← 生きていくについて | HOME | みゆきの坂 風上がりクリニック →

食べるについて

cooking2011_s.jpg

今までも食にまつわることは色々書いたのだけど、もう少し膨らませていきたいので、気になることをまとめてみました。写真は最近の僕のごはん。このページでもう少し大きく見られます。

灰汁について。灰汁ってとるもんだとずっと思ってましたが、ここ最近の自炊生活で、灰汁って美味しいなと思うようになりました。普通に食べると駄目です。えぐい。なのですが、1日2日とおいておくと、そのえぐみがじんわりしてきて、すごく良い。全部の食材の灰汁が美味しいかはわかりません(ものによっては毒があるとも言われてるみたい)が、ごぼうの灰汁は美味しいです。きんぴらとかお味噌汁とか。火を通したばかりの、できたてじゃなくて、ぜひ試してみてほしいです(特にお味噌汁のできたては、美味しくないので要注意)。まあ、僕の好みが偏ってるっていう可能性は多いにあるので、ちっとも美味しくないじゃないか!って人もいるかもしれませんが、怒らないでください。

あと、友達に教えてもらった重ね煮というのが手軽で良かったです。食材の陰と陽を意識した養生料理だそうです。陰とか陽とかってなんだよって思う方もいると思いますが、なんかそういう印象とは違って意外にも、理にかなってる感じがします。僕はしばらく試してみようと思っている感じです。

乾燥とか発酵とか焙煎とかのわりと原始的な加工の工夫と、砂糖とかお塩とか油とかを使う調理的な工夫以上に保存が利くやり方はとりあえずいらないんじゃないか?それを真ん中にするだけで、仕組みは大きな変化を求められ、ずいぶんシェイプされると思う。するだけって言っても、すごく大変なんだろうけど。

でも、コンビニの流れそのままで、流れるもの(物も仕事も)をがらっと変えて、結果として手で作るものを売るようなやり方に変えられるとすごいことになると思うんだけどなぁ。

化学調味料の話をすると、気にしている人にとってはタバコの話に近いような印象を抱く人がいる。僕は化学調味料って好きじゃないけど、すごい嫌だとも思わない。あの手軽さはすごいと思うし、アジア諸国を中心に大人気らしい。そんな化学調味料なのだけど、最近きついお店がすごく増えた気がする。僕が変わっただけなのかなぁ。ここのところ、自炊をはじめたのはそれもある。ちょっと敬遠気味な店が多くなってきて、お昼食べに外にでても、外食できるものの中から食べたいものが浮かばない。食べたい味や味付け、具体的な野菜なんかは思い浮かぶのに。だから思い浮かんだ味から追っかけて、食べに行くのと同じぐらいの時間でつくれるものを、身近な素材で作ってるって感じ。

化学調味料のことをもう少しどんな感じか書いておく。1〜2年ぐらい前からかな。きついとこで食べると、あの痛いというかえぐいというかウヤウヤした感じが1〜2日つづく。軽くても昼食べて夜寝るときまで続く感じ。コンビニのおにぎりは口に含むと、もちろん我慢できる程度だけど、ちょっとだけ吐き出したい感じがある。これは随分前からあったが、前はそうじゃないのも多かったし、外のおにぎりはそういうもんなんだろうぐらいに思っていた。あの匂い、なんなんだろう。

まあ、何でもそうなんだけど、例えば「これがオレンジのジュースよ」と言われ飲んだ飲み物の味は、オレンジのジュースとして覚えることになる。でもオレンジの味と、大体のオレンジジュースの味は明確に違う。テレビの中の人と現実の人がどちらも人だけど、前者は人が映っているだけで厳密には人ではないということと同様に。

覚えることと、実際に感じることの差をはじめから無いものとして付き合ってると、本当にわからなくなってしまう。みんながみんなこういう種類の認識の仕方をどこかではしていて、気がついているものの気にしないとか、そもそも気がついていないとか、色んな状況を生んでいる。例えば、木調と木とか、陶器と樹脂とか、スピーカーからの音と本当の楽器の音とか、マイクの声と人の声とか。人と話すのにはこの差を厳密にしないってのはすごく有用な(というか、厳密にすると話にならない)のだけど、そこを自分の中でも埋めちゃうことに対しては意識を持っていたいなと思う。

