← デジタルネイティブと反復 | HOME | 基準と淘汰 →

育児と少子化

CF989EE0-28DE-470A-8377-067B205B7E55.jpeg

物忘れがひどいと感じている人の大体は、習慣化できない生活や行動をしているせいだ。30歳ぐらいを過ぎると気にしている人がままいるし、僕もよく何かを忘れたり忘れそうになるが、習慣化できていないのだから抜けるのはまあ普通のことである。油断しても差し支えない状況の人も同様。しかし、それでも忘れない人抜けの無い人というのがいる。それはその人が特別ですごいのだ。記憶と行動の組み立て方が違うんだろう。コツがあるような気もする。‬

‪◆‬

‪議員は子を連れて仕事しても良いという意見が多いようである。では、電車の運転手はどうだろう。保母さんはどうだろう。清掃員はどうだろう。パン工場の製造員は、タクシードライバーは。葬儀場職員はどうだろう。銀行の窓口係はどうだろう。警備員はどうだろう。‬

‪色んな例を混ぜてみたが、全部適してると思えない。どうして誰かの作った仕事の枠組みの中で仕事と育児を混ぜようと思うのだろう。答えは簡単なんだ。仕事など辞めれば良い。子が大切であるなら議員などやっている場合では無い。そこで自分の夢がとか、積み上げてきたキャリアがとか、そういうようなことを引き合いに出すのなら、子と過ごす時間で無理に自分の時間を満たす必要はない、やる事があるのだろう。それが自分であると思う人がいるのはとても自然だと思う。ただ、引き合いに出てくるのがもっと裕福な暮らしのためのお金であるなら、その愛とは何かをよく考えると良い。あと、権利を主張したいなら、まずは裁量を持つように頑張ろう。人のお金を権利があると我が物顔で使い切ろうとする人は、分かつことの大切さを思い出して欲しい。自分だけが得ることの愚かさは相当に酷いことだ。もう少し突っ込むと、これは経営側も意識することである。双方が意識してはじめて釣り合いが取れる。僕が見かける範囲でもまあ実感するが、酷い社長が少なくないからこその現状ではあるのだろうが。‬

‪◆‬

育休を使って少子化対策しましょう。育休に理解が無い?育休が取れない会社なんてあるの?少子化に対して意識が甘いし、真剣に取り組んでいない!

って言い分を見かけた。育休の権利を主張し無理に行使している人も少子化を真剣に自分の問題だと捉えているようには見えない。女性に出産育児の負担がかかるのはよくわかるし大変だ。男性が共に行うべきことなのは間違いない。と言っても、女性の負担が無くなるわけがなく、負荷がかかることには覚悟をして、負荷が軽くなることを喜ぶスタンスは必要だろう。負荷がかかるのは夫が悪いなんて考えは、妻の支え方が悪く生活上の無用な負荷があって仕事ができないと主張する男性と同じだ。

少子化と育休の充実に相関関係はあるだろうか。ホームレスの増加と生活保護の充実に関係があると思うか。正確に対比できることではないが、どちらも多くのケースで関係は無いと感じる。育休が無いと子が減るのか、考えればわかるだろう。子を持つことと若い自分の欲求の実現を天秤にかけますか?子の素晴らしさを実感しようとしていないからこんな簡単なこともわからず、結婚出産育児、でそっからは自由、みたいな手順を目安に生きてしまう。

出産育児をすることで生活上大きな制約があるだろう。それを自分の自由の内にあると考えることはできないだろうか。辛いのが嫌、からの自由になりたい気持ち。自由を思いっきり履き違えていたとしたら、果たしてあなたは恥ずかしくないだろうか。ごく真っ当に生きているつもりが、自由を履き違えていただけのことでその全てが単なる子供じみたわがままに成り下がってしまう。

育休の話から離れてきたから話を戻す。育休をたくさんとることの是非。世帯収入が多い人は育休いらないでしょう。残したいほどのキャリアがある人も育休いらないでしょう。本当に必要なのは、働かないでも家計をある程度維持できることでぎりぎり生きていける人たちだ。待機児童問題も同じ。世帯収入が多い人が安く出産育児を行いたい理由は、貯蓄したいから。使い道は家族の安定した暮らし、子により良い学習の機会を与えるため。それを理由に育休の権利を主張するなんて、なんとも浅ましい。誰に回るかわからないけど、うちは多少余裕あるからという声の少なさに驚く。なんなら若いうちから老後のお金にまで意識が向いている。お金のことはとても大事だけど、自分の将来のために自分の努力ではなく他人を押しのけることをやってそのまま数十年も過ごせば。。。大きく歪んだ人物がそこにいそうな気がしないだろうか。それがあなたの欲しかった自由の行き先だろうか。もっと明るく幸せなはずではないだろうか。その明るい将来で我が子と孫と暮らす姿は思い浮かばないだろうか。いや、この話はいいや。

キャリアを残して、充実したやりがいも手応えも収入も地位もある仕事を出産後も続けたい。それが自分の人生だと思うなら、それはもう少子化に注力はしていない。ついでにやってやろうかぐらいのもんだろう。それを誇らしげに語るのはあまりよろしくないと思うけど、まあ個人の好き好きなので止めはしない。ただ、育休を良しとできない社会を叩けるほどのことはしていないとは自覚してほしい。育休も保育園も生活保護も、もっとまともに機能するようになると良い。余裕のある人は遠慮しなさい。そんなにいらんだろうに。

頼んでくれるんだからやろうかなって思う気持ち。ピース。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/444

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)