← 水 石 | HOME | 何があっても、なくても。 →

福箱の展覧会

_MG_9150.jpg

先日お伝えした、sakumottoの福箱の展覧会、昨日はじまりました。レセプションは大盛況でした。

今回、僕が描いた箱は上の写真(開いた状態)です。送られてきた箱を見て、これはお祝いだなーって思ったら、これをすんなり描きはじめていました。描いてあるものに意味は全くありません。が、丸を一つずつ、気持ちの良い感じで、ちょこちょこ空いた時間を使って描き続けました。

意味が無い、とはいえ、誰かに観てもらうにあたって、どういう話ができるのかというのは、少し考えたりしました。そこで面白い発見もあったのですが、それはまた今度。おおざっぱに言えば、なぜ描くのか、(いわゆる能力ということではなく)描くことができるのか、といえば、花が咲くようなものなのだろうと思います。僕は人間なので、そこからまた色々あるんですが、そこらへんが面白いなーと思いました。

中身はまだ未公開です。自分ではかわいいと思っているので、しばらくはまってみようかと思っていたり。

あと、もう一つ説明を加えると、これは僕の夢の一つ、の縮小版です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/266

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)