そんなこんなで、化学調味料の入っているものは絶対食べないぞ!なんてのは無理だと思うし、わりとおおざっぱな僕は少なければたぶん気にしない、というかたぶん気づかない。そのぐらいの範囲で使っていけば良いんじゃない?って思うかな。まあ自分では理由が無い限りは、使わないようにしようと思ってるけど。わざわざ選ぶものじゃないとは思う。

ビタミン剤とかの薬というかサプリメント、僕はあまり良くないと思っている。もともと薬に頼ることが好きじゃないというか、自分の体調を復調路線に乗せる為のきっかけぐらいの使い方しかしないようにしている。日頃飲む薬も、科学的なものよりは丸薬みたいな昔からある薬とか漢方っぽいものを飲んでいる。僕と薬がそのぐらいの距離感なのもあるけど、色んな本を読んだり話を聞いたりしていて、やっぱりそうだよなと思ったことがある。

例えばビタミンEが肌荒れに利くっていう効能があるとする。ビタミンEを摂取すると肌の状態が良くなるってことだけど、普通の流れでいうと、かぼちゃを調理し食べると、消化をしその過程で必要な栄養素を吸収し、排泄する。この流れの中には大切なことがたくさん入っているけど、ここでは「ビタミンEが肌荒れに利く」っていうことと比べられるようなところだけを取り出して考えてみる。

簡単に言うと、必要な栄養素を吸収する、というところがそのあたりに該当すると思うけど、このときの吸収っていうのは、ただひょいと取り出しているような行為じゃない。僕は詳しく知らないけど、口・食道・胃・小腸・大腸と食べた物を通す中で、消化液とか菌とか運動とかまあなんやかんやが、食べ物を変化させながら分解しより分け吸収したりしている。

この一連の流れにこそ、肌が良くなるっていう結果を生んでいる現象が含まれているのだと思う。もし単なるビタミンEで単なる肌荒れが治るんなら、もっと効果が出ててもおかしくない。全体の結果としてみれば、利かないとは言わないがまあ利かないようなもんだわなっていう程度だと思う。(僕はビタミン剤みたいなものは風邪薬とセットで飲んだりするぐらいで、そんなに飲んだことがあまり無いから、実感はほとんどないのだけど)

利くときもあるだろうし、そもそも好きずきもある。この話、このぐらいで終わるなら良いのだけど、食べることをせずビタミンEを摂取することをやっているとどうなるのだろうか、につっこんで考えてみる。割と簡単な話だけど、やってないとやれなくなるっていうことだろうと思う。食べた物が排泄できなくなる、なんてことがあるとは思わないけど、あるものが分解できなくなるとか、あるものが吸収できなくなるとか、そういうことは想像に難くない。例えて良いか微妙だけど、自然界の食物連鎖みたいなものを思い浮かべれば、流れが途切れると失われていくものがあり、それはもうものすごい年月をかけてぐるーーーーーーっと一周して戻ってくるぐらいのことなのだと思う。怖いと思うけどな。ポリポリとサプリメントを食べるのって。

以前、食への興味からつながって、辰巳芳子さんの「食の位置づけ」という本を読みました。そこから色々思った、人間の尊厳食育祈り、なんかを書いたのをすこし前に思い出した。食べることってすごいけど、楽しい食であれば良いっていう状況ではないのかもしれません。論っていうほど大げさなものじゃないですが、過食論っていうのも 書きました。こういう話は未だにありえるというか考えないとかもなと思う。

ちなみに、食と関係ないけど、僕は地震以来、祈りっぱなしです(お祈りしてるわけではないです。たまに弱まる)。抜き差しならぬ状況では、例えたり、比べたりしている場合ではないのかもしれないとも思う。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/406

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)