こんな梅は無い / The Ume Like This Doesn't Exist

THIS ARTICLE IN ENGLISH

色々と後手後手な日々が続いています・・・。
やっと、ほんの少し息継ぎできた。早く追いつかなきゃ。
書きたいこともつくりたいものも、溜まる一方だし・・・。


この前、近所で梅を見かけた。

「ああ、寄せ植えだね」と簡単に言えないぐらいの一体感。これをみて、「なんて自由なんだ」と思う人と、「なんて不自由なんだ」と思う人がいると思った。

僕はこの状況をつくれる思考は自由なものだと思ったけど、単体でそれぞれが美しい自然な姿を持てるのに、こんな不自由さは嫌だと思う人もいるだろう。それもわかる。この答えは、そのときの自分の状況を示しているかもしれない。もし、どちらかの気持ちしか理解できないなら、その状態は危険だと思う。その突っぱねる気持ちは、争いをつくるかもしれない。


すごい急なお知らせですが、今日と明日、浅草の浅草寺雷門のすぐ近くの、産業貿易センターでイベントがあります。utteの方々のご好意により、そこでSansho for toiletsのポストカードが販売されます。(utteさんには去年、取材をして頂きました。記事はここ。

EarthGarden アースガーデン イベント企画制作 エコロジー/オーガニック

お時間ある方、近くを通る方は是非行ってみてください。
僕は行けません・・・苦笑

The Exhibition of WyzArtifact

THIS ARTICLE IN ENGLISH

昨年、WEBサイトをつくらせて頂いた、Wyzart Inc.さんが2009年2月25日に展示をやります。その告知のためのDMと封筒をつくらせて頂きました。印刷は今回も三和印刷さん。Wyzartさん、三和印刷さん、ありがとうございます。

封筒は、まずシンプルにロゴとインビテーションと解る記載を載せようと考えました。文字とロゴだけ入れてみて、ほんの少しで良いのだけど、もう少し何かあると良いなと思って考えたところ、今回の展示がWyzartさんの(対外的な)新しい活動のはじまりだと思えたので、その「立ち上がる瞬間」みたいなものを表せないかと思って、一本の線を入れました。わかりやすい立体的な表現というものではないのですが、頭の中が少し立体的に処理しはじめようとする感じを持たせられたように思います。

印刷仕様は、アラベール(オータムリーブ 130kg)に1色のオフセット、あとは透明の箔押しをしてあります。三和印刷さんのおかげで、封筒のベロの部分の角がほんの少し丸くしてあったり、折ったときに紙と紙の線が合っていたりと、細かい話ですが、色々調整できて良かったです。

DMは、展示作品の一つ、Communicastという世界唯一の金属無垢の携帯電話の写真を載せたいとの要望があったので、それを実物大で見せたいことと、手に持った状態を載せたいなと思って、デザインをしました。ヴァンヌーボV(ホワイト 160kg)に4色/1色のオフセット、写真には仕上げにニスをひいてもらいました。

この展示、その他にも3点の素敵な不思議な作品が展示されています。場所は原宿と表参道の間のあたりにある、COPON NORP。2/25、お時間ある方は是非行ってみてください。僕も観に行く予定です。展示は16:00〜17:00(プレス以外の方)で、18:30からパーティがあります。1日のみ展示なので、気になる方は是非。

100 Architects & Designers of New Generation

THIS ARTICLE IN ENGLISH

エクスナレッジが出版している、「X-knowledge HOME vol.12 | 新世代建築家・デザイナー100」という本に、ひっそりと掲載して頂きました。

「よ」なので、後ろの方です。97番。本の一番最後のインデックスで謎の大きさで載っています(笑)見かけたら見てみてください。

それと、この本の特集「図解|建築業界」ってやつが、なんというか毒々しくてハラハラします。これも是非。

あ、それともう一つ。この本の真ん中辺にお友達のJUN OSONさんがイラストを描いていました。似顔絵大集合。

合わせること

例えること

がとても好き。