← メールとの距離感 / The Distance Between Us And Email | HOME | 耳を知る →

Wyzart inc.

株式会社WyzartさんのWEBサイトをつくらせて頂きました。WyzartさんはREALFLEETにいた桂さんと、intentionalliesにいた中村さんでやっている、主にはプロダクトをつくっている会社です。東京がヘッドオフィスで、スウェーデンにサテライトオフィスがあります。
どういう会社かといいますと、彼らの言葉を少し借りて僕なりに説明すると、例えば、ダ・ヴィンチのスケッチってあるじゃないですか。あの頃って、テクノロジーもデザインもアートも同列に扱われていた時代で、そのスケッチなんかは見ていて濃いなぁと感じますよね。夢のような、空を飛ぶ装置とか。そういう濃いものが、新たなものというか、新しい世界を生み出すというのをメンバーの共通認識として持っている会社です。彼らは日本人なのですが、世界に対して活動をしているので、今回のサイト内の情報は英語をメインにしています(日本語は小さめに併記しています)。
 
Wyzart inc.
 

今回も、μ1050SWと同様に丁寧につくりました。どの辺りが一番がんばっているポイントかというと、文字です。当たり前な話なのですが、WEBはパソコンの中にあります。僕らはパソコンを使っているので、フォントというものがとても簡単に選べ、文字という情報として気軽に配置する事ができます。メールにしたって、手書きで手紙を書く事に比べると、随分と手放しで相手に手紙的なものを送る事ができます。でも、この「手放しで」というのがずっと僕の意識の中にはあって、今回はWEBの中で、いつもよりもう一歩踏み込んで、誰かに何かを伝えるのにがんばれるだけ丁寧にやりました。誰かに何かを伝えたいとき、丁寧に手紙を書くのと同じような感覚です。

今回、より意識して対峙したのは、「この、フォントを選んで文字を入力するときの、文字と文字の間隔は果たしてこれで良いのだろうか」という疑問です。確かに希望する種類、大きさ、色、行間、文字間をパソコンは再現してくれているのだけど、細かい部分まで見たとき、例えば「とても簡単プリント」という文字列のそれぞれの文字と文字の間隔を決めているのはパソコン、というかフォントをつくった人なのであって、そこに言及しないでいるのは腑に落ちないところがあるのです。フォントをつくった人は、僕が今つくっている、このデザインについて何も知らないわけですから。フォントの持つ雰囲気を気に入って使っている僕がいて、色んな想定をしてフォントをつくった人がいて、でも、この二つがあわさっただけでは、今このデザインには届かないわけです。届かせる努力は僕がするしかないと思いました。

今までも、カーニング(文字詰め)情報というのは、ある範囲の想定しかできていないので万能ではないと思っていて、特に気になるところは調整をしていました(まあ、どのぐらい細部まで見れるかどうかは、プロジェクトにおいての必須な効率によっちゃうんですよねぇ)。それ以上に、僕にとっての文字を使ったデザインというのは、フォントの種類や大きさ、行間や文字間などよりも、文字が並んだときの微妙な位置関係にこそ、その妙があるように思います(それぞれも、もちろん大切ですけどね)。

一般的なグラフィックデザインの、一部の領域では、こういう部分は当たり前に突き詰められているのですが、それは、そもそもが絵を描く事の延長上にあったからだと思います。一部では軽んじられていますが、絵を描くという事はすごい事です。自分、もしくは誰かが描かない限りは何も存在しないものだからです。とはいえ、効率化の流れかパソコンの普及の影響か、グラフィックデザインの中でも、考慮されなくなり始めているように感じます(まあ同じツール(パソコン)を使ってますし、やっている人の移り変わりなんでしょうね。)。

で、似た要素を持つ、新しい領域であるWEBの世界では、デザインという中で当たり前であった事が当たり前に無いという状況があります。でも、その当たり前が無いのが当たり前になってしまったのは、恐らくそもそもが、みんなパソコンを使い始めたばかりで、やれることや再現できる事のレベルが格段に低かったからです。今はもうそういう段階ではないし、これからどんどんそんなわけはなくなっていくと僕は考えています。

でも、一方で今まで人間が感じてやってきたことをパソコンにやってもらうという考えも、きっとあるんだと思いますが、それはそれでパソコンがやれればすごい事だと思います。でも、僕は自分でやった方が面白くて好きなので、僕自身はそういう方向には行く予定は無いです。知らず知らずに流れていたということはあり得ます(苦笑)。

(まだ、作品の写真なんかが入ってないですが、近々入る予定です。不思議な素敵な作品たちです。)
 
