年の瀬 / End of This Year

THIS ARTICLE IN ENGLISH

20061231202649.jpg

今年もついにおしまい。
相変わらず色々ありました。結果として生きていたので良しとします。来年はしょっぱなはばたつきそう。その後は未だに真っ暗です・・・苦笑

そして、年末のご挨拶。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。

良いお年を。

ポスターの行方 / My Poster at Somewhere

THIS ARTICLE IN ENGLISH

少しずつ送り続けているポスターですが、色んなところで使って頂けているようで、嬉しい限りです。

まず、cinraの杉浦さんの部屋。(勝手にアップして良いのかわかんないですが・・・苦笑。問題あったら教えてください。)
cinraはアート・デザイン・音楽などなどの面白そうな動きをピックアップして、伝えてくれるフリーマガジンを発行している団体です。CD-ROMという変わった形式で、都内を中心に日本全国で配布しています。WEBでも同様の記事が読めます。

これは、先日の記事でも書きましたが、東日本橋にあるエンゼルタワーの1Fです。再びですが、三浦さん冨川さん、ありがとうございます。
PICT0011.jpg

そして、フランスにも渡っています。
写真はAdrienというパリにいるPublic Relation/Flash Technologistをやっている人の部屋です。iBlogという主にWEBの面白い動きをピックアップして紹介しているところでも活動している人で、僕のサイトはAdrienにピックアップされたおかげで、SOTMに選んでもらえたのです。Adrien、ありがとうね。そしてご出産、本当におめでとう!彼のブログでも記事になっています。彼はmanmaruというウェブサイトもやっています。

また、写真が送られてきたら追加していきますので、良かったら貼ってくださった方は写真を撮って送ってやってください。
僕が喜びます(笑)

札幌に行きました。 / I went to Sapporo in Japan.

THIS ARTICLE IN ENGLISH

12/3と4で札幌に行ってきました。SHIFTの展示が4日から始まるということで、そこを逃すと何となく行く勢いが持てなそうだし、仕事に忙殺されていけなくなりそうだと思い、早速行ってきました。

で、その前にイサムノグチが設計したモエレ沼公園のことを書きます。
出発前から、時間をとってがんばって行ってみようと思って張り切っていました。色々と行き方は調べていたんです。がしかし、冬の雪が降った状態のモエレ沼公園のことまでは調べておらず、散々な目にあいました。皆さんも、もし行くときは冬というか雪が積もっているかどうかを確認してから行った方が良いですよ。
でも、今回のこの体験で、死ぬ事と携帯電話について色々と考えちゃいました。まあ、それはそれで面白かったです。

それでも雪のモエレ沼公園に行きたい!!って方は、結構な重装備が必要です。ちなみに、僕は真冬な格好でしたが、日が陰っていたら死んでたと思います(苦笑)。後は下調べして、どこに何があるかも大体は把握しておいた方が良さそうです。メインっぽい、ガラスのピラミッドは閉館していた模様です・・・。

一応、泣きそうになりながら写真をいくつかとってきたので、参考までに。あ、イサムノグチの彫刻らしい彫刻は全く見ることができませんでした・・・。

で、SHIFTがやっているSOSOカフェでの展示の様子はこんな感じでした。

PICT0064.jpg

展示してもらったのを見ると、ああ選ばれたんだなって嬉しい実感があって良かったです。SHIFTさん、ありがとうございます!

SOSOはオフィスと併設されているカフェで、白い感じのナイスなところでした。スモークチキンのサンドイッチを食べたんですが、美味しかったです。

あと、今回の旅行で撮った良い感じの写真をちょろっといじったものをfotologueにアップしてあります。興味のある方は見てやってください。

30年に1度 / Once per thirty years

THIS ARTICLE IN ENGLISH

僕ももうちょっとで30年生きたことになる。

この、人生はじめの30年というものは、肉体や性格や環境が驚くほどの幅を持ってめまぐるしく変わるものだと、ふと思った。もちろん人によって幅は違う。だけど、その幅の中でよりピンポイントに自分が適していると思う幅に絞り、その後の人生を歩み続ける人が多い。結婚だって、起業だってそういうことなんだと思った。

さて、僕はというと、ここにきて良く分からなくなった。わからないというのが、そういう幅を見失った気がする。いや、もともと無かったようにも思える。そして見つけるというより、自分の中に感じようとし始めているみたい。
いつだか忘れたけど、ある日の朝、「生きてて良いんだ」と思った。そして、今年に入って、僕は「生きたい」と思った。
その後に待っていたのは、世界を知りたいという気持ちの第一歩としての、自分に対する解釈なのかもしれない。これは俗にいう自分探しが必要なのか・・・?笑

まあ、こんな気持ちになったのも30年に1度のこと。真剣に受け止めようと思う。

ついでなので、30年に1度あったことを書いてみる。時系列順で。
・生まれた(思い出そうと試みても思い出せないもんですね。何となくぼんやりとあるような無いような・・・。)
・骨にヒビ(痛かった。)
・卵焼きをつくるときに洗剤を入れてみた(もちろん食べずに捨てた。)
・柿の木に釘を打った(ものすごく怒られた。もうしません。)
・ほの暗い森を抜けて見た、山の上の草原の美しさの実感(実に爽快。)
・骨折(これも痛かった。)
・泥棒にやられた(ゲームが全部・・・。)
・兄弟だけで観光(良いものです。)
・生きてて良いんだと思った(ある、徹夜明けの朝のことでした。)
・髪を伸ばしてみようと思った(意外とあったかくて良い。)
・ピアスの穴を開けた(想像よりは痛くなかった。アレルギー無さそうで良かった。)
・スリの現行犯逮捕(女性対女性。被害者は冷静に対処。)
・チカンの現行犯逮捕(女性対男性。ITっぽい男性は、なんだよも〜って顔してた。もっと反省しなさい。)

意外と思い出せない。もっとあったろうに・・・。

30歳までのあと数ヶ月、思い出してみよっと。