← 基準と淘汰 | HOME | 魚の骨、食べる物、お米 →

運転、英雄、語句

B91CEA98-B970-4CAA-9F35-281DBBD13E5B.jpeg

ミニチュアを集めて箱庭を作るような神さま的視点は面白いのだけど、心情が真剣にならない。ディテールを削ぐ方向もそういう感じに似ていることがある。見せようによってはスタイリッシュに見えるけどシリアスじゃないから、使いどころを誤ると一気にカタンとひっくり返ってしまうバランス。‬

‪◆‬

口語に任せていると調子を調える語句が消えたり現れたりする。もともと意味を含んでいても語調に合わせて消えることがあるだろうから、意味が失われたり変わってしまうこともある。英語のhやkなどは口語に任せて消えたとしても、そもそも文字に意味を含んでいないので問題無いのだろうが、日本語の場合は英語がそうだからと外国の基準を持ち込んではいけないことがこの頃は多いだろう。

英雄色を好む。こんな言葉はゴマスリか、自己弁護のための嘘だ。格言のような顔をして、共通認識として認めている感じになっているが、全く正しくない。こういう間違いをはっきり正していきたい。

車の免許を取った。今まで何だかなぁと軽くもやもやしていたことが、少し見えるようになってきた。とりあえず言いたいのは、道路上での歩行者優先の度合いを明示しないのはなぜかということ。デメリットも大きいが安全を重視すればやはり明らかにしている方がそちらに近いと思う。

僕は多くの人と違い、大人完全歩行者を20年ぐらいやってきた。そんな僕が自衛のためにやっていたのは、自分の前を車が横切るときは車を先に行かせるという行動だった。教習所で学んだが、これをされると困るのは本当は車の方だった。僕は交通整理された場所の横断歩道でさえ、大体の場合は通行する車を先に行かせていたのだ。僕がなぜこういう行動をとるに至ったかといえば、車が配慮のない速度で突っ込んでくるからだ。運転するようになってよくわかったが、配慮のない速度の出し方の車はとても多い。横断者の手前まで威圧的に近寄ってくる。早く行けよという心の声が聞こえてくる。

交通ルールを学んだ上で、なんでこういう思考や行動になるのか理解に苦しむが、それでも想像するに、こういう心境の人は運転に対するストレスが過剰に大きいのだ。免許を取って2ヶ月ほど経つが、やっぱり進んで運転したいなどとは思えない。教習所へ通う前、通った1.5ヶ月間、ずっと変わらず運転したくない気持ちが続いていた。よくわかんないがなんか少し上手くなってくればそのうち運転が楽しくなったりするのかも、と先のことを餌に自分をだましだましやっていたが、結局変わることはない。どうもポジティブにはならない。いや、確かに定刻を待つ必要のある公共交通機関と比べればとても便利だ。でもただ便利なだけでリスクの方が明らかに大きい。本当にみんな何で乗るんだろう。通勤で乗るのはとても良くわかるのだけど、用もなくだったり、近所のコンビニへ行くのだったり、定時がなく自分だけが移動するようなときだったり、そういうメリットがごく薄い場合でもそれしか選択肢が無いように車に乗っている人が多いのは本当になんか物悲しい気分になる。

あと、自動車とは関係ないのだが、運転をする中で記憶に関する興味深いことを一つ発見した。僕が欠けているだけであったり、僕の記憶の仕方に起因している可能性もある話だが、運転中に同乗者と会話をするとき、車が動いているとどうしても記憶を探れず思い出せない類のことがいくつかある。そんな状態な僕なので、運転後に何の話題だったかを覚えていないことも多いのだが、それを初めて実感したのは、東京にあるどんなお店が美味しかったか、について質問されたとき、全く記憶が探れなかったのを覚えている。食に興味満載な僕なので平生であればどんどん出てくるのだけど、どうしても一つも言うことができなかった。運転中で脳を使っているため、他のことにその部分を使えず頭の中が困っている状態になる。それで慌てたりはしないのだけど、どうしても思い出せないと同乗者に説明する僕はきっと変なやつだと思われていることだろう。僕自身もそんな運転者に当たったことがないから、本当に僕だけのことなのかもしれないけど、通常では出会うことのなかった感覚なのでとても面白い。

運転の上手い下手。込み入った路地を対向車とすれ違いながらスイスイと進む。それは入らないだろうと思えるスペースで縦列駐車を一発で入れる。こういうことが上手な運転、とよく言われる。しかし、ウィンカーを出さない人のことを運転が下手だとは誰も言わない。他の車や人とコミュニケーションを取れる数少ないツールであるウィンカー。出さない人はあんなのいちいち出していないだけだと言うだろうが僕からすれば、出すことができない人である。その重要性を踏まえ、また常時全方位を確認することができない自分を踏まえれば、違う動作を行う前にウィンカーを出すことは必須である。そういう認識が持てないから、面倒だし誰もいないし見てないし出さなくても良いやと思って出すことができない。できないのだから下手なのだ。全方位を確認することができない自分自身さえも理解できないのだから下手である上に稚拙とまで言える。言い過ぎだろうか。そんなことないと思う。

‪しつこく誘うってすごい。双方向の意思疎通で決まったことに待ったをして何度も誘う。誘われる方の良さもあるが、誘う方の意志の持ち方がとても大切。断られても、その人なしには無理だという確信がないとできない。やりたいことがはっきりしているからこそ。その核心がお金儲けでしかないなら、騙し騙されることでしか成り立たないだろうな。‬

‪◆‬

外国での外食が日本円換算で倍以上の値段であることと、世界の中で相対的に経済状況が悪いことの相関が納得いかない。まるで、ラーメンの値段が上がることが指標みたいな感じだが、価値が上がるから値段が上がるのが資本主義じゃないっけか。上がらないのなら、大切では無いってだけじゃないの。

‪自身のコンプレックスから誤認するについて。これは愛すべき個性であるが、多くの人にとっては容認しにくいことだ。‬

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/446

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)