← 福箱の展覧会 | HOME | 古い言葉 →

何があっても、なくても。

いわゆる、新しいことにだけ気をつかってもだめ。

何があっても、なくても

変化なのだ。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/299

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)