正確さのために生まれずに、

不正確さのために生まれるときがある。