← 記憶の仕方 / How to Memorize | HOME | シワのような →

MOTと木村伊兵衛 / MOT and Ihee Kimura

MOTではじまった「MOTアニュアル2010:装飾」のオープニングに行ってきました。

オープニングトークで、装飾という言葉の持つ意味の解釈について、装と飾という字の成り立ちに遡って、それぞれは相反する意味であり、その両者が成立する何とかがどうとかで多様ななんとかが継続可能などうとかで、というような話をされていたのだけど、そんなに大仰なものではないと思ってしまった。言葉って、そのものが大切である言葉、つまりその成り立ちがとても大切な言葉もあるけど、ふわっとできたものもあり、そういうのは意味じゃなく、みんなが受け入れたということに絡むことたちが大切なんだと思う。分解して納得する必要なんてどこにもないし、それだけでは遠いままだ。

僕も装飾ってすごいと思う。誰かが、デザインとは、機能+なんとか+どうとかであって、デコレーションやバリエーションではないということを言っていたけど、機能がない(わからない)ような装飾がデザインじゃないなんてことはない。僕は装飾って文化だと思う。(言葉の解釈については、人によって違うことが前提にあると思っているけど、だからといってその解釈は見過ごせないということがある。大きな声を出せる人は、その声の大きさに気をつけた方が良いと思う。機能+なんとか+どうとか、ってだけで良いと思った。)

あと、会場で声をかけてきた、自身もアーティストだという、派手な帽子をかぶった目上の男性が、アルスよりは良いけど新しさがないよ発言で、僕の友達といきなり口喧嘩してた(笑)

言わんとせん事はわからなくもないけど、それはあなたが求めるものが無いだけで、もう少し観てみると良いよ。というようなことを話す間も無いぐらい、二人はパンッとはじけてしまった。

僕としては、新しさを求めること、有るものじゃないものを探すこと、言ってしまえば文脈を意識しすぎることは、表層的なことな気がするかな。求めているとその部分しか感じられないと思う。

展示はみんな凄い力の入れ具合で、一部を除いてとても素敵でしたよ。ただ形状を求めるよりも、どこにそれを刻む(表す)のかというのを含めて装飾を考えると良いような気がしました。そんな説明はいらないけど。

んで次。はじめて木村伊兵衛さんの写真を見た。写真家に大切なのは、その瞬間に出会うことができるその人の個性だと思う。次に、それを実体験としてきちんと身に残し、それを紙面に表せる人だと思った。いや、紙じゃなくて、伝えられるなら例えば言葉でも良いのだけど。それ写真家じゃないじゃん!と突っ込みが入るかもだけど、そんなことは関係ない。大切なのは、そんなことではない。

ちなみに、僕が好きなのは、田植えしている女性が苗(?)を投げているやつと、めっちゃ見てる近距離の女性(ぼやっとしてない方)のやつと、馬の後ろ足と屋根付きポストのやつでした。

I had not translated it yet……sorrrrrrry .

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/235

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)