← 「原発がどんなものか知ってほしい」のこと | HOME | 政治 →

海のちかく / Near the Sea

_MG_3287.jpg

津波の高さの限度があるのかどうかわかりませんが、堤防を30mにしてみても越えてくるんでしょう。30mの堤防ともなると高さがある分、幅が増え、さらにそれを耐震にするとなると、どんな大きさだろうと思いました。それでもまだ、そうある想定ではないですが、25mの津波がきて、地盤が5m落ちれば合計で30m。まあ、地盤が落ちる事は埋め立て地なら、より十分あり得る話な気がします。

今回の大津波を踏まえ、大きな堤防と、消波のためにテトラポッドを置きまくるというような方向にいくのかもしれませんが、完全に津波を抑えようと思うより、津波はある程度流れてくるとしても、そこの人たちが避難できるとか線が切れないというようなことを考えた方が良いと思いました。

そこで、電柱が少し大きくなるというのはどうかと思いました。最近は地下に埋まっちゃう事が多い電柱。これが太くて中に空間が少しあって、倒れなくって水が入ってこなければ良いんじゃないかという話です。電柱全部がそうじゃなくても良いんです。海際5km範囲ぐらいに150m間隔ぐらいでつくれれば良いんじゃないかと。

あと、僕としては、なるべくなら生まれた場所で住める事が良いと思っているのですが、それだけにこだわりすぎるのも難しい局面を迎えるのかもしれないと思いました。お金が原因で、そこで暮らせなくなる可能性が出てくるっていうことがあり得る、と思ったのです。お金ってすごいわ、と思いました。まあ、背伸びしてるかどうかが大きく絡むんですが。

これ、今回のケースで言えば、誰かのためにリスクを背負って電気をつくることをはじめ、それが駄目になると経済的に立ち行かなくなってしまう、ことがあるということです。誰かの役に立ってる!という手応えは人生にとってとても大切だと思うのだけど、短い時間でできたものは瞬時に無くなることがある。それを思ってがんばるしかないですよね。

 

また、消波や風車は、動物たちに及ぼす影響もあるということで、難しいものだなと思いました。これは少し例え方を変えると、住宅地が欲しいから池を埋め森を削るのと同じようなことです。空や水は何となく目に見えにくいので、意外と抵抗が無いというのも危ないことですよね。都度調べて、住むのに適した場所を限定するような発想は、アリなのかな・・・。

ちなみに、大きな水の通り道をつくるために、大きく斜めに整地して、避難地区を設けるっていうのは割と良いかもとも思いました。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/345

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)