カモシカでスプーンづくり / Make Spoon in Kamoshika

THIS ARTICLE IN ENGLISH

去年から縁あってとても仲良くしてもらっている人たちがいまして、カモシカという場所を営んでいるのですが、先日そこのワークショップに行って、木のスプーンをつくりました。先生は、木工作家の渡邊浩幸さん。木を削ってつくるのですが、こんな小さいのにとても大変で、でもとっても楽しかったです。まあ、先生の助力がなければかなり歪なものになっていましたが、おかげさまで、かわいいスプーンができました。スコップ型。

もともと、木彫りにはとても興味があった僕なので、これを機に色々つくれたら楽しいなぁ。まず道具買ってみようかな。渡邊さんは、千葉ニュータウンのジョイフルで教室も持っているようなので、興味のある方は是非。僕はちょっと遠いかな・・・。

つくり終わった後、工作部員として先生お手製のバッチをもらいました。

あと、最後に食べた豆のカレーもとても美味しかったです。カモシカは、行くといつも楽しい時間があって、美味しいものがあって。とても面白い場所です。いつもありがとう。

美容室 SORA の続き / Beauty Salon 'SORA'

THIS ARTICLE IN ENGLISH

先日お伝えした美容室SORAの、リーフレットができました。

僕としては初めての金の箔押しです。女性の方がカバンにすっと入れられるように、文庫本サイズより一回り小さいサイズの、二つ折りのリーフレットです。名刺と同じ紙を使ってあり、しっかりした印象に仕上げています。印刷は三和印刷さんにお願いしたのですが、今回も丁寧にやっていただけて、箔押しだとつぶれやすい、細かい部分までとても綺麗に出ています。忙しい年末でのお願いだったにも関わらず、スムーズに進行していただけて感謝です。いつも、ありがとうございます。

SORAの学芸大学店は、1/28にオープンします。お近くの方は是非行ってみてください。

2009

THIS ARTICLE IN ENGLISH

新年、あけまして、おめでとうございます。

僕の知り合いの方々には、年賀状が届いていることと思います。ちょっと怖い感じの年賀状が。この年賀状に関して少し書いてみようと思います。


(本当はいつものこういうのを描いていたんですが、間に合わず方向転換。)

2008年のはじめごろ、僕が描いている植物みたいな絵について描きながら考えていた時期がありました。色々と考えているうちに、線を引いているときの、この感覚って何なのだろう。これを手放すと描けなくなるのかな。と思って、試しに手放して描いてみたところ、描けたものが今回の年賀状です。

手放したものが何かというと、僕はそれが価値観なのかなと感じました。いつも描いている植物みたいなやつも色々な価値観を手放して描いているんですが、一つだけ持って描いている自覚はある(きっと気付いていないものもあるんでしょうね)のです。

というわけで、No Valueというタイトルです。で、ちょっと考えてると、Without Valueなんじゃないかと思ったりもしましたが、まあ、そんなことはどうでも良いですね。ちなみにもう少し考えていたこととしては、絵というものは何かを示すために、ある価値観に従って描かれることが普通で、価値観を持たないで描いた絵というのは、何も示していないものなんじゃないかと思いました。

そんな感じで、暗いような、そうでもないような話題から今年ははじめてみました。みなさま、今年もよろしくお願い致します。

*年賀状が届いていない方、欲しい方はinfo[at]morld.jpまでご連絡ください。