← mio mio | HOME | Project #1 Nature of Humanity NH002 'Sky' →

mizutamaオープン / mizutama open in Koenji

logo_060828_web.jpg

構想2年の友達カフェプロジェクトが、ついに店舗オープンを迎えます。キャッチコピーは「ケーキを食べるとちょっと幸せ」。

思い返せば、はじめにできたのはブログでした。「カフェをつくる経過がわかるようなブログを書いてみたら?」から始まって、2005年6月25日より「カフェを つくる 日々 をつづる」を書いてもらっています。浮きも沈みも乗り越えて、ついにオープンかと思うと感慨深いものです。

僕は主に全体のアートディレクションとロゴ・WEBサイト・販促ツールなどのデザインをやっています。空間設計はアトリエをシェアさせてもらっている三宅祐介さん(建築家)。ナイスプランで完成が楽しみです。印刷はGRAPHさんにお願いしました。Nさん、いつもありがとうございます。

このプロジェクトに関わってきた中で、僕もそれなりに苦労してきた気がしますが、店主さんの苦労は計り知れません。というか、オープン後もまだまだ苦労は続くでしょうから、計りようもありません。でも、苦労が人一倍ある分、楽しさや喜びは人三倍ぐらい待ってるでしょうから、とにかく自分が"生きる"ということを感じながら生きていってほしいなと思っています。しっかし、自分の店を持つって、やっぱり凄いよなぁ。そして、うらやましい(笑)。

とにかく、オープンまであと1ヶ月を切っています。
みんな、がんばりまっしょう!


で、せっかくなんで、僕がこのプロジェクトで常に考えているコンセプトを書いてみようと思います。
(なんか、改めて書くとちょっと照れますけども。)


題: 和と水玉とケーキ

このプロジェクトで僕は、あらゆる所に僕が感じる店主さんの人間性を表したいと考えました。彼女は、僕から見るととてもまじめで、きちんとした人間だなという印象です。でも、どこか何かを考えている人だという印象も常に持っていました。
(本当に僕の勝手な想像ですが・・・)僕はこんな風に考えました。
「きっと彼女は、生きてきた社会の中で遭遇した枠の中に、自分が思う人への思いやりをいれることが出来無かったんだろう。まじめだから。そして彼女は、明確な自覚は無いまでも、自分の中にあるであろう真実をもって、一人でカフェをやることを決めたんだ。」

店名にもなっている水玉というキーワードは、彼女が水玉が好きだということに起因しています。僕としても、水玉は彼女にとても似合っていると思っていました。そして、水玉をキーワードにプロジェクトは進み、ロゴを考えることになりました。まずはダイレクトに水玉をつかったロゴを考えてはみたのですが、どうもしっくりきません。僕は、まじめできちんとした整然なイメージもちゃんと表現したかったのです。そういう意味ではダイレクトな水玉模様に答えはみつかりませんでした。そこで、水玉と整然さから感じた和のイメージを混ぜる方向で試行錯誤をはじめました。そして、ロゴができました。


というわけです。
ま、明るいんだか暗いんだかわからない話題は置いておいて、最後に告知です。


mizutama OPEN!

日時:10/27 12:00〜
場所:東京都杉並区高円寺南2-23-1(高円寺駅南口 徒歩10分)
URL: http://www.mizutamacafe.jp/(まだ仮のページです・・・。)

季節のフルーツを使った、できたてのケーキが食べられます。オープン記念で、何か安くなっていたり・・・するかどうかは、わかりません(笑)。僕は27〜29日は極力顔を出しますので、予定の会う方は是非遊びにきてください。

あと、DMもつくったので、住所をinfo(at)morld.jpまでメールくれれば郵送します。

logo_060828_web.jpg

The friend cafe project of the plan of two years finally receives the store opening. The impressive advertisement is "When it eats the cake, it is happy for a moment. "

Being able to do in the beginning was Brog if it reconsidered. Please start from "Brog to understand passage where the cafe is made is written", and write "Every day when the cafe is made is spelt" since June 25, 2005. It is the one that the deep emotion is deep when finally thinking the opening because the floatage and sinking are got over.

I am chiefly designing the art direction and the entire logo, the WEB site, and the sales promotion tool, etc.Space planning is Youske Miyake(Architect) who will share the atelier. It is a nice plan and completion is the enjoyment. GRAPH prints. Always thank you for Ms. N.

