← ead - email as dialogue | HOME | Face of Food →

2 robots on a beach

2 robots on a beach

ロボットは組み込まれたプログラム通り動くのが基本です。僕はロボットに関する知識は乏しいですが、ロボットではやりにくいことが何かは何となく知っています。「それがそれだとわかること」 これが一番難しいことだと思っています。ロボットに「それがそれだとわかること」をさせるためには、対象物の情報をプログラムに組み込むというやり方だけでなく、根本的な流れや環境から変えていく必要があると考えます。しかし、根本的な流れや環境を変えることが難しいことは、この世にはとても多くあると思っています。そして、それがそれだとわからないと、ロボットに対して命令することはできないと思っています。

そこで、そのロボットが苦手な部分を人間が上手く補佐しながら、何かできないかと考えていたところ、思いついたのがこの「2 robots on a beach」です。

この2体のロボットは、1体がゴミを拾う機能、もう1体がゴミを受け取る機能をそれぞれ有しています。そして、常に行動を共にしながら、ある海辺のゴミを拾い集めていくのです。そして、人間の補佐は、この「ゴミを拾う」というところに関わってきます。人間が目視して、「これがゴミだよ」と教えてあげることで、ロボットはそれがゴミだとわかり、ゴミを集めることができるようになります。

ここで問題なのが、「人間が指示する」というところですが、これをインターネットの不特定多数の人間により行うことを考えました。個々の持つ僅かな時間を集めて、目的を達成しようと言う試みです。

少し具体的に書くと、専用のWEBサイトを用意し、そこにロボットに付けたカメラからの映像を映します。映像を見ながら、ユーザーはゴミをクリックします。そうすると、指示された位置の座標が計算され、現地のロボットに送信され、移動して拾うわけです。ロボットは自分がそれを拾うことができるのかという判断をして、無理ならその情報をサーバに返します。
WEBサイトなので、同時に相当数のユーザーがアクセスすることになりますが、計算された座標はサーバに蓄積され、定期的にロボットに送られるようにすることで、ゴミをどんどん拾っていくことができます。

ユーザーとしては、環境に対して何かできないかと思っている人を想定しています。ただ、インターネット経由でロボットを操作できるということに対する興味を多くの人が抱いてくれるのではないかと思っています。

ここで、何故ゴミ集めなのかを書いておきます。環境を綺麗にする目的というのももちろんあるのですが、インターネットがあるおかげでこの労働力の集積が実現するのです。その労働力の結果としては、「個体への利益が無い」「危険が無い」というのが必須だと考えました。それは、まだインターネットに対する人間の意識が根付いていないため、悪戯や不平不満が生まれやすいと考えたためです。これを通して、「社会に対し影響を与えることができるインターネット」という一面を少しでもつくることができたら良いと思っています。

ちなみに2体にしたのは、監視し合えることや、1体にすることの方がコストがかかるのではという想像から考えました。あとは、何となく、2体のロボットが寄り添いがんばっている情景ができることで、いわゆるロボットによる自動化ではない状態を示せるのではないかという思いもあります。

この企画が発展する先には、ごみの分別とか下水道の検査とか、不特定多数ではなくなるかもしれませんが、ある資格を有する人を対象に例えば地雷除去など、普通の人間にとって大きな危険があったり、やってもやってもキリがないようなことを、労働力の集積とロボットとの恊働を通して問題を解決していけたらと思っています。個人的にはジャングルとか海底探検なんかも楽しそうだなって思います。

最後に。
今回僕がつくったのは、企画の草案とロゴとイメージだけです。あとこの企画に必要そうなのは、こんな感じだと思います。
・ロボット開発
・ロボットに指示を出すインターフェイス開発
・WEBサイト構築
・運営及び管理機関の設立

道のりは長そうです・・・。

2 robots on a beach

In essence, robots go along the program. I can't understand about robot very much. I know what it is difficult for robot to do. It is that "robot can understand what is it." Maybe, we must not only teach feature of things to robot but also change the flow and environment. But it is often too difficult for us to change environment.

So, I think if human can help robot. And I have thought up the project "2 robots on a beach."

The one of two robots have the function of picking up trash, the other one can recieve and carry trash. They always act with together. The help of human relate to picking up. Human tell the location of trash to robot.

In the project, human can tell to robot through the Internet. The project gather a little time what each of us have. We will achieve the desired objective of cleaning the Earth.

I write the detail description. We created the website. People can see the real-time video from cameras what robots equip in this website. People see the location of trash in the video and click the location in the monitor to tell it to robot. Many order will store in the server.

I have an assumption that the target of this project is people who are interested in environment concern. Of course, I think that other many people will be interested in control of robots through the Internet.

I write about why the purpose of the projcet is picking up trash. Because of the Internet, we can use the big power what we can gather a little power. We should use it for everyone. And we can't use for action related danger yet. Because I think that people have not trusted the Internet yet.
I'm glad that people know that the real world can be influenced by the Internet.

By the way, the reason why the number of robot is two is thinking low-cost. And I wish that people feel something of excepting the automation what general robot have.

We can do various action when we put the project into practice. For example, separating trash, check of sewage system, elimination of landmines, etc...

Last.
Now I created draft report and logo and image only. The project must have below.
- robotic development
- interface development
- building the website
- administering authority

I still have a long way to go...
Please help me :D
I don't have more idea...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/116

コメント

すごくためになるブログなので、毎日チェックしてます。

この企画、本当に実現させたいです。 最近の温暖化とか本当に異常事態だと思います。熊や狸が冬眠できなかったり・・・有り得ない状況なのに、 そういう事を口に出すと、 逆に異常な目で見られてしまう事が 本当に悲しいです。

でも最近の多くのITベンチャー企業って, 目先の利益だけにとらわれすぎで、環境の事とかなんにも考えてないように思えます。なので、こういう企画に、 どんどん参加する企業が増えればいいのに。。。

スーパーやコンビニでは、ビニール袋をもらわない事にしてます。あと割り箸も使わない事にしました。

そんな事くらいしか、できない自分が歯がゆいです。横山さんのこの企画に、私も何か協力できたらいいのにな。

>kmmfさん いつも見てくれてて、ありがとう。そして、コメントもありがとう。

最近、本当に季節が狂ってるよね。暖かくなっていると感じるよりも、どんどん季節がずれてると思う。でも、昔は1月が春だったことを考えると、実は、昔からずっーとずれてきて、今や4月が春になったんじゃないかとか思ったりする。違うのかな?違うか。

このニュース見た? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070129-00000028-san-int アメリカが、太陽光を1%ほど反射するために、軌道上に巨大な鏡打ち上げたり、光を反射するホコリを大気中に放出したりしようとしているらしい。これは怖い。本気なのかな。急ハンドル切ると戻れなくなるよ・・・。

しかし、kmmfさんは偉いね。僕はビニール袋ももらっちゃうし、割り箸も使ってる。印刷物に使う紙をエコ基準で選んだことも無い。自宅でミミズも飼っていないし、コーヒー豆の出所も意識したことが無い・・・(これは友達がやっていた。とっても感心したよ)

エコに対して過敏に反応する気持ち、怖い気持ちも軽視する気持ちも何となく両方わかる。僕は今の状態を放っておくことは良くないとは思っている。のにも関わらず、身近にあるエコなことをしようと思えないのは、自分の周りにある便利さを手放せるほどの余裕が無いことに加え、自分が気付いたことだけを変えても現状は変わらないと感じてしまっていることが原因なんだと思う。

余裕の有る無しはとりあえず置いておいて(甘えてるね・・・)。 「現状は変わらない」っていう点に関して言うと、目の前でゴミがなくなるという事実を目の当たりにできるゴミを拾う行為も、もしかして意味が無いんじゃないかと思ったりしている。それは、どう処理されているかを知らないし、知ったとしてもその結果どうなのかが理解できなそうだから。割り箸を使わないことも、僕が使わないにしても割り箸は作られていて(最近、竹に変わったね。)、作る量が減るんだろうかと疑問に思う。いつか誰かが使うと、とにかく作り続けるんじゃないかと・・・。目に映ることだけを変えても効果は無いと感じてしまっているのです。

だからといって、やっている人に向かって「そんなことやっても無駄だ」とは決して思わないよ。どう考えても意味のあることだから。ただ、逆に「絶対にやれ」と言われても、反応できないのは確かだと思う。

僕的には、この問題に対しては、もっと効果を狙って根本的に何かを変えるか、人間の持っている価値観とか意識が変わった結果、知らず知らずのうちにそっちに向かうように仕向けるかしないと駄目なんじゃないかと思っているよ。 根本的にやるのなら、使わないじゃなくて、無くしちゃう方向が必要なんだと思う。かなり極端な例を挙げると、車をなくしちゃうとか。でも、車って確かに便利。でもでも、自分の生活の金銭的圧迫に加え、どれほど悪影響なのかは知らないけど環境に対して与える影響以上に得るものがあるんだろうか?ととても疑問。ただ、これは本当に難しいだろうね。 意識が変わることに関しては、「早い者勝ち思考」が変わらないと難しいと感じているよ。その中では例えば時間の短縮が価値のあることで、これは商業的な意識が良くも悪くも発展しすぎた結果だと思っている。こんなこと言ってる僕も、どっぷりそこに浸かっていて、どうにもこうにもしようがない状態だと感じる。でも、どこかに糸口があるのだろうともがいてはいるのです。

色々書いたけど、結局は何もできていないに等しい僕です・・・。いつか、何かできると良いのだけどね・・・。ロボットを一緒につくってくれるナイスな会社ないかなぁ(笑)。もし上手く話が進んだなら、ぜひ協力してね。

最後に、今気になっている映画「不都合な事実」。 http://www.futsugou.jp/ 映画というか、環境問題に対するプレゼンテーションらしいよ。 これ見たらまた怖くなりそうだなぁ(苦笑)

お返事、ありがとうございます!アメリカのニュース知ってますよ~。 ミクシイ日記にも載せました。もう、バカか、アホかと!! 一体なんなんだ、あの国は。。。わけわからん!

でも、一方では「不都合な事実」のような映画撮ってたり・・・。 というか、この映画、初めて知りました!テレビ見ないからかな。。 もっと大々的に宣伝しなくちゃいけないのでは??

予告のフラッシュ見ただけで、怖くなりましたよ。 キリマンジャロの映像映ってたけど、日曜日に見た番組で富士山取り上げてて、 富士山もやっぱり頂上の雪の量が年々減ってるらしいです。 このままだと、ただの緑の山になってしまうらしく・・・。

いつも都会で暮らしていると、自然の美しさを忘れがちなのですが、 たまに旅行(国内)とかで、キレイな海とか山を見ると、 ず~~~っとこのまま保存しておきたい!子孫に残したい!って いつも思うんですよ。

この前、香川県に行って瀬戸内海を見たのですが、高松港とか工場だらけで。 多分そのせいで瀬戸内海の海水はお世辞にもキレイとは言えず、 すごくがっかりした覚えがあります。 でも多分、私たちが生まれるず~っと前の瀬戸内海って、きっと 沖縄の海並みにきれいだったはずなんですよ。コバルトブルーで、透明で。

瀬戸内海だけじゃなくて、東京湾だってきっとそうだったんじゃないかな。 そういうのを気軽に見れないのってなんだか本当に悲しい。 沖縄の海だって、今はキレイだけど、いつ瀬戸内海のようになるかわからない。 さんご礁だって年々減っているらしいし。

季節がズレたり、温暖化や氷河期のサイクルは、昔から決まってる、とか 言うけれど、今の状況ってそれとは明らかに違う、と思います。

みみずの事とか知らなかったので、調べてみました。 ミミズ・・苦手なので、自分はちょっと出来ないな・・・。 あ、というか最近全く料理しないので、生ゴミ全くは出ないです! (これもある意味エコ??)

地球にやさしい洗剤とか色々出てはいますが、普通のに比べると 高いんですよね。2~3倍する。。私も決して裕福ではないので、 つい安売りの洗剤を選んでしまうし、生理用のナプキンだって、最近は、 布ナプキンとかも出てるらしいけど、そんなの絶対めんどくさい、って 思ってしまう。

だから最低限自分のできる事しかしてません。

でも心がけてるのは、そういうのを人に押し付けちゃあいかんな、と。 温暖化の怖さとかは話したりするけれど、 「絶対ゴミ袋捨てるな」とか「割り箸使うな」とかそういう事は、 人に言われてやるもんじゃないですからね。気づいた人から やっていけばいいんです。

希望としては、みんなに早く気づいてほしい。 取り返しがつかなくなる前になるべく早く。

横山さんが言う車の例、私もよく考えます。 でもやっぱり難しいでしょうね。せめてエコカーの開発がもっと進んだり、 ガソリンに代わる、無害な燃料が世界標準仕様になっていけばいいんだろうな。

なんか長くなってしまってすみません・・・。 土曜日の内覧会でお会いしましょう~。 明日あたりに正式にメールで申し込みますね!

私も極力レジ袋もらわないように心がけてるよ。 買い物袋を持って出るのをわすれることもよくあるし、決してエラそうには言えないんだけど。 エコに気を付けると、同時に自分のお財布にもやさしい生活になる。 といっても、微々たるモンよ、実際は。 でもね、車にも乗るし、本当は必要じゃないかもしれない電気やガスの使い方してる時もあるし、呼吸のたびに二酸化炭素も出してるし。 せめてもの罪滅ぼしというか、自己満足というか、そんな次元だけど何かしたいのよ。

本当はお店の方ももっとそうしたいんだけど、やっぱり難しいね。 つい最近、はし袋はやめたけど。 テイクアウトのパックやレジ袋は仕方ないよね。 容器や袋を用意してきてくれるお客さんもいるけど。 押し付けじゃなくて、みんなができること・気づいたことをやっていくこれだけでもいいんじゃないかな。 私はそう信じてやってる。 2月に気温17度とかって聞くと、もう手遅れなのかなという気もするけど。 子供達にきれいな地球を引き継いでやりたいじゃん!

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)