← エコロジーとものをつくること / Ecology and Designing | HOME | アルミゲートハウス / Aluminum Gate House →

SANSHO for toilets

夏真っ盛りですね。今年は暑中お見舞いをつくりました。(時期的に正確に言うと、残暑お見舞いなんですけどね)

以前、柳橋日和のトイレにつくった、トイレのための作品「SANSHO for toilets」を、今回はポストカードにしました。今年の年賀状でも使ったのですが、本当はあれの裏側できちんとした印刷をしてポスターとポストカードにしようと思っていたのです。しかし僕のお財布事情により(苦笑)、印刷してみた的な年賀状しかつくれず、機会を伺っていました。

そこに日頃、印刷のお仕事で色々とお世話になっている三和印刷さんから、暑中お見舞いをつくりたいから一緒にやりませんか?という、とても有難いお話をいただいて、今回のポストカードが実現したわけです。(Kさん、Nさん、本当にありがとうございます!)

三和印刷さんは、印刷の事にとても造詣が深く、職人さんとのネットワークも広いですし、好奇心からくるチャレンジ精神も旺盛で、僕としてはそんな三和印刷さんと色々とやらせていただいているだけでも、とても有難いお話なのですが、今回はそんな三和印刷さんから「もっと色々チャレンジしましょう!」というようなお話で、僕としてもとても楽しんでつくることができました。

SANSHO for toiletsは少しの立体感と蓄光の色(本当は光らなくても良いんですけどね)がないと、きちんと成立しない作品です(そして可能ならトイレの中にあってほしい)。今回の印刷の肝は、蓄光と厚盛です。蓄光と厚盛というと、普通は蓄光印刷をした上に透明のインキで厚盛印刷をするというのが一般的な手法だそうなのですが、今回は透明インキが蓄光するように工夫をしていただきました。それと、僕は厚盛による立体感をもっとうまく使えないかなと考えていて、今回は植物が葉と茎からできている感じをきちんと再現してみたくなり、茎を厚盛印刷した上から、葉を厚盛印刷できませんか?と相談させてもらったところ、やったことないけどやってみましょう!と言ってくださって、やってみたらとても素敵な仕上がりが実現できました。

■印刷仕様
・UVシルク厚盛印刷 重ね2度刷り
・UVに蓄光パウダーを混合
・紙:ミルトGA 180kg
・印刷:三和印刷株式会社

やってみて思ったのですが、この手法で、ビルと窓とか、葉と葉脈とか、そういうものをとても素敵な感じでつくれそうだと感じました。そのうち機会があったらやってみようと思います。(あと、これに似た手法で練っているデザインがあるんですが、それはまた実現したらお知らせします。)

順次発送していきますので、今しばらく到着をお待ちください。で、届いた方は、できれば自宅とか事務所のトイレに貼ってもらえるととても嬉しいです。(いや、トイレじゃなくても良いのですけどね・・・)

もし欲しいという方がいらっしゃったら、info[at]morld.jpにメールをいただければ、お送りします。

また、ちょっとしたプレゼントなどにも使っていただけるよう、5枚セットでお譲りします。価格は1セット¥1,000(税込み・送料別)です。ご希望の方はメールにて購入希望の旨をお知らせください。住所・氏名を忘れずにお願いします。

Sorry...
I have not translated this article yet...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/175

コメント

この度は、素敵なデザイン本当に有難うございました。 蓄光の印刷とあいまって、すごく私もお気に入りです。

今回本当に感じたのは、どんなに高度な技術・印刷方法があっても、それを生かすデザインがなけばいけない。 更にいうなら、マッチングしたときはこれほど良いものができるのだと感じました。

また、私たちではどうしても印刷会社としての常識が先行してしまい、なかなか思いつかないことが多く(今回は、厚盛印刷の2度刷り)、今回私もとても勉強になりました。

本当に有難うございました。

>中村さん 丁寧なコメント、ありがとうございます。

また、違う機会でも面白いものができるようにがんばりますので、 よろしくお願いします!

こんにちは HPを教えていただき、どうもありがとうございます LINKさせていただけませんでしょうか どうぞよろしくお願いいたします

>Juriさん コメントありがとうございます! さっそく、リンクさせていただきました。

Juriさんの写真、ほわっとしてて好きなのと、 撮る人の表情(顔以外も含む)がとても素敵で好きです。 あの表情を撮れるっていうのは、すごいことです。 撮られている人に、撮られているという意識はないんだろうなって 思います。

fotologueもこっちも、ちょこちょこと更新してますので、 また見てやってください!

届いたー。ありがとうー。

連絡遅れてごめんね。

>サンドーさん いやいや。だいじょぶよ。 また週末にー。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)