It is not possible to measure and to know the storekeeper's hardship though it is thought that I have had a hard time as such in relations to this project, too. There is not a measurement way because a still hardship might continue after it opens either. However, happiness and pleasure are not thought to want me to be alive as "Live" is felt anyway because it is likely to wait by about three person times to the extent that there is more than others a hardship. It is terrible that it has my shop. And, it envies it.

Anyway, another month is under to the opening.
Let's hold out by everyone.


I will write the concept that I always think about by this project because it is special.

(It is possible to shine for a moment when writing again. )


Title:Japan, and the drop of water and the cake.

I thought that I wanted to show the human nature of the storekeeper whom I felt in all places by this project. It is an impression that she shall not be a very serious, tidy person when she sees from me. However, it always had the impression that it was a person who thought about something somewhere.
(Though it is my selfish really imagination. )I thought in this way.
「She might surely not have had it was possible to put of "Sympathy to the person" that I thought of in the frame encountered in the society that had lived. Because it is serious. And, she decided the cafe for clear consciousness to have the truth that I would have until it not was, and to be done alone. 」

The key word of drop of water that becomes a shop name originates she is to like drops of water. I also thought that the drop of water suited her very much. And, it will think about the logo by the project's advancing to the key word in the drop of water. It doesn't come very harmoniously though it thought about the logo that uses the drop of water first of all directly. I wanted to express serious, neatly, and orderly image neatly. The answer was not found direct polka dots in such a meaning. Then, the trial and error was started in the direction of the drop of water and orderliness where the image of the felt harmony was mixed. And, the logo can have been done.


Thus, it does.
Leaving aside the topic not to understand to be bright or dark. It is a notification at the end.


mizutama OPEN!

Date: 10/27 12:00 -
Place: Minami-Koenji Suginami-ku Tokyo(It takes ten minutes on foot from the Koenji Station south entrance. )
URL: http://www.mizutamacafe.jp/(It is still the temporary one. )

The fruit of the season was used, and the cake of setting up it is possible to do is eaten. It doesn't understand whether to become something cheap because of open commemoration. I produce its face as much as possible on 27-29 day. Schedule meeting must come to play by all means.

The address is mailed to info(at) morld.jp in E-mail if growing dark because DM was made.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/95

この一覧は、次のエントリーを参照しています: mizutamaオープン / mizutama open in Koenji:

» うちの近くに from *What Are You Doing The Rest Of Your Life?
新しいカフェができるそうな… mizutama http://journal.morld.jp/2006/09/mizutama_mizutama_op... [詳しくはこちら]

コメント

どーも。mizutama店主です(笑) なるほどね。あのロゴには私の性格的な要素も含まれていたのね。「まじめ」って言う言葉はあまり好きじゃないのだけれど、就職活動の自己PRでは使っていたくらいなので自覚はあります・・・。そうか、やっぱりまじめなのか。

よこやまくんと一緒にやっていく中で、「デザインとは形のない感情や感覚や抽象的なものごとを目に見える形にすること」だととても感じました。自分の中にあるそれを形にするのがアーティストで、他者や社会にあるものを形にするのがデザイナーなのかな、と。すごい仕事だね。 私が投げかける言葉の一つ一つに辛抱強く耳を傾け、私の「なんとなく」の事を形にしてくれたと思います。mizutamaという店に関しては客観的な分、私よりも形として見えているのではないかと思います。 三宅さんも含め、私一人では不可能であろう世界観を作ってくれたと思います。もうすぐ形になりますね。 「お店やるからデザインやってよー」なんて軽いノリでお願いした事が、ずいぶん深く大きく関わってもらう事になってしまいました。本当にありがとう。 オープンまで頑張りましょうっ!!

・・・というか、オープン後の計画も立てておかねばいけませんね。11月中旬にはクリスマス用のチラシと12月からは冬メニューになるのでそれもよろしく♪

こんばんは コメントありがとうございました!

25〜27日は顔出せればと思います。

楽しみにしています☆

>どめちゃん 道のりは長かったねぇ。とりあえず、まずはオープンまでがんばりまっしょう!その後のことはその後で。

>yoshiokaさん コメントどうもですー!

>25〜27日は顔出せればと思います。 オープンが27日なので、27〜29日ですよ。 たぶん僕は、夕方の方がいる可能性が高いです。 よろしくでーす!

DMありがとうございました! 楽しみにしています

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)