車の問題 / The Problem of Car

THIS ARTICLE IN ENGLISH

image

僕は車を運転できません。あと、車にひかれたことがあります。だからというわけでもなく、昔から興味があんまりありません。単なる移動手段の域を出ないのです。だから、車の本当に良い所は見えていないかもしれませんが、逆に、本当に良い所を実感している人の見えない(見ようとしない)部分を見ているように思います。

ここしばらく車について考えていました。流線型自体は美しいと思うのですが、車という形になると結構げんなりします(完全に好みですが、かわいい車は好きです。乗りたい!とは別に思いませんけど。)。また、最近では昔ほど、ステータスとしての車って口にされなくなっていますが、意識としてはまだまだ強く残っているように感じます。車は容姿以外にもいろいろと憧れる対象を持っているわけです。その結果、これだけ大きな産業に発展しています。だから、どれだけ交通事故があろうとも、どれだけ石油を使おうとも、どれだけ工場が空気を汚そうとも、産業自体がそれほど大きく世間から叩かれることはないのでしょう。もちろん環境問題については、工場側はたゆまぬ努力を続けていると思います。CO2の排出量が増えていないという報告をどこかで目にしました(とはいえ、減ってないのは問題だと思いますけど)。まあ、何にしてもここまで生活に食い込んでいる車を無くすことは難しいのをひしひしと感じます。僕もバスとかタクシーとかは当たり前のように使ってますし。

今さら言うまでもない話ですが、車もガソリンから電気の時代に変わってきています。その影響で、音が出ない車(いわゆるエコカーってやつ)は歩行者には危ないんじゃないかという問題が浮上しているようです。この問題は今後もっと強く意識されていきそうです。そして環境に対する人類の意識から考えると、ガソリンで走る車はどんどん減っていくでしょう。

そこで思い付きました。この企画は、この問題を解決しつつ、とても憧れられないような要素を自動車に与えることで、自動車の意義をもう一度考え直すきっかけになります。

電気自動車のタイヤのホイールに、オルゴールみたいな曲が流れる仕組みをしこみます。低速だと低音・スローテンポ、高速だと高音・ハイテンポです。曲目は自分では選べません。とおりゃんせとか、おお牧場は緑とか。あ、滝廉太郎が良いとかは選べると良いですね。Jポップとかヒップホップとかはありません。クラシックはOKです。ちなみに、ステレオです。高級なサラウンドタイプもご用意。夜は音量が下がらずに上がります。深夜は少し下げても良いです。とにかく、滑稽さと迷惑さを兼ね備えています。まあ、迷惑度は今とそれほど変わらないかなと思います。

これで、車に対する憧れを抑え、電気自動車ならガソリン車の方が良いやと思わせます。あとは、メーカーがどんどん電気自動車に移行していけば、消費者は考えます。本当に車が必要なのか。これは新しいニーズとなって、新しい移動手段が出てきやすくなるのではと考えました。

自動車メーカーはとても大きな力を持っているのだから、とにかく快適さを追うことから少し離れて、新しい仕組みを想像してくれることを僕は望みます。

http://pause.morld.jp/

THIS ARTICLE IN ENGLISH

「2005年に世界すべてのデータ・センターで消費された電力の料金は72億米ドルにものぼる」というニュースを見ました。(記事はこちら

これは、ほんの10年前には無かった消費電力です。これだけのエネルギーを消費して、僕たちはその代わりにそれに見合った価値をインターネットから得られているのでしょうか。

もちろん、今後は生活のあらゆる場面でどんどん使われていくことは、もうはっきりしていることです。であれば、まだ考えられるうちにルールを考えても良いのではないでしょうか。完全に浸透した後から決めることは本当に難しいことです。今、僕たちが日曜日を休日であるとしているように、ほんの少しの時間インターネットをオフにすることを決め、消費電力を少しでも抑えることができるのではないでしょうか。

ここでは、どの程度ならインターネットがオフになっても良いと思うのか、アンケートをとります。僕は小さな個人なので、どのぐらいここで集まったものを有効に使えるかはわかりませんが、一生懸命がんばりたいと思います。ご協力、よろしくお願いします。

http://pause.morld.jp/

参考:
個人に対するエコロジ−な投げかけをしているサイトがあります。
Shutdown Day
かなり大きな動きなので、僕と比べるのもアレですが・・・。

The Green Gridが正式に設立したようです。(関連ニュースはここ

Life with flower

THIS ARTICLE IN ENGLISH

先日お伝えしたアヴァンセ西葛西の内覧会では、たくさんの方に来て頂きました。ありがとうございます。
全体的に好評でした。僕のサインもなかなか評判が良く、嬉しかったです。

で、内覧会のときに、冨川さんの協力のもと、来てくださった方々に今回のプロジェクトで使ったステッカー(若干縮小してあります)を配りました。実物と同じようにドアノブに貼ってくださったり、冷蔵庫やノートパソコン、自転車などに貼って頂けたようです。いくつか写真を掲載しておきます。もし貼られた方がいらっしゃいましたら、是非メールで写真を送ってください。ここに載せていきます。ちなみに、僕は自宅の姿見に貼りました。ひょこっとしていてかわいいです。良い感じの角度で貼るために、根元を適度な角度にカットすると良いと思います。

他の写真を見る / More pictures

ついに30歳 / I am 30 Years Old at Last.

THIS ARTICLE IN ENGLISH

My Font

僕もついに30歳です。
抱負とかも特にないです。あ、今年はお金に困りたくないです(苦笑)

上の画像、自分でやっててちょっと切なくなったんですが、随分前に自分でつくったフォントをつかってみました。
今年は、このフォント絡みで何かつくろうと思っています。(去年、失敗したので(苦笑))

Face of Food

THIS ARTICLE IN ENGLISH

プリンとチーズ

偶然見えるものがあることが、僕は好きです。
今回の企画は、インターネットのお話ではないです。大人向けというよりも、子供向けの企画です。上の写真はプリンとチーズです。

均一な製品をつくり出す技術というのは、本当に素晴らしいことだと思うのですが、様々なものが均一であることは、「あるものに対して当たり前なことかどうか」という疑問すら無い状態の人々を増やしているように感じます。

最近の子供向け食べ物のパッケージの風潮は「楽しい雰囲気で」とか「アンパンマンで」とかが多いです。僕もアンパンマンは好きだし、悪いとは言わないのですが、欲しいものを欲しいと言えば欲しい状態で手に入ってしまうことについては、僕はあまり良しと思っていません。

そこで、ふとプリンを開けた時、顔ができてたりすると、ちょっと嬉しいかもと思って考えました。さも気泡でできたかのように、顔になっていると良いです。色んな顔があったり、はたまた無かったりってのも均一感が薄くて良いかもしれません。あと両手の甲が見えているパッケージにすると、「いない、いない、バア!」になって、楽しそうで良いかなって思いました。

Face of Food

僕は子供がいないのでわからないのですが、こういうのって、好きそうじゃ無いですか?そうでもないですか?
是非、どっかのメーカーさんにやっていただきたいです。なんなら、豆腐屋さんでも良いです。これで豆腐が子供に大人気になったりするかもしれません。