありがとうございます。

DesignChartsでは、今月のはじめにランクインして、19位→18位→11位と順調にあがってきました。もう少しあがると嬉しいな。

iBLOG™ではSOTW(Site of the week)に選ばれました。SOTM(Site of the month)というのもあって、その月のSOTWの中で一番VOTEされたサイトが選ばれるそうです。ユ、ユニクロのUSと並んでる・・・。

Project #1 Nature of Humanity NH002 'Sky'

THIS ARTICLE IN ENGLISH

sky3.jpg

みんな、どんな空を見ているんだろう
人間が空を思うときのその色を集めていきます
気になる方はどうぞご参加ください

morld

みんなの見てる空ってどんな色だろうって、まあよくある話なのですが、実際よくわかんないなと思ったのがきっかけでこのプロジェクトを考えました。個人差も持ちながら、育った環境によっても見える空の色が違うんだろうなと思ったので、やってみようと思ったわけです。できるなら、世界中の空の色が見てみたいのです。

ちなみにNH001は大体1〜2人/日ぐらいで増えています。それなりに集まってきたので、たくさん並べて見えるようにちょっとリニューアルしました。是非、見てみてください。

morldオープンです / morld start!!

THIS ARTICLE IN ENGLISH

ドメインをとってサーバを借りてから約1年ぐらい。ようやく自分のサイトができました。
まだまだ直したいところはたくさんありますが、「忙しくなる前に形だけでも」と思って立ち上げることにしました。


morld


「マールド」とは、僕がものをつくるときのやり方を表しています。
もし意味の無い仕組みでできあがっている世界であれば、
僕はそれをひっくり返して考えます。
「world」をひっくり返して、「morld」と名付けました。


インターネットはここ数年で世の中に随分と浸透し、色んな使われ方をしています。
キーワードとしては、リアルタイム、双方向、ユビキタス、コミュニケーション、合理化といった具合に様々です。

最近の僕は、不特定多数な情報収集にこそインターネットのメリットがあるのではと感じています。
このサイトでは僕がつくる色んな作品も見れるようにしていきますが、僕が普段考えたり感じたことの中でこのメリットを活かせるようなプロジェクトをやっていきたいと考えています。
今後やっていくプロジェクトでは「圧倒的な不特定多数により得られるもの」に焦点をあて、僕の興味の赴くまま、時間の許す限りやっていこうと思います。


プロジェクト#1として「Nature of Humanity」というのを考えました。
このプロジェクトでは人間の本質に迫ります。

心理学とかマーケティングとか、そういったことと似ているような感じがしますが、
じゃあ「人間って何色が好きなの?」と自分に尋ねたとき、どこを探しても納得する答えは無い気がしました。
それは結局、どこかの本の中にある答えを僕が見たとしても、自分の生活とは切り離れたところで集められたサンプルであると感じ、
実感としては漠然としてしまうだろうと感じているためだと考えました。

そこで、生物としての人間は何に反応するのか、また何に影響を受けるのかをどーーーーーーしても実感したいと思いました。
(実感できたとしても、それが何の役に立つかは・・・)
そのためには非常に多くのサンプルを必要とするでしょう。
つまり僕の思うインターネットのメリットが必要な訳です。

というわけで、プロジェクト#1として「Nature of Humanity」を考えました。
まずは初めの疑問である「人間は何色が好きか」を集めてみます。


最後に。
このサイトは長期間運営する事に意味があると思っています。
僕は個人(もしくは横山家)の財産としてのWEBサイトに価値が出るかどうかも試してみたい感じです。
10年後20年後30年後、こういうところに蓄積される情報はどうなっていくのか。
これも僕の疑問の一つです。