← 食べる 食べない 飲む 飲まない と、また雑感 | HOME | 一生涯 →

田植え

_MG_3716.jpg

先日開墾に行ったプログラムの続きで、今度は田植えに行ってきました。この前、開墾した所はすぐには使えないということで、別に開墾された場所を使わせてもらって、田植えをしました。ちなみに、代掻きは現地の方が既にやってくださっていました。このあたりの田んぼは、地形の関係で、狭い面積がちょこちょこ少し段々となっていて、だいたい石垣になっています。

すごくよく晴れていたので気持ちよかったです。水のきれいさとか、泥の匂いとか、何とも懐かしい感じ。かえるとあめんぼがたくさんいました。

このプログラムですが、もとはてんころりん村というふるさと雇用基金を受けて設立された団体の方々が定期的に行っているものです。この方達は、生態農業という実に興味深い農業をやっています。難しいことは僕はわかりませんが、風土や色々な生物によって安定した土地を少し借りて、上手く折り合いながら農業を行うというような感じの農業です(たぶん)。僕なんかは、カエルたちとうまくやっていく方法なのかー、とかって勝手に納得して、おおー!!って思ってる程度なんですが。笑

田んぼの他にも、大豆栽培からはじめる味噌づくりとか、色んなお野菜を植えて育ててさいごは食べるワークショップ、間伐をするイベントや、鉄の再利用で鍛冶のようなことをするワークショップもあったりと盛りだくさん。ワークショップは途中参加も可能そうなので、他のやつも行きたいなーと思っていたりしています。

みなさんも、ご興味があれば是非。農啓庵という、再生した古民家で宿泊も可能で、かまどでご飯、五右衛門風呂でお風呂と、家族とかで行くのも楽しそうです。

久々の泥まみれ。気持ち良し、でした。

_MG_3697.jpg

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/385

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)