← 第43回SDA賞 / 43rd SDA Award (Japan Sign Design Association) | HOME | 汲むこと / Having And Considering Everything →

自らに由る / I can't translate the title.

よく耳にもするし口にもする、自由という言葉について考えました。

自由でありたい。自由に生きたい。自由になりたい。自由にする。自由にさせて。自由を欲する。

少し前に調べものをしていたとき、今の自由という概念は福沢諭吉によって決められたという話を見かけました。(それ以前からも自由という言葉はあったようです。)福沢諭吉は、アメリカで大切にされていたFreedomやLibertyというものに出会い、日本人もそういうように生きた方が良いと思ったんだと思います。その言葉を自由という言葉に翻訳し、それが定着したのが現在です。

ここで、現在使われている自由という言葉の意味を、逆にFreedomやLibertyに戻せるものかな(当てはめられるかな)と思いました。アメリカが無法地帯だというなら別ですが、なんか無理な気がする・・・って思います。このずれは、今の僕らの自由という言葉が、それを訳した福沢諭吉の気持ちとは違うということを示しているように思います。

自由の国、アメリカ。という表現があります。今もアメリカではFreedomやLibertyを大切にしているのでしょう。できたばかりのアメリカで考えると、この自由というのは、好き勝手になんでもやって良いよということではなく、人の生命というものを大切にするとか、誇りを大切にするとか、そういうような意味だったんじゃないかと思います(本当に大切にされていたかどうか、いるかどうかは、不勉強&未体験の僕にはわかりませんが)。そのように感じた福沢さんは、そういうのって自ずからに由ることだなぁ、というわけで、Freedomを自由としよう!と思ったんじゃないかと思えました。でも、アメリカ的なやり方が、奔放というか横暴とも言えるようなものに見えてしまった日本人にとって、自由というものが、(極端に書くと)反省の無い自分が望む満足のために好き勝手にやって良いというようなことに繋がってしまったのではないかと思いました。

自らに由ることを真ん中に置いて生きていくのは、とても辛いことだと思います。でも、その覚悟をもって善く生きようとするのは、とても健全なことだと思います。縛られた生真面目な人生なんかではなく、ダイレクトに(この生きている)世界と繋がり、泳ぐように生きていけるなら、そんな素晴らしい人生は無いだろうと思います。僕はそう生きていきたいなぁ。って、まあ僕のことは良いのですが・・・。

少し話をずらして、アメリカ的なやり方は日本には合わないという表現もたまに聞きます。この考え方も同意できる部分もあるのですが、自由ということに関しては少し違っているようにも思えます。(完全に僕の想像ですが)アメリカにあったFreedomは、誇りのようなものを動機に、家族が生きていけることこそ最上なことであるというように、生きていく上で必要な芯として扱われたのだと思います。このFreedomを、最上とすることも含めて解釈したとすると、それは日本にフィットするはずがありません。このFreedomという言葉は、その最上とすることを、国に、というより地域や家族や個人にまで求めている言葉だと思います。そして、それが自らに由るということだと思う訳です。

ちなみに、そこまで剥き出しの、自由というものを個々が考えないでも、いわゆる今の自由であることの共感や納得ができる側面ももっとあって良いようにも思うのですが、それが国を越えるのは難しかったというのが現実な気がします。アメリカの自由が特に日本に合わなかった理由は、それぞれの国の状況が違ったということなんじゃないかと思いました。その頃のアメリカでは、未知なものに対する可能性や生存することを叶える努力などを大切にしていたと思いますし、日本では、畏怖してきた存在と積み重ねてきたことを大切にしてきたように思います。そんな両者のFreedomは違って当然です。

言葉の解釈は、できた瞬間からひとときも一定にはならないものだと思います。ただ、人間にはそれを一定にしたい気持ちも強く、大勢の人が共有しやすい意味合いで統一されていくものだと思います。その経緯で、共感がもてず使われなくなる言葉もあったり、自由のように意味が変わりながらも根付くものもあるのでしょう。自由という言葉は僕らにとって、良い意味でも悪い意味でも、とても良いものなのだと思います。ただ、自らに由ることと、好き勝手にするというようなことを同一と考えるのは、やはりちょっと問題があると思います。

で、最後にひとつ。対価があれば水やエネルギーをいくらでも使って良い仕組みになってしまっていますが、それを制限することを考えてみても良いのではないかと思いました。そういうものを自由に使える状況というのは、おかしいんじゃないかと思えました。これは、つまり「自由」がおかしいせいじゃないかと思ったのです。


今回の話はいつもにも増して難しかったです。なんというか、表現が難しいというか。自由についてはまだまだ渦巻いているものがあるんですが、今回はこんなところで。

Sorry, I had not translated it yet...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/206

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)