Project #1 Nature of Humanity NH002 'Sky'

THIS ARTICLE IN ENGLISH

sky3.jpg

みんな、どんな空を見ているんだろう
人間が空を思うときのその色を集めていきます
気になる方はどうぞご参加ください

morld

みんなの見てる空ってどんな色だろうって、まあよくある話なのですが、実際よくわかんないなと思ったのがきっかけでこのプロジェクトを考えました。個人差も持ちながら、育った環境によっても見える空の色が違うんだろうなと思ったので、やってみようと思ったわけです。できるなら、世界中の空の色が見てみたいのです。

ちなみにNH001は大体1〜2人/日ぐらいで増えています。それなりに集まってきたので、たくさん並べて見えるようにちょっとリニューアルしました。是非、見てみてください。

mizutamaオープン / mizutama open in Koenji

THIS ARTICLE IN ENGLISH

logo_060828_web.jpg

構想2年の友達カフェプロジェクトが、ついに店舗オープンを迎えます。キャッチコピーは「ケーキを食べるとちょっと幸せ」。

思い返せば、はじめにできたのはブログでした。「カフェをつくる経過がわかるようなブログを書いてみたら?」から始まって、2005年6月25日より「カフェを つくる 日々 をつづる」を書いてもらっています。浮きも沈みも乗り越えて、ついにオープンかと思うと感慨深いものです。

僕は主に全体のアートディレクションとロゴ・WEBサイト・販促ツールなどのデザインをやっています。空間設計はアトリエをシェアさせてもらっている三宅祐介さん(建築家)。ナイスプランで完成が楽しみです。印刷はGRAPHさんにお願いしました。Nさん、いつもありがとうございます。

このプロジェクトに関わってきた中で、僕もそれなりに苦労してきた気がしますが、店主さんの苦労は計り知れません。というか、オープン後もまだまだ苦労は続くでしょうから、計りようもありません。でも、苦労が人一倍ある分、楽しさや喜びは人三倍ぐらい待ってるでしょうから、とにかく自分が"生きる"ということを感じながら生きていってほしいなと思っています。しっかし、自分の店を持つって、やっぱり凄いよなぁ。そして、うらやましい(笑)。

とにかく、オープンまであと1ヶ月を切っています。
みんな、がんばりまっしょう!


で、せっかくなんで、僕がこのプロジェクトで常に考えているコンセプトを書いてみようと思います。
(なんか、改めて書くとちょっと照れますけども。)


題: 和と水玉とケーキ

このプロジェクトで僕は、あらゆる所に僕が感じる店主さんの人間性を表したいと考えました。彼女は、僕から見るととてもまじめで、きちんとした人間だなという印象です。でも、どこか何かを考えている人だという印象も常に持っていました。
(本当に僕の勝手な想像ですが・・・)僕はこんな風に考えました。
「きっと彼女は、生きてきた社会の中で遭遇した枠の中に、自分が思う人への思いやりをいれることが出来無かったんだろう。まじめだから。そして彼女は、明確な自覚は無いまでも、自分の中にあるであろう真実をもって、一人でカフェをやることを決めたんだ。」

店名にもなっている水玉というキーワードは、彼女が水玉が好きだということに起因しています。僕としても、水玉は彼女にとても似合っていると思っていました。そして、水玉をキーワードにプロジェクトは進み、ロゴを考えることになりました。まずはダイレクトに水玉をつかったロゴを考えてはみたのですが、どうもしっくりきません。僕は、まじめできちんとした整然なイメージもちゃんと表現したかったのです。そういう意味ではダイレクトな水玉模様に答えはみつかりませんでした。そこで、水玉と整然さから感じた和のイメージを混ぜる方向で試行錯誤をはじめました。そして、ロゴができました。


というわけです。
ま、明るいんだか暗いんだかわからない話題は置いておいて、最後に告知です。


mizutama OPEN!

日時:10/27 12:00〜
場所:東京都杉並区高円寺南2-23-1(高円寺駅南口 徒歩10分)
URL: http://www.mizutamacafe.jp/(まだ仮のページです・・・。)

季節のフルーツを使った、できたてのケーキが食べられます。オープン記念で、何か安くなっていたり・・・するかどうかは、わかりません(笑)。僕は27〜29日は極力顔を出しますので、予定の会う方は是非遊びにきてください。

あと、DMもつくったので、住所をinfo(at)morld.jpまでメールくれれば郵送します。

mio mio

THIS ARTICLE IN ENGLISH

flower

お仕事のことでご報告。

10/5にオープンする「ららぽーと豊洲」の中にあるmiomioさんの内装で使う壁紙と、包材一式(紙袋とかポリ袋とかシールとか)をつくりました。ちなみに内装設計はutac。(声かけてくれて、ありがとう!)

もし、ららぽーと豊洲に行かれる際は、是非行ってみてください。
ちなみに、カリモク60の隣の隣の辺です。

新しい言葉 / New Word

THIS ARTICLE IN ENGLISH

新しい言葉って出てきたときにすんなり受け入れられるものと、そうでないものがあります。最近思ったのは、僕にとって広告の「手口ニュートラル」は、そうでないものです。そうでないとき、僕はその言葉を本当に使わない傾向にあります。

例えば、僕は「超○○」を使いません。僕の生まれは岡山で、大学生のとき関東に出てきたのですが、その当時、コギャル=超○○でした。それが理由なのかもしれません。大体は「すごい」「とても」「えらい」を使っています。ちなみに岡山弁だと「ぼっけえ」とか、津山弁だと「ばんこ」とか「ぶち」とかです。さすがにそれは東京では使えません。で、「すごい」「とても」「えらい」で言えない時に「超」が使えると良いなと思ったのですが、何しろ嫌いなので口にできません。そんな僕は「超」の代わりに「スーパー」というようになっていました。で、しばらく「スーパー」で過ごしていると、「スーパー」の中でも強弱が必要になってきました。そこでさらに使いはじめたのは「ハイパー」です。僕は「スーパー」と「ハイパー」を巧みに使い分けています。

で、実は、いつだかにふと気がついたんです。「スーパー」だったらはじめから受け入れられていたのか?そんなことはないだろうな・・・。まあ、良いんです。自分はかわいいものです。

あと、ちなみに新しい言葉ってわけじゃないですが、リスペクトとか、ソリューションとか、コラボレーションは使わない言葉です。

逆に好きな言葉は、もはやとか、すでにとか、ニアとか、ほんのりです。

最後に、あんまり関係無いですが、思い出したので書いてみます。ブレーンストーミングという言葉があります。よくブレストと呼ばれていますよね。略すのは良いのですが、若干意味がずれている感じを見かけます。ブレストに議題は必要ないと思うんですが、議題が必要な場面でブレストという言葉を使ってテキトーに片付けようと使っていることがある気がします。僕の解釈がずれているのかもしれませんけどね・・・。

GEISAI#10

THIS ARTICLE IN ENGLISH

Uchida bldg complexの新野圭二郎さんがGEISAI#10に出展します。
 
団塊世代の男性を壁に挟むそうです。ぜひ見たい。
 
僕はあまり手伝えていないのですが、ポストカードなどちょこっと手伝いました。
お暇な方は是非遊びにきてください。
 
GEISAI#10

FOMA / FOMA (a service of cellular phone in Japan)

THIS ARTICLE IN ENGLISH

今日、movaからFOMAに機種変更をした。今更ながらソニーエリクソンのSO902i。端末は可もなく不可もなくだけど、FOMAに驚いた。通信速度が早い。さすが3G。前に使っていたWILLCOMと比べると、圧倒的に早い。

ただ、WILLCOMと違ってPCのメールチェックはできない。何とかならないものかと探したところ、WEB MAILERっていう無料サービスを発見。素敵っす。COXSさん。3キャリア対応だし。このサービスを使うと、パソコンでチェックしているメールをi-modeでチェックできるのです。
ちなみにデメリットはこんな感じ。
・プロバイダによっては使えない
・受信プロトコルがPOP3だけ
・添付画像が見れない
まあ、WILLCOMの遅さを考えると、こんなのデメリットとは呼べないな。本当にWILLCOMは酷かった。通信速度以前に端末のキーレスポンスが悪すぎたのも一因だけど・・・。

せっかくのパケ放題なので、便利 or 楽しいことを探さなきゃだ。(何か良いのを知ってる方、教えてください)

しかし、この携帯電話、小さいのはいいんだけど、ちょっと入力しにくいなぁ。マルチスレッドは想像してたより良い感じ。もたつくけど。