決めること。まもること。

THIS ARTICLE IN ENGLISH

色んな決め事があります。人を殺してはいけないとか、盗んではいけないとか、そういう倫理観のど真ん中の揺れることもあるけど何となく守ってるような決まり事や、靴下は白でワンポイントまでOKとか、茶髪だめとか、そういうはっきりしてることのように思えるけど実はごく一部の価値観(例えば先生の。機嫌で変わるもの。)で決められてしまっているような決まり事なんかがあります。

ここ最近、色んな法律が変わったり、新しいルールができたり、今までに誰も口に出さなかったことがどんどん明言されていて、生きている社会の分野によって個人差はあるけど、まもらないといけないことがみんな増えたんじゃないかなって思います。

最近気になったのは、携帯電話とタバコについて。携帯電話については、小学生中学生は携帯電話持っちゃ駄目って、それをストレートに抑制して、どうなることを期待しているんだろうって思いました。タバコについては、タスポで買いましょうと言いつつ、深夜販売を再開させて、夜中に親のカードで買えばいいじゃんって思われるのは平気なんだろうかとか、携帯電話認証で割り切っちゃった方がまだ効果ありそうじゃないかとかって思いました。。まあ、決めたときの気持ちがよくわからんって感じです。

最近は、ルールのつくり方が良くないんじゃないかと思いました。何か、おかしな決まりだなぁと思う機会が多い気がします。まあ、そのぐらい複雑になっている社会があるってことなんだと思いますが、そうはいっても皆のことだから慎重にやるしかないと思うんですよね。恐らく、ポイントとしてはもう少し焦らずゆっくり考えて決めることなんじゃないかと思ったりしています。それが正しい(語弊あるかも)ことなのかどうか、少しでも考えてみる時間ができると良いんじゃないかなぁと思います。

少し話が戻ってずれますが、携帯電話について。随分前に僕もあーだこーだ考えてみましたが、最近話題のフィルタリングってやつです。どーも、納得いかないんですよね。危ないから守らないと!って言って色々考えるのはわかるんですが、何かやり方が違う気がして。ちょっと話題の「日本のインターネットが終了する日」でも触れられていますが、各端末のIDを無差別に送信するなんて、デメリットしか無いんじゃないの?どうしても突き止めたい時は、もう突き止められる仕組みはあるんじゃないの?って思いますし。

さらにちょっと話をずらして、例えば、海辺に住む人たちは、荒れた夜の海には近づかないじゃないですか。危ないからって、海を埋めたりしないですよね。同じようにはできないんですかねぇ。例えが自然だと大きすぎるかな。ああ、道路でも良いかも。自動車危ないから道路を無くそう!とはならないわけで。これも極端かな。うーん。良い例えが無いですが、とにかく危ないものに対して、危ないからという理由で、無くしたり覆ったりしないでも今までやってこれたのは、明示的にルールをつくったからじゃなくて、黙示的につくり上げたり、ときには感情的にそれを諭すというやり方でやってきたんじゃないかと思うのです。もちろん、死にたくはないので、できることは何でもやろうって気持ちも大きいですが、何でもやろうって気持ちだと逆行しているような気がするんですよね。5年スパンぐらいで考えると、良くなるのかもしれませんが、もっと長い目で見たときに、対峙した問題が痛くても、問題のまま抱えておく期間がなるべく長い方が、より長くより良くなるように思うんです。全体として、ちょっと痛がり過ぎなのかもしれません。情報が早くなった分、ちょっとでも痛いことに対して敏感になり過ぎているのかもしれません。まもり方(というか、まもる側かな)にも問題あるのかもですね。絡み合ってるなぁ。

最後。本当はきちんと記事にしようと思っていましたが、さらりと書いてみます。
最近、個人情報が痛みの中心にあることが多いですが、個人情報ってそんなに痛いことでしょうか?この世界で仕事をしているというのも大きいですが、僕なんて、公開しまくってる気がしますよ。スパムメールは嫌なのでちょっとした対策ぐらいはやっていますけどね。膨大な量になりそうですが、何が知られたらどう困るのかをちょっとまとめてみると良いかもしれませんね。そういうのって、誰か見てるのかな。

あと、なかなか文章にならず、僕の中で渦巻いていますが、身分証明ならぬ自分証明がきちんとできるようになると、かなり色んなことが解決できる予感があります。まだ、文章にならないんですけど・・・。

あとあと、いっせーのせで皆が手放すっていうことをもう少し考えてみた方が良いのかも。何かで一度でもできると、変わることがあるんじゃないかなぁ。やり方とやる対象がかなり難しいそうですけどね。

相変わらず、ぐだぐだな終わり方ですが、この辺で。

SUSUCRE シュシュクル

THIS ARTICLE IN ENGLISH


 
世田谷区下馬二丁目。桜並木のすぐ横で、SUSUCRE(シュシュクル)というお菓子屋さんを知人がはじめました。

扱っているお菓子は焼き菓子がほとんどで、クッキーやらフィナンシェやらシュークリームやらタルトやら、他にも僕は知らないような珍しい(と思う)お菓子もつくっています。保存料は使っていませし、中には卵不使用っていうのも作っていて、甘くて優しいお菓子たちを50種類ぐらい用意しているお店です。 少し先の話ですが、春にはきっと、桜が満開ですごくいいんだろうなと思いました。

んでですね。このお店のテーマにしているイラストは、絵本「ぐりとぐら」の絵を描いていらっしゃる山脇百合子さんに、「いつも 一緒」というテーマで描いてもらっています。今回僕は、外部の行灯看板のデザインと、そのイラストをつかった、銅板いぶし仕上げのエッチングをつくりました。エッチングってはじめてでしたが楽しかったです。塩化第二鉄とかの薬剤を使うのでちょっと怖いし、失敗して手が少し荒れたりもしますが、何かでまたやりたいなと思いました。
 

 
三軒茶屋、祐天寺、学芸大学の近くに住んでいる方はお散歩ついでに是非。世田谷観音とか、駒繋神社なんかが近くに有ります。あと、トコロカフェという素敵なカフェも近くにあります。

SUSUCREのWEBサイトはこちら

ついでに、トコロカフェ

オステリア わび助 / OSTERIA Wabisuke

THIS ARTICLE IN ENGLISH


 
僕の事務所の近く、浅草橋の駅の近くに、わび助というイタリア料理屋さんができたのですが、そこのロゴ・名刺・ショップカードをつくらせて頂きました。

わび助というのは椿の種類の名前です。ロゴは椿をモチーフに、オステリアだけど日本的なものをということでつくりました。個人的には、手ぬぐいとかあると良いなって思います。
 

お近くをお通りの際は、是非お店に行ってみてください。
 
OSTERIA わび助 (地図はここ
〒111-0052 東京都台東区柳橋 1-12-5 1F
tel/fax 03-3851-0149

昼 11:30〜14:00 LO
夜 17:00〜22:00 LO
土 17:00〜22:00
日曜・祝祭 休み