← 汲むこと / Having And Considering Everything | HOME | 漠然と政治・車 / Nebulous Politics and Car →

観光・旅行 / Tourism And Trip

_MG_6015_thum.jpg

観光や旅行について考えました。唐突に観光について考えたというよりは、前回までに書いたような地方のことを考える延長上に、随分と観光という産業(?)は大事なものとして扱われているなぁと思ったのがきっかけです。

観光と一口にいっても、色んな捉え方ができます。まず、自分視点でどういうことなのかを考えてみます。旅行ってたまに行きたくなる人が多いですね。僕はそこまで唐突に行きたい!ってならない、あまり旅行慣れしていない人です。初めての海外旅行も今年の1月でした。帰省などの移動はちょくちょくしてますけど。一般的には現実逃避的に逃げる人もいれば、似てるかもですがリフレッシュのために行く人もいます。普段触れることの無いようなものに触れたり、好奇心の向かう先に出会ったり、基本的には非日常を求めてっていう感じなんでしょうか。そういうものを体験・体感するために場所やものや出来事を求めて行ったり来たりしています。

仮に、それによってみんなの心のバランスが保たれて、社会は円滑に流動していると考えます。娯楽というか余暇というか、そういう個人にフィードバックされたものが社会へのフィードバックに繋がるような意味合いがあると言えます。

でも、僕はよく考えるんですが、地方に行って、こんなものや習慣があるんだなぁとか、当たり前じゃないことのように思うことがたくさんありますが、それを思った直後ぐらいに、それを当たり前のことに生活している人の気持ちを考えます。そこから翻って、今の生活を見たとき、結構すごいなと思うんですよね。ここからさらに突っ込みますが、それっていつも目にしているものの、その裏側にもとてもたくさんの驚きがあるということです。普通に使ったり食べたりしていますが、相当に特殊なことです。ただ、そういう逆の立場になったときの方が、その逆にあるもの(というのは自分の身の回りのもの)を見て、そこに個性があると言って良いのかはためらいますが、違うということはよりはっきり意識できます。

次にもっと漠然と考えてみました。この話を考えはじめた実感から考えてみると、お金が移動しているようなものかなと感じました。お金がたくさんあるところからあまり無いところへ移動する率が高いように思います。まあ、これは一概にはそうも言えないので、とりあえずは有る無いは関係なく移動しているわけです。その結果、どこかに溜まったり、どこかにはまったく溜まらなかったり、あるところでは消えちゃう(?)ようなところもあるんでしょうね。

この話をもう少し良く言うと、植物の種が動物の体を使って広がるように、人を使って知識とか文化とか感情とかが広がっているのだと思います。ある地域の当たり前が、色んな所からやってきたものの影響で変わったり、逆に色んな所に影響を及ぼしたりするわけです。今の社会で大切なものの一つのお金は、こういうものと一緒に動いてしまうので、結果としてお金が動いていると感じたのだと思います。

で、この二つの視点で考えた後に、観光って僕らにとってどうだろうと思ったときに、僕は少し無駄遣いしているのかもと思いました。自分視点のところで少し盛り上がりかけましたが、非日常かどうか、当たり前じゃないかどうかなんて、大体のことは日常的で当たり前なものなんだと思います。それらのある違う状況を含めた体験のために、僕らはとても大きな力を使っています。少し力が入り過ぎじゃないかと思いました。

かといって、無くして良いものでもないように思うので、何かちょっとした努力でその力加減が和らがないものかなと思いました。例えば、随分前に明治神宮の初詣に行ったとき、初詣のように無くなることがほぼないような流れの中の、こんなに多くの人の足踏みが何かに変わるのなら、それはすごいことかもしれない。その当時の僕は(今も)安直なので、みんなが踏んでいる石畳の下にめっちゃ大きな風船みたいなのがあって、上から踏むことで、その口から風がぶおーって出て、その力が電気に変わったり、動力に変わったりすると良いのになぁと思いました。

ゴミの話でも考えていましたが、無くならないものは無くならないもののために上手く使えるととても良いのにと、観光についても思ったのです。そういう影響力を持てれば、僕が感じた力加減は和らいで感じるんじゃないかなぁと思いました。

ちなみに、観光という無くならないものを、ちょっと前の山の話につなげて、山との折り合い方なんかを考えてみると良いなと思いました。効果の期待値が未知数過ぎるのであんまり現実的じゃないですが、山に入った人は少しでよいから間伐してから出て行くような決まりなんかがあると良いんじゃないかと思うんです。この話はもっと考えようがあると思うので、もう少し時間をおいたり調べたりして考えてみます。

_MG_6015_thum.jpg

I thought the tourism and trip. I felt that the tourism has been important for us too much.

The thinking of tourism has some ways. First, I thought it by the individual way. There are many people who suddenly trip to somewhere. Because I may have not been used it, I don't so. My first trip to the foreign country was in the last January. Usually they will run away the real life or have a vacation for recreation. They can touch something what they can't touch in their life because of it.

Suppose that our society is smooth by it what keep the balance of our mind. It will means that the individual nice let the society be nice.

But when I meet the something rare in the place of not-knowing well, I imagine the mind of people living in the place. As I think about the another place in my life with the mind, there are many something what I should be surprised in my life. It is same for all people.

Second, I vaguely thought the tourism. I felt the money moving here and there. This feeling seems that the seeds of plant is brought by the body of animals. So that our knowledges, cultures and vibrations will be spread. Because we feel the importance of the money, it will be moved with them.

After I thought above two points, I felt that we may waste our sources. Although the something rare by the different place is not the real rare, we have used the big power for them.

Because the tourism and trip are good for us, we should think the way to adjust our power and use our sources then enjoy the tourism. For example, if the power of our stamping foot change to the other power in some festivals, it is so nice. If there is a huge air ball under us, we will get the wind power from the mouth of ball. :D

Though I thought the similar in Worthful Dust, the energy which we use for the cannot-removal something should be what we can not remove.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/208

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)