← お手伝いして頂ける方 | HOME | 土の器 →

抽象と具体

対象が意味付けられているかどうかで

抽象か具体かを、判断されることが多いが、

認識できているかどうか、知覚できているかどうか

で考えると、多くの抽象と具体は

逆転する。

というようなことを、本を読んで感じた。合点。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/286

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)