← パーティとアトリエ その後 / After "Party and Atelier" | HOME | 衣食住の違い →

靴屋の後の靴屋 / Shoes Shop After Shoes Shop

靴屋がつぶれた。そこに他の靴屋ができた。

ある土地であるお店を営むという行為は、社会の中でその土地の性格を構築することでもある。だから、靴屋の後の靴屋というのは、よくも悪くもはじめからみんなの記憶の中にある。それをアドバンテージとできるのなら、それは意味のあることなのでしょう。今までは気がつかなかったけど、これもお店をやる上で大切なポイントなのかもしれないと思った。


『「ある事柄に関する僕の記憶」があることを知っている他人の記憶』って、その事柄にとってはとても薄い記憶なんだろうけど、それでも世界中に飛んでいくものなんじゃないかと思った。それは10Mbpsですらないかもしれないが、1000Gbpsよりもっとずっときっとすごい力があるに違いない。記憶エイリアス。世界をつくっている要素の一つはこれだ。たぶん。

The shoes shop went under. Other shoes shops were completed there.

The act of managing the shop that is a certain land is to construct the character of the land in the society. Therefore, the shoes shop after the shoes shop is in everyone's memory from the start often badly. If it is cut by the advantage, it is significant. I thought that it might be an important point also for this to do the shop though it was inconsiderate up to now.


I still thought that it might be flight all over the world though 'Memory of the others who knew there was "My memory concerning a certain matter"' might be a very thin memory. It is sure to have more terrible power from 1000Gbps by 10Mbps though might not be. Memory alias. One of the elements from which the world is made is this. Maybe.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/78

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)