まだ、調整の余地もあるのかなと思っているところもありますし、デザイン業の経験値がまだまだな僕がやっていることなので、同様の視点で見ている方から見て良い悪いはわかりません(もちろん僕的には綺麗につくりました)。ですが、そんな疑問を抱えていた僕がこのタイミングで、(μ1050SWも含め)こういうお仕事をWEBでさせていただけたのは、本当に感謝です。桂さん、中村さん、ありがとうございました。やっぱりというか今回も、細部にも神は宿ると、実感できました。

これよりもう一歩踏み込むと、文字の形の話ってのも気になりますね。そういうのもやりたいなぁと思いながらも、世の中のフォントは素敵なのが多いので、あらゆるものをって話になったとき、僕ごときがどうこうできるのかは・・・まあやってみないとわかりませんね(笑)。やりたいことではありますが。

あと、そろそろAS3.0をちょっとでも(できればきちんと)やっておきたいなと思っていたりします。でも、難しそう・・・。Javaに似てる感じだけど、勉強したはの随分昔でしかも基本のみ・・・苦笑。他にもやりたいことあるしな・・・。いや、やらなきゃ駄目じゃないか・・・。うーん。日々苦悩です。

あとあと、今回のBGMも前回同様、高永さんです。素敵な曲に感謝!


- CREDIT

client: Wyzart inc.
direction / design / animation / flash: Hiroaki Yokoyama
sound / tkng(Toshiyuki Takanaga)


-BGMの曲名「rocking chair」

wyzartの先進的なコンセプトに合致するようなサウンドを
漠然と思い浮かべながら、それにフィットするコードを探し、
それらを感覚的に編集しながら、最終的にはサイトのプロトタイプや
デザイン原案にあるようなダ・ヴィンチ的イメージに仕上げました。

どんなにinnovativeなアイデアも、人間の想像力の産物であり、
テクノロジーの進歩とともにそのプロセスは変化し続けても、
その根本にある「思索に耽る」感じを象徴的に表すものとして、
「揺り椅子」の音を最後に足しました。

よって、タイトルも「rocking chair」としました。

高永俊幸

I created the website of Wyzart inc.. Wyzart is the corporation what has create products and was established by Mr.Katsura(ex-REALFLEET) and Mr.Nakamura(ex-intentionallies). The head office is in Tokyo, Japan and the satellite office is in Sweden.
The Wyzart has the philosophy which the members have shared. For example, the sketch drawn by Leonardo da Vinci is very amazing. In the age the technology, art and design are equal rank. They think that the things which will be created in such as the background lead new age.
 
Wyzart inc.
 

In this case I politely created the website such a μ1050SW. The point is typography. Web exists in PC. We can choice the font and easily put the string because we use the PC. We have sent even the mail without considering the typography although we pother our typography by our hands. I feel the different about this thing. So I created it more careful than till now.

I had the problem "Is the typography which now I only input good?" Exactly, PC appeared the kind, scale, color, line-height what I wanted. But when I saw the details, the character separation depended on PC and the font-designer who created the font. The font-designer didn't know my design. My choice of the font and the intention of the font-designer are not enough. Just I should try to consider the details.

Until now I had adjusted the details which I especially felt bad. Of course, a project didn't allow the time of the adjustment. But the details of the typography is very important for me.

Usually it is important for the famous graphic design because the graphic design is on the load of the drawing and painting. The drawing and painting is amazing though a part of people are making light of it. But due to the rationalization or PC a part of the graphic design begin to make light of the typography, too.

The new WEB world does not have the nature of the design. This problem comes from the plainness what we could do in the WEB. But now are we so? I think that the change is rapidly coming.

On the other hand, PC(maybe called A.I.) may substitute the doing of human for human. But I like the doing of human better than the doing of PC.

I'm very glad to create this website in thinking above. Thanks to Mr. Katsura and Mr. Nakamura. I felt after all that the GOD exists in the details, too.

Last point. This BGM was created by Mr. Takanaga, too. Thank you!


- CREDIT

client: Wyzart inc.
direction / design / animation / flash: Hiroaki Yokoyama
sound / tkng(Toshiyuki Takanaga)


- The Title of BGM "rocking chair"

I imagined the sound which fit the philosophy of Wyzart.
And I found the well-becoming sound and edited it.
I had finished with it, calling to mind the image of da Vinci such the design and prototype of this website.

All ideas are created by the imagination of human, the idea even is innovative.
Even if the process will change because of the changing of the technology,
they are based on the dreaming away.
"rocking chair" is the symbol of our dreaming away.

Toshiyuki Takanaga

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/182

コメント

Good job’

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)