← http://pause.morld.jp/ | HOME | Webby Award →

車の問題 / The Problem of Car

image

僕は車を運転できません。あと、車にひかれたことがあります。だからというわけでもなく、昔から興味があんまりありません。単なる移動手段の域を出ないのです。だから、車の本当に良い所は見えていないかもしれませんが、逆に、本当に良い所を実感している人の見えない(見ようとしない)部分を見ているように思います。

ここしばらく車について考えていました。流線型自体は美しいと思うのですが、車という形になると結構げんなりします(完全に好みですが、かわいい車は好きです。乗りたい!とは別に思いませんけど。)。また、最近では昔ほど、ステータスとしての車って口にされなくなっていますが、意識としてはまだまだ強く残っているように感じます。車は容姿以外にもいろいろと憧れる対象を持っているわけです。その結果、これだけ大きな産業に発展しています。だから、どれだけ交通事故があろうとも、どれだけ石油を使おうとも、どれだけ工場が空気を汚そうとも、産業自体がそれほど大きく世間から叩かれることはないのでしょう。もちろん環境問題については、工場側はたゆまぬ努力を続けていると思います。CO2の排出量が増えていないという報告をどこかで目にしました(とはいえ、減ってないのは問題だと思いますけど)。まあ、何にしてもここまで生活に食い込んでいる車を無くすことは難しいのをひしひしと感じます。僕もバスとかタクシーとかは当たり前のように使ってますし。

今さら言うまでもない話ですが、車もガソリンから電気の時代に変わってきています。その影響で、音が出ない車(いわゆるエコカーってやつ)は歩行者には危ないんじゃないかという問題が浮上しているようです。この問題は今後もっと強く意識されていきそうです。そして環境に対する人類の意識から考えると、ガソリンで走る車はどんどん減っていくでしょう。

そこで思い付きました。この企画は、この問題を解決しつつ、とても憧れられないような要素を自動車に与えることで、自動車の意義をもう一度考え直すきっかけになります。

電気自動車のタイヤのホイールに、オルゴールみたいな曲が流れる仕組みをしこみます。低速だと低音・スローテンポ、高速だと高音・ハイテンポです。曲目は自分では選べません。とおりゃんせとか、おお牧場は緑とか。あ、滝廉太郎が良いとかは選べると良いですね。Jポップとかヒップホップとかはありません。クラシックはOKです。ちなみに、ステレオです。高級なサラウンドタイプもご用意。夜は音量が下がらずに上がります。深夜は少し下げても良いです。とにかく、滑稽さと迷惑さを兼ね備えています。まあ、迷惑度は今とそれほど変わらないかなと思います。

これで、車に対する憧れを抑え、電気自動車ならガソリン車の方が良いやと思わせます。あとは、メーカーがどんどん電気自動車に移行していけば、消費者は考えます。本当に車が必要なのか。これは新しいニーズとなって、新しい移動手段が出てきやすくなるのではと考えました。

自動車メーカーはとても大きな力を持っているのだから、とにかく快適さを追うことから少し離れて、新しい仕組みを想像してくれることを僕は望みます。

image

I can't drive. And I had been hit by a car. I have not been interested in car though not for this reason. The cars is only transportation device for me. So I see only the bad-point what people can (or will) not see though I may not know the good-point of car.

I thought about the car. The streamline shape is beautiful. But I am sick to the back teeth of the product as the car. Although the cars are not good for us, I feel the car as social status. But the cars have various qualities. As result the industrial of car developed. Because the industrial is so big, we will not deny the cars though many problems happen. I feel that it is momentarily too difficul for us to deny the cars. Of course, I use bus and taxi.

Now, the energy of the cars is moving away from gas towards electric. The problem what the cars may be dangerous for walkers happens in consequence of change. Many people will perceive this problem future.

And I thought up this plan. The plan solve the problem and make us think better of the car.

The electric caes have the wheels included the system of sound like a music box. When the speed of car is low, the sound is low-pitched and low-tempo. When the speed of car is high, the sound is high-pitched and high-tempo. We can't choise the kind of sound. The sound is stereo or surround. The system turn up the sound a little in the night and turn down the sound a little in the midnight. The system has humorousness and nuisance.

The system makes our craving for the car down. And we think that the gas-car is better than electric-car. But the number of electric-car produced gradually become larger than that of gas. Then people think again whether we need the car. And the new needs will appear. The new transportation device will appear, too.

I hope that the industrial of the car create a new system because they are so big.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/122

コメント

私も車には全く興味がありません。 ハイブリッド車とか、エコカーが浸透してきたとはいえ、それを生産することで、また余計なエネルギーが使われてしまっているので、どうなんだ? と最近思います。

ただディカプリオはセレブなのに、 トヨタのエコカー乗っててちょっと偉いぞ!と思ったり。

エコ大国ドイツの車、 ワーゲンとかベンツとかも低燃費だったりするし。。 でも見た目とかネームバリュー重視で車選ぶ人の方が、今は大多数ですしね~。

車の話とはちょっと逸れちゃうんですけど、人間って、地球に間借りさせてもらってるだけの存在なんですよね。 いわゆる地球は賃貸物件。

借りてる物件は、できるだけキレイに住んで、原状回復するのが義務なんですよね。

なかなか難しいでしょうが・・・。

>kmmfさん すっかり返事が遅くなってしまった。すまんす。

>ハイブリッド車とか、エコカーが浸透してきたとはいえ、それを生産することで、 >また余計なエネルギーが使われてしまっているので、どうなんだ? >と最近思います。 うん。エコロジーって難しいよね。 エコロジーな循環が正常にはじまるまでには 膨大なエネルギーを消費せざるを得ない状況ってのが多いと感じる。 まあ、それだけ色んなものをつくってしまったんだなぁと思う。

>車の話とはちょっと逸れちゃうんですけど、人間って、 >地球に間借りさせてもらってるだけの存在なんですよね。 >いわゆる地球は賃貸物件。 賃貸かどうかは、わからないけど、 でも間違いなく誰かのものでは無いよね。

その、誰のものでもないものを使っている状態だと、 色々な前提が当然であるという意識を持ちやすいのはよくわかる。 だって、あるじゃん!って普通に思うから。

だから、例えば「子供たちのために」っていうように目的を明示して 納得を促しているんだと思う。 でも僕は、そういう幸せな子供たちを想像したいのは、自分なのだから 自分のためだと思って色々考えているよ。 逆に、その掲げられた目的だけを見据えた状態でいると、 それって前提が当然であると思っている状態に似ていると思うから、 いつか変に歪んでしまうんじゃないかと思ったりするんだ。 目的が手段に変わってきたりとかさ。

まあ、これは僕の天の邪鬼的な所なのかもしれないけど・・・。 難しい話だよねぇ。僕もよくわからんですよ。 子供たちにとって本当に良いことができるかどうかはわからないけど、気付いたことをやるだけなんだよなぁと思ったりしています。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)