← 時間 / The Time | HOME | 大きな文字で「車」と書く →

食育 / The Dietary Education

最近よく、食育のことを考えています。

何年か前、国の政策として、食育基本法が公布されました。さらっと読んでみて、「食育バランスガイド」とか「健全な食生活を実践することができる人間を育てる」なんて言葉を見かけて、少しげんなりしました。ちゃんとした安全なものを、栄養価を考えてバランス良く食べる。というようなことが食育だと考えられているように感じますが、そういう考え方だけで、食べない方が良い食べ物が減ったり、食が生活の基盤という位置づけを持てるような方向に進むんでしょうか。

少し前に気がついたのですが、手間をかけて調理される料理というもののほとんどは、もともと生活の豊かな人のものだったのかもしれないと思いました。生活すること自体に懸命な人は、料理に手間をかける時間で、生活していくためのことをやっていたんじゃないかと。

そう思うと、料理研究家による、ちゃんとした食材を用いた、時間をかけてつくられる食事を常にみんなが目指すことが、最高に良いことだな、とは思えませんでした。

ここ数十年の全ての人の努力により、僕たちの生活においては、以前に比べ格段に死ぬ確率は低くなっています。でも、全体として死ぬ確率は低くなっているとしても、生活することに懸命な人もたくさんいます。

本当は、この生きやすさを上手く活かして、豊かな生活を送ることもできるんだと思います。色んな原因が考えられそうですが、現状に慣れてしまっていることが、その生きやすさを感じにくくさせているのだと思います。料理に限らず、身の回りのものともっとナチュラルに接した方が良いのかもと思いました。

で、食育のことに話を戻しますが、僕は今の食の問題とは、食べるものに対峙する時間が短いことが原因なんじゃないかと思っています。食べるものに対峙する時間を伸ばすために食材を育てる、なんてことが誰にでもできることだとは思いませんが、食材になる前の状態を知ることや、その食材がどういう変化をするものなのかを日常で感じるだけでも随分違うように思います。僕らが食に対してそういう取り組みをするだけじゃなくて、そういう生活の組み立て方をみんなでやれないとちょっと辛そうだなぁと感じているのですが、それはそれでとても難しいでしょうね。プライバシーとか、独占とか、サービスとか、色々問題のある言葉にぶつかりそうです。何がやれるのかな・・・。

一つ思うのは、大きく何かを決めるというよりは、小さい範囲でできることをやっていく方が良いように思います。例えば、周辺の人たちと一緒に食事をとれる関係をつくるとか。これは他力本願すぎるか。自分の食事を自分でつくることが第一歩なのか・・・苦笑。でも、それだけでもしょうがないのが現状のようにも思います。誰かと食をともにすることで、その関係が深められるような形が必要な気がしています。

I had not translated it yet...
sorry...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/203

コメント

まずは、自分でごはんを作ってみましょう。 そうしたらまた何か考え方が変わるかも。

バランスガイドは、誰でも簡単に、一日に何をどれだけ食べればよいかを知るためにできたもの。 そういうものがなくてもちゃんとした食事がとれれば、それに越したことはないんだけどね。 一汁三菜っていうでしょ。 和食の基本の献立だけど、それだってバランスよく食べるという点ではバランスガイドのようなものだと思うけど。

『人の体は食べたものでできている』んだよ。 時間があったら『動的平衡』(福岡伸一著)という本も読んでみて。

お姉ちゃん。コメントありがとう。 でも何となく、誤解されているような気がする。苦笑

ちゃんと食事をつくる生活は送りたいと思っています。 たった数年間だけど、料理をつくって食べてた暮らしのイメージはずっと覚えていて、僕はつくるのも食べるのも好き。

一汁三菜っていう指標の立て方は本当に素晴らしいと思う。こういう指標って誰かが考えてつくったってよりも、みんなが経験してできたものだと思うんだ。国がつくるバランスガイドって単にお料理本って感じ(レシピってよりは栄養の数値化とかだと思うけど)がするのです。本当のところ、お料理本は決して悪いものではないのだけど、国全体としては、そういうものに従ってつくれば良いんだっていう認識(この認識の出所は、食とは違うところだと思う)で読まれている結果が、今の食問題の一端に繋がっていると思えちゃうのよ。で、そういう捉えられ方をするものを食育という名前で打ち出すことに疑問がある感じかな。

人生の毎日の食事が、生まれた瞬間から全部決まってたらちょっと嫌でしょう。かといって、決まっていないことを毎日決めることも大変なんだよね。でも、大変だから何かに任せっぱなしってのに問題があるんだと思うよ。

野菜を育てることだって、肉を解体することだって、魚をとってくることだって、とても労力の必要なことだから誰かに任せているけど、任せっぱなしにしてそれが何であるかを忘れてはいけないってのは、もうみんなわかってるじゃない。こう書くと確かにわかるんだけど、実際には自分ではやれないってのもわかっている。この矛盾はある意味しょうがないかもしれない。それでも、忘れてしまって任せっぱなしになるんじゃなくて、お任せしているという気持ちでいられるような状況になっていることが大切だと思うんだ。そういう意味で料理本ってのが、つくることに関して他人に任せっぱなしになっている上に、それに関わる全てのことの邪魔になっている感じがするのよ。書いてある通りに動くことをのみ意識すると、買ってきた食材に対して色々思うこと感じることって難しいんじゃないかと思うし、その通りやったのに上手くできないとか、そういう本来意識する必要のないことまで考えちゃうしね。上手くできるのを前提に、本を読んだら駄目じゃない。それを参考にやってみるっていう気持ちが無いと。

でね、理想的な話になってくるけど、もっと、自分が何を食べたいか、からはじまる、これ作ろうっていう気持ちを大切にした方が良いと思う。これは、毎日違うものを欲するようなもんじゃなくて、手に入れた食材や、つくった料理が連なっていく流れをつくることの上に、季節のこととか、家族のこととか、地域のこととか、社会のことが絡まって、その中で自分が何をつくろうと思うのかということじゃないかな。

福岡伸一さんって、辰巳さんの本に出てきた人だよね。動的平衡って読んでないけど、今度見かけたら読んでみます。ちなみに、僕らの体が食べたものでもできていることは、全くその通りなんだろうと思っているよ。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)