← 平常心 | HOME | 不完全な自然 →

山の上の白 / The White in A Mountain

sample_MG_4137_2.jpg

久々に、考えてる企画を一つ。(今回は、今までの企画とはジャンルが違うものですが)

数年前、サイン計画の一環として、利用者とどこでどのようにコミュニケーションを取れるのか、ということを考えていたところ、思いつきました。かなり曖昧な想定ですが、こういう状況はあると思うし、こういう切り口で考えるという意味では、色んなところで考えられそうだなと思っています。

山の中に、真っ白い建築物ができるとします。それが何らかの機能を有する、というと固い表現ですが、まあ、何らかの場所になるわけです。その場所の持つ印象の方向性はどこで決まってくるかということを考えると、利用者がその建物をはじめて目にした、そのときなのだろうと思いました。

山の中にあるその建物を初めて目にするシチュエーションについては、場所特有の状況がその土地のそれぞれにあるのですが、山の中で、と考えてみると、山のくねくねした道を登っていって、あるカーブを曲がった瞬間、真新しく、真っ白い建物が姿を現す、というような想像をしました。

この瞬間、コミュニケーションが存在します。見たことも無い形状の建物か、姿がはっきりしない建物か、今回の話の中でそのあたりは定かではありませんが、見た人はその視界において如何ようにか認識をし、何かしらの印象を抱きます。

そこで今回考えたのは、その真新しさから始まるよそよそしい印象を抱かせない工夫というのは無いだろうか、ということです。例えば、最先端な研究施設とか、間口の広い使われ方を目指さないというような建物ならば、そんな工夫は全く必要ないのですが、便利な場所では無いけど良い場所だから是非訪れてほしいと思うなら有効であると思っています。

具体的に行うデザインはシンプルです。建物という大きなものは、山の中の風景を遮ります。そのため、真新しい、という印象がより強く表れます。なので、山際や山の端といった、いわゆる稜線がすぱっと途切れてしまわないよう、(上の写真のように)稜線の続きに沿って、外壁を塗るだけです。視界の中での真新しさが軽減し、新しいものに対する抵抗感が和らぎ、違和感が少なかったり、他の特徴がより浮き立つと考えたわけです。

「山の上の白」という名前については、真新しい真っ白な建物にとっては嫌らしすぎて似合わないと思いますが、何か馴染んでいる、馴染もうとしている建物にとっては、違和感の無い名前になると思います。(坂の上の雲という本と名前が似てますが)

これは、特別な技術や多くの費用を必要としないデザインです。精度は高い方がより良いですが、遠距離の、一瞬の印象なので、線の厳密さよりも、色の使い方が肝になると思います。あまりはっきりとした色を使うと、近づいたときにきつく嫌らしいので、多くの人が白であると認識できる程度の色で塗り分けるか、でこぼことツルツルの質感などで切り分けられると良さそうです。

sample_MG_4137_2_moto.jpg *真新しい印象は、こんな感じ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/290

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)