← アクセス解析 / Analysis of Access to "morld" | HOME | SOTM in iBlog, and 2nd Analysis of Access to "morld" →

morld.jp

最近、「あなたは、あなたのWEBサイトで何がしたいの?」と聞かれる機会が増えた気がします。その都度説明はするんですが、僕の行き当たりばったりプレゼンテーションでは、いまいち伝わっているか怪しい感じがします。前につらつら書いた記事も、古いので読まれにくいかなと思い、今日は、僕がmorld.jpで何を示したいのかを改めて書こうと思います。

morld.jpでは、インターネットの持つ「圧倒的な不特定多数の情報を集める能力」に着目し、その能力を意識したプロジェクトをやっています。
今、インターネットは、リアルタイム、双方向、ユビキタス、コミュニケーション、合理化などをキーワードに様々な形態で利用されています。しかし、人々にとってのインターネットは未だにあやふやなもので、仕事でどっぷり使っている人もいれば、まったく信頼していない人もいる、全く利用していない人もたくさんいるでしょう。
本来メディアとは、一つの本質的な驚くべき能力を持ち、それが受け入れられて行く過程で様々な利用形態が付加され、相乗効果をもって世界中に浸透していくものだと僕は考えています。今のインターネットは、本質的な能力が直視されること無く、付加されたもののみで構成されているように感じます。そのため、いつまでもあやふやなものと捉えられ、利用者の層がはっきりとわかれた使われ方をしているのだと思います。
もともとこの「圧倒的な不特定多数の情報を集める能力」は、「世界が繋がる」や「休まない店」といった形で様々なところで謳われていました。ですが、インフラの不整備や、人々(利用する側も提供する側も)が新しいものに慣れていない状態などが原因で、「結局そんな風には使えないじゃないか」という認識をもたれてしまった結果が今です。この状態のインターネットに対して、僕はその能力が存分に発揮されていないと感じます。そして今は、以前に問題のあったインフラや慣れも、ある程度はクリアされた状態にあると感じています。
そこで、この状態を抜け出しインターネットを新たなステップに押し進めるため、「圧倒的な不特定多数の情報を集める能力」に改めて着目して、インターネットを世の中にきちんと定着させたいと考えました。その第一歩としてのWEBサイトがこのmorldです。
このWEBサイトには、完全に僕の私的な意思・情報しかありません。しかし、例えば「人間の好きな色が知りたい」と思う気持ちに、インターネットは応えることが出来るということを世の中に提示することができれば、インターネットはその驚くべき能力を遺憾なく発揮しはじめて、世界に浸透していくのではないかと考えました。この提示するものとしては何らかの損得を含んだ情報ではなく、人間が今まで以上にまさにその人間を知ることができる状態を想像させることが必要で、これが今の世の中にインターネットを響かせていくことができるものだと考えました。
今後、この能力が発揮される状態を迎えることができれば、人は人のことをもっと知ることができるでしょう。今までの一般的な歴史という概念も変わってくるのではと考えています。また、個が過剰に主張される今の世に、家というものが形を変えて再び重視されるようになるかもしれません。
あと、なぜインターネットを定着させたいかに関して少し書きます。形はどうあれ浸透してしまったインターネットというものを今の形で存在させておくことは、人にとっては不利益なことが多いと感じています。今はまだまとまっていませんが、ある情報に対する信頼性の持ち方に起因する、僕らをとりまく様々な状況がそう感じさせているのだと思います。この中途半端な状態が加速している今、ある理論に基づいた思想は、思想を持った側からすると理論的で正当なのですが、僕はこれを見て本来的な意味を失った私的感覚で溢れていてるように感じ、その正当性を僕は受け入れることができません。

「君は、この世で唯一の存在だということをもっと自覚した方が良い。」

ドラえもんが夢の中で僕に言ったこの言葉を、僕は全ての人に考えてほしいと思っています。僕はこれを死ぬまで考え続けるのだと思います。僕は、この言葉を聞いて考えている誰かが想像する僕が、それを考えている状態を想像するとき、関連しているものたちが少しずつ僕の中に定着していっているように感じます。そしてその結果、それらに対して愛を感じるようになっている気がします。

最後に、2006年10月23日でのプロジェクト報告を書いておきます。

NH001 'Color' 参加人数549人
NH002 'Sky" 参加人数174人

今月に入って、合計で400人近く増えました。色々なところでリンクを貼って頂いたおかげです。ありがとうございます。

DesignChartsでは、今月のはじめにランクインして、19位→18位→11位と順調にあがってきました。もう少しあがると嬉しいな。

iBLOG™ではSOTW(Site of the week)に選ばれました。SOTM(Site of the month)というのもあって、その月のSOTWの中で一番VOTEされたサイトが選ばれるそうです。ユ、ユニクロのUSと並んでる・・・。

Recently, there is a chance to be asked, "What do you want to do on your WEB site?". It is felt whether transmit in the doubt in the presentation of my idea though it explains in every case. Because the article that I wrote before is old, I think that it doesn't think that it is likely to be read easily, and write what I want to show with morld.jp again today.

The site named "morld" is a project spotlighting the origin of the Internet which is "the amazing capability of gethering devastating information".

Today, people use the Internet in the flood of terms such as "realtime", "ubiquitous", "communication", and "rationalized". The Internet provide convinient service like online shoppign system. However, I wonder whether they use the Internet with the conscious about "the spirit" of the Internet or not. I doubt people are losing their wealthiness of their heart by using the Internet. On my view, the conscious about "the origin" is essential for displaying full of the capability of the Internet.

To show "the origin" of the Internet to people, I launched the project which collect colors people like. This is the point of this project.

It is the time the Internet to step up to the next stage. People will know each other more deeply, common concepts of history might change, or family would be changed the form and get respect again on the next stage of the Internet.

I want to tell people "the origin of the Internet" and replace the Internet to the origin place.
The person will get to know the person more if the state that this ability is demonstrated can be faced in the future. It thinks whether the concept of current, general history changes, too. Moreover, the house changes shape into the world today from which the piece is excessively insisted and it is likely to come to be valued again.

I write why I want to make the Internet established for. It is a disadvantage to make the Internet that has already infiltrated exist as today for the person. I think that various situations that originate in how to a certain information with reliability in which we are surrounded make me feel it so. The thought based on this theory that for instance, is halfway is theoretical judging from the side with thought and right. However, I feel that I overflow with sensus privatus that see this and lose an intrinsical meaning. I cannot accept the validity.

"You should be conscious more of the only person by this world you. "

I want all the people to think about this word that Doraemon said to me in the dream. I think that I keep thinking about this until dying. I feel that the one who is the relation are established to me little by little when I whom someone the idea of this word hearing it imagines imagine the state to think about it. And, I think that it feels love compared with them as a result.

Finally, the project report on October 23, 2006 is written.

The number of people in which it participates in NH001 'Color' is 549
people.
The number of people in which it participates in NH002 'Sky' is 174
people.

About 400 people in total have increased this month. It is a favor that pastes the link in various points. Thank you.

In DesignCharts, morld.jp joins the ranking at the beginning of this month, and the order goes up well with 19th place → 18th place → 11th place. I am glad when going up a little more.

It was chosen SOTW(Site of the week) in iBLOG™. SOTM(Site of the month) because is, and, seems to be chosen the site what was voted most in SOTW of the month. It queues up with US of Uniqlo.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/101

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)