← 実感 / Feeling of Reality | HOME | 信じること / What You Believe →

東雲キャナルコート / Shinonome Canal Court

東雲キャナルコートには、僕が良く買い物をするBYTRICOがあります。ので、何度か行っています。で、このキャナルコートができる前に、ある機会があってキャナルコートについての考察をやってみました。そのときの考察を記事にしてみます。掴みは結構かなり相当淀んでいますが、まあそんなときだってあるさってことです。
ちなみに参考にした情報源はWEBサイトだったのですが、今は閉鎖されてしまったらしく、こんなへんなのがありました。とっても営業用。


今回の考察においての情報元は、公式WEBサイトがメインです。他のメディアや実際の建築群などは見ていません。今回は、広告戦略も考察の範囲に入っていたこともあり、消費者としての僕という観点から考察を進めました。

公団がCODANになり、どんな住宅なのか少し興味を持っていました。その興味から公式WEBサイトを覗いた所、以下のような疑問が浮かんできました。

まちなみ街区企画会議 編
・まちなみ街区企画会議には色々な著名人が名を連ねているが、具体的なことは述べていないように感じる。
・コンセプトがどのように東雲CODAN全体に体現されているのかがわからない。
・住むのではなく滞在という感覚と謳っているが、それなら賃貸の方がわかりやすいと思う。
・世代を超えた住人を考えるのであれば、新しすぎるし、古すぎるのではと思う。
・住居周辺が24時間になることの何が良いのか。不安が大きい。
・時代のニーズをプロデュースするとあるが、具体的にどういった機関がどう動くのかがわからない。
・魅力を褪せること無く進化するとあるが、どこを魅力としているかがわからない。

東雲デザイン会議 編
・どちらに問題があるのかはわからないが、まちなみ街区企画会議と噛み合ない点が多い。
・多孔質を特徴としているが、不特定多数の人を招き入れる空間ではなく、ある程度安全が保証された空間の中でやるべきではないか。
・道とも広場とも違うコネクタという外部空間を作るのは良いと思うが、どう使うのかわからない。
・街全体で住んでいる感覚を、首都圏に住む人たちに求めるのは的確なのだろうか。

上記の疑問は広告戦略に潜む問題から浮上したと考えます。このWEBサイトに全ての情報が集まっている訳ではないので、今の時点で偏った考察ではありますが、WEBサイトにしろ、ポスターにしろ、一番大切な”誰に何を伝えたいのか”が抜けていると感じました。
WEBサイトの中で建築家たちが自分の建築を紹介していますが、どの説明もよそよそしい口調。「ここがこうなって、だからほら、こんなに素敵でしょう?」といった投げかけは見つかりません。きっと建築家たちはそういう思いを持っています。それを引き出せていないと感じます。
ポスターには大きくCODAN・2次募集と書いてあったりしますが、その他は何もありません。あの広告で世代を超えた住人を集めるのは難しいことだと感じました。以前、実際に見かけたとき、僕は遠目に「ふーん」と思った程度です。(ちょっとフォローしておくと、あのポスターは好きか嫌いかで言うと好きなんですけどね。)
WEBサイトの補足説明にはダイナミックなモダンデザインとありました。それが伝えるべきことでは無いように思います。また、おそらく首都圏での設置がほとんどなのでしょうが、首都圏以外から募集するべきではと思いました。そうすることで、より大きな渦を作る場所ができると感じるからです。

以上の疑問を通して、この巨大な東雲CODANにどういった要素を加えていけば面白くなるかを考えました。最も不足していると感じた要素は「何を良しとするのか」と「良いに繋げるためのきっかけ」です。良い生活の形を実現させる試みを考えました。

今となっては随分と意識されなくなってきた町内会を復活させる試みを、東雲CODANの一部(賃貸ゾーンを想定しています)で行います。ただ、従来の持ち回り制に偏った町内会ではありません。予め役割を想定します。また集合住宅であることの良さは隣との距離が近いことです。そこで、共同生活的なグループを考えました。(20代〜30代がターゲットの中心になると思います。)
まずデザイナーを募ります。報酬は家賃です。このデザイナーの役割は、的確な言葉ではないかもしれませんが、グループ内の広報です。以下はいくつかの具体的な役割の例です。

・グループ内の人々に季節を感じてもらいます。(旅行の企画なども良いと思います。)
・皆で祝いたいという希望があれば、お祝い事などの準備を行います。
・料理やお菓子が作れれば尚良いです。
・よく「花を抜かないで!」という張り紙を見ますが、あの張り紙をより効果的につくります。これはきちんとした装置(掲示板のようなもの)を設置しておけば、サイン計画としても考えられます。
・こんなもの欲しいなというときに相談にのります。
・自分を含めたグループが快適に生活できるよう努めます。

このデザイナーを中心として、住人を募ります。その結果、グループができるという形です。ただし、デザイナーという立場の人に面倒なことを押し付けることができるグループではありません。皆で考え、デザイナーは形にするきっかけであり、全員で生活を豊かにする工夫をつくっていくグループを目指します。


上記の案は今は色々な問題を含んでいるとは思いますが、新しい時代に隣人とのコミュニケーションを取り戻し、楽しい生活を送るための新しい仕組みとしては、興味深いものになるのではと考