← NAKAE ARCHITECTS INC. | HOME | TDC DAY 2008 →

宮島達男 / Tatsuo Miyajima

水戸芸術館に宮島達男さんのArt in Youという展示を観に行ってきました。ついでに宮島さんのトークも聞いてきました。

展示を観に行く前、宮島さんについて僕が知っていたのは、この三つ。
・デジタルな数字を使った作品をつくっていること
・原美術館にある常設の作品を見たのを覚えていたこと
・ヒロシマと死に関する作品があったのを覚えていたこと

行く前に、数字をずっと使っている人だから、数字に関してお話ししてみたいなぁと思っていました。僕にとって数字というものは、量もしくはIDのような記号の二つの面を持つ言語であるという感じです。また、大体において僕らの生活はこの数字に依っているとも思っています。そして、昔から数学が好きです。でも、好きな分、腑に落ちないところもあったり。ゼロってずるいなぁとか、1+1=2ってなんだ?ほんとか?とか。ゼロのずるさは、色々あるのですが、一番ずるいと思うのは、ゼロなのに有るっていうこと。無というものは、僕らそれぞれの心の中には(語弊を恐れずに言うと)割とはっきりと存在していて、こういう風に言語で表現した時点で無ではなくなるものだと思います。が、普段の生活の中で、ゼロと無はほぼ同じように扱われ、まるで無であるかのように振る舞っています。もちろん、それで成り立っているわけですが。でも、僕の中では腑に落ちないのです。あるじゃんと思うのです。ゼロの存在が無というものを無くしているような気がするのです。って、何だこの文章(苦笑)。まあ、いいや。

で、今回の展示に行ってから知ったのですが、宮島さんが作品の中で数字を使う時、ゼロを使いません。例えばガジェットという1・2・3・・・とカウントしているLEDのカウンターがあるのですが、ゼロは表示しないのです。なるほどなぁと思いました。
まあ、前置きはこのぐらいで。以下、見たものです。

・HOTO
宮島さんの新作です。仏教の経典かなにかにでてくる物語の中にある、地球の半分の大きさの塔をイメージしてつくったとのこと。色んな向きの、色んな大きさのたくさんのガジェットが、鏡面でできた多角形の積み重ねの表面に配置され、それぞれがカウントを刻んでいます。
これをしばらくじーっと見ていると、穴が空いて、それがじんわり動いてみえて、不思議でした。僕はこれ好きでした。

・Time of death
これは宮島さんのとても有名な作品で、原爆を意識してつくったもののようです。
この作品の空間の真ん中あたりに立って、じーっと見ていると、まずはじめ、大きな湾の入り江に立っているような感覚になりました。何も無い暗闇の向こうが、入り江の外で、ずーっと続いているような感じです。で、そのまま立っていると、他の観覧者が入ってきて、僕の目の前で歩いたり止まったりするのですが、そうすると、人とLEDの重なった部分が青白く光ってきました。これまた不思議な感じでした。綺麗な光が意志を持って動いているように見えました。

・宮島さんと水戸芸術館の学芸員(?)の森さんとのトーク
宮島さんの今までの活動を振り返りながら、どこに向かっているかみたいな話でした。僕は一番前でじーっと聞いていました。もちろん宮島さんは初めてみたわけですが、優しそうな人でした。話を聞いていても、とても良い人だなぁと思いました。作品も好きでしたし、全体的にこの日はとても良かったのですが、ちょっと引っかかる部分が。
前置きにちょっと考えていたことを書きましたが、本当は数字をどう捉えているのかとか、そういう質問をしてみようと思っていたのです。でも、話を聞いているうちに、頭の中がこんがらがってきちゃって、結局何も聞かずに帰りました。一言で言えば、わからないのです。何がわからないかをきちんと書けるほどに、今回考えたことを咀嚼し切れていないのですが、断片的に考えていたことを書いてみます。「?」がついて、疑問口調ですが、その疑問を聞きたいのではないのです。本当に聞きたいことは、こういうのがまとまったときにはっきりするものだと思うので。じゃあ、書くなよって感じですが、まあまあ。良いじゃないですか。

・「ガジェットは生命を表しているが、それは世界には伝わっていなかったように思う」的なことを言っていたが、そう実感したのにガジェットを使い続けるの?
・柿の木プロジェクトをやってみて、アートワールドから抜け出したくなっているのに、何故美術館でアートイベントをやるの?
・アートワールドだけではやれないと思い、平和をつくりたくて、何故Art in Youなのか。Live in Youの方が伝わることがある気がする。
・ガジェットが0(ゼロ)を表示しないとしても、僕らは0(ゼロ)を知っているのだから、そこを覆さないと駄目じゃない?
・アートワールドに自分のやりたいことが無いと思ったのに、でもアートワールドで活動しているように思う。二面性を持っている?自分の過去や今を否定しているように感じる。

これは宮島さんとお話ししてみたいこと。
・数字について
・0(ゼロ)について
・無について

終わりがグダグダですいません(苦笑)。誤解の無いように書いておくと、僕は宮島さんも宮島さんの作品も好きです。

I went to Contemporary Art Center/Gallery, ART TOWER MITO to see the exihibition "Art in You" of Tatsuo Miyajima. And I heard him in their event.

I knew below before I went there.
- His works were created from the digital number called the gadget.
- I remember that I saw his work in the Hara Museum.
- His works of one was releted to Hiroshima and the death.

I think that the number is a language what appears a quantity or an identity. Our lifes depend on the numbers. And I had loved Math. But due to love be not quite clear to Math. Especially I feel that there is the zero what can not exisit.

Mr.Miyajima doesn't use the zero in his works. I was impressed in a strange way.
Well, so much for preliminaries. I saw his works below.

- HOTO
Mr.Miyajima created a new work. When I saw for a long while, I sensed the holes. I wondered that the holes were moving.

- Time of death
The work is related to atomic-bomb. I sensed the wonders in this work. I saw some blue lights.

- The talk of Mr.Miyajima and Mr.Mori
I felt many things. I am difficult to reach agreement. My thinkings are below.

- Why he use the gadget in his works
- Why he hold an event in the museum
- Why he say Art in You
- The gadget doesn't have the zero what I had known.

And the three are what I want to discuss.
- About the numbers
- About the zero
- About the nothing

For your information I like the works of Mr.Miyajima and himself.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/158

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)