← 死ぬ気で生きる | HOME | ヘビの神さま →

日柄 / HIGARA

design_door_101122_2.jpg

生活の中で、日常的に目にすることを前提に、1つの柄を考えました。

馴染みのあるところで言うと、ドラえもんに出てくるような、フスマについたいくつかの丸、ああいうものです。ああいった柄の起源は僕にはわかりませんが、例えば部屋の中でも自然を感じられるような、そういう意図でつくられたりしてる気がしています。

僕は、普段目にするものとして、目につかず、でも飽きず、更に言えば、ふっとみたときに色んなものが見えたりする、そういうものが良いだろうと思いました。この柄は基本的には単一な図形の、重なり方が少し異なる繰り返しでできています。日常的に接する柄ということで、日柄としました。

この柄に至る過程を簡単に言いますと、柄としてはとても単純な形状の、大きな丸、また縞模様や格子模様などから考えはじめました。そこを起点に、日常に対して強さが出過ぎてしまわないよう、角を減らして目につく印象が薄くなるよう、同一に繰り返しても繰り返しのいやらしさが出ないよう、揃うことで生じる生活にそぐわない圧迫感が出ないよう、そんな風に色々と考えまわってたどり着いたのがこの柄です。

こういう柄について、答えはたぶんたくさんあります。でも、僕が好きな植物に依った、良い柄ができたように思います。

まだ写真の準備ができていないので、物の様子はまた追って。この柄は、長野県松本市にできた個人住宅の、照明のシェードやトビラをきっかけにつくらせて頂きましたが、これから他にも何かできると良いなと思っています。冨川さん、今回もありがとうございました。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/324

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)