← 美容室 SORA / Beauty Salon 'SORA' | HOME | 2009 →

甘えてはいけない、のか / Don't Rely...?

甘えてはいけない。

本当に?

最近、このことについてずっと考えていました。これの返事が少しでもできるようになると、色んな辛い出来事が回避できそうな気がしました。

誰かに対して、「甘えてはいけないよ」と言いたくなるとき、言葉を止めることがよくある。なんで?と聞かれたときにどう答えて良いかはっきりとはわからない、ということもあるのだけど、それ以上に、「甘えてはいけないと言うこと」に対して、僕が甘えているように思えて言葉が出てこない。ただ、稀にうわっと出るときがある。それは肉親だったり、親友だったり、いわゆる僕が甘えてしまう人たち。それ以外にも、甘えてしまった人もいる。もうこの人とはあわないんじゃないかと思えるような人も、不意に甘えてしまう対象になっているように思う。

昔から、例えば殺人事件なんかの、加害者の気持ちが何となくわかる(あくまで、何となくです。実際はわからん。)ような気がしていた僕は、この感情の起伏(?)みたいなのを考えていて、そういうことなんだと思った。やっぱり、そういう人たちは、何かに甘えている。

で、ここではじめの話に戻すと、僕の考えたように何かに甘えているとしても、甘えてはいけないというものでもない。「どうだっていいんだよ」と言われればそれまで。そんなことを言う人には、やっぱり甘えるなと言いたくなる。ここから先は、ずっと平行線の話が続く想像ができる。

ちなみに、同じようなことで、「裏切られた」と言っている人にも、甘えるなと言いたくなる時がある。例え、どんなバックグラウンドがあろうとも、裏切られることなんて無いと、僕は思う。自分が何かの形で被害を受けたって、その次にどうするかの方が大切だと思うんですよ。って、話が逸れました(苦笑)

今の僕は、自分が生きていることに意味を求めてはいない。いや、自分がじゃない。人が、かな。何で生きてるの?って、生きてるから。生きている自分や他、全ての世界に対して、僕は絶大な興味を抱いている。

そんな僕が大切にしていることの一つは、僕が見たくないものを見ないこと。そのためには、色んなものを投げ打っても、それを回避できるよう努力をする。

「意味が無いと生きていられない」と「甘えてはいけない」は似ているような気がする。とすると、生きていることに意味を求めない僕は、甘えてはいけないと思っていないのか?でも実際は、誰かに対して甘えてはいけないと思うときがある。じゃあ、逆に生きることにはやっぱり意味があるのか?いや、無いと思うんだよなぁ。うーん。これ、難しい。

ちょっと話を変えてみる。

甘えている状態ってどんなだろうと考えてみる。犬がしっぽをふるときに感じる気持ちに似たものが感じられる状況で、その状況に身を任せることが甘えていると言えると思う。本当は特に悪いことではないのだけど、過剰な甘えは本当に良くないと思う。自分にとってもそうだけど、僕は甘える相手に対しての影響が一番気になる。与り知らないものに対して甘えることは、それを与り知っている人の努力なんかは考えない。与り知っていると思っている存在に対しても、例えば自分のこどもに対して甘えることは、人生とはそういうものかもしれないと、こどもに思わせてしまうかもしれない。こういうことをいつも気にして、一切しないことが良いとはもちろん全く思わなし、僕もすると思うが、過剰になると甘えるなと言いたくなる。甘えることは、依存しているとも言える。こどもに対して依存している親はたくさんいると思うし、僕ももしかするとそうなるかもしれないけど、ある線を越えてまで甘えてはいけないなと思えるようにはなりたいかも。

甘えているかどうかの線引きは、倫理観というか個々の価値観にあるんだろう。とすると、やっぱり甘えてはいけないと、他人に言うことは甘えていることなんだろうな。

では、なぜ僕が甘えてはいけないと思ってしまっているんだろうか。過剰に甘えることで、何かをごまかそうとしているのが嫌なのかもしれない。転嫁しているのを感じて、逃げているように思うのかもしれない。そうはいっても、逃げたって良いじゃないか。

あ、逃げ道はいくらでもあるってことかも。もっとやれるじゃんと思うのか。どうやら、そういうことのようです。つまり、僕が甘えるなと言いたくなるとき、もっとやれることがぼんやーりとあるかもと感じているってことのようです。

というわけで、甘えてはいけないってことはないけど、甘える前にやれることをやろうってことみたい。なんだ、シンプルだな。

I had not translated it yet...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/185

コメント

私の子供の頃、テレビのコマーシャルで『自分のことは自分でしよう♪』なんてのがあったせいか、「私は自分のことは自分でするから、あんたも自分のことは自分でせられぇよ。(岡山弁)」という感じで生きてきました。 でも、限界というものもあってふと人に頼った時、すごく気持ちが楽になったことを思い出しました。 周りの人から「頼ってよ~。」とか「ひとりで背負い込まないで。」とか言われることもあったけど、最近は人に甘えることも人付き合いには必要なことなんだと思ってます。 でも、それとこれとは話しが少し違うこともわかってるってば!(笑←笑い事じゃない!)

そうね。ちょっと違うかなぁ。 助けたり助けられたりするのと、甘えているかどうかは 似ているようで、ちょっと違うというか。 甘えていると思うときは、心が折れているのを感じるんだよねぇ。 そのときに八方塞がりでも、痛みを持ったまま、 乗り越えれば良いと僕は思うかな。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)