← 東雲キャナルコート / Shinonome Canal Court | HOME | 歌 →

信じること / What You Believe

もし、あなたの携帯電話に、こんなメールがきたらどうだろう。

2010年には国の仕組みが変わります。
そこで、あなたは誰とも相談すること無く、国籍を移すことを決める権利を有します。
今後この件に関する会話を第三者と行った時点で、その権利は消滅します。
あなたがどうするかを以下の三択よりご決断し、ご返信ください。
1. はい
2. いいえ
3. 変更内容に依るので今は決断できない
*この返信の有効期限は30日間です。有効期限を過ぎた場合も権利は消滅します。
なお、仕組みがどう変わるかについては、追ってご連絡します。

突っ込みどころが満載気味なこのメール。突っ込みどころ満載な上に、意外にもはじめに想像していた以上に、人生に深く関わりそうな質問内容になってしまったのですが、この前段として僕が思いついたのは、自分一人でそのメールが国からのメールであると決断しなければならない状況に立たされたとき、その内容もしくは送信者を信じることができるか?また、信じれないとして何がどうなれば信じることができるようになるのか?それと、ちょっと前二つとはずれますが、必ずしも信じる必要は無いと言い切れるのか?です。

これはまた難しい。とりあえず、人生の問題はおいておいて、メールというものへの信用ってどうすれば変わるんでしょうね。浸透していくに従い、仕事での使用ももはや当然のこととなっていますが、実際まだまだな部分が多いですよね。例え、メールの遅延は絶対に無いシステムができあがったとしても、上のような状況で信じることができるのか?っていうと、ちょっと難しい気がします。まあ、上の場合極端すぎてメールじゃなくても信じるのが難しいとも思うんですけどね・・・。僕的には、誰にも相談すること無く自分で決めなくてはいけない状況というよりも、相談する時間がないぐらい緊急な事態があった場合、すぐ信じることができないといけないわけで、とても効率的に大多数の人に情報を伝えることができるのだから、それじゃ駄目なんじゃないかって思うわけです。人って何をもって何を信じてるんでしょうね。能動的な行為により得られたものは信じやすいってのはわかるんですが、それでも信じるまでに至る経緯って細かく見るとどうなってるんだろう。

しかしこの例えメール、映画ができそうだな(笑)

How if such mail comes to your cellular phone. might

The mechanism in the country changes in 2010.
Then, you are the consultation with whom, and have the right to decide the nationality to be moved.
The right will disappear when being talk concerning this matter in the future as the third party.
It must choose, must be determined, and what you do as follows must reply thirdly.
1. Yes
2. No.
3. It is not possible to determine it now because it depends on the content of the change.
*The expiration date of this reply will be done in 30 days. The right disappears when the expiration date is passed. We will report how the mechanism changes later.

It does with mail with a lot of strange points if it pokes in detail. In addition, it has become the content of the question that seems to be deeply related to the life more than imagining it in the beginning by contraries. However, can the problem that I hit on believe the content or those who transmit when the person should determine that the mail is mail from the country and exists one by himself/herself?Moreover, do you come to be able to believe if what comes to assume that it is not possible to believe very?Can the believed necessity necessarily be asserted not to be with it though it shifts with the first?.

This is also difficult. Confidence to the one called mail is put the problem of the life, and might change if it does very for the time being. There are a lot of parts in which it still has a long way to go actually though working use has already become natural while infiltrating, too. The delay of mail is compared, and can be believed in the situation on even if the system that not is never is completed?And a difficult for a moment nature do. Even if the example above is mail and doesn't exist, it might be difficult to believe. The servant, it is selfishly trowed that it is not then rather than the situation that is consulted anyone and is not and decided for myself because it is useless because it is possible to impart information to the people of large majority soon very efficiently should not when there are an urgent situation of there is no consulted time. What what have by he or she does the person believe?How does still details that come to believe become it of the belief and if it sees in detail obtained what by an active act?

It seems to make the movie by this comparison mail though it is unrelated. :)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/83

コメント

この例えは、う、うさんくさい。削除しちゃう(笑)。 緊急かつ重要な場合、メールは使わないんじゃないかなあ。メールとか、PCを介したコミュニケーションってすごく情報量が少ない気がするし。

この例えを今のことと考えると、もちろんうさんくさいと思う。 で、僕が思っているのは、緊急かつ重要な場合でもちゃんと使えないと、メールというか、インターネットというのは世の中には浸透していきにくいんじゃないかってことだよ。インターネットはそのインパクトをもって、世界の中での位置を確立できるんじゃないかって思うのよね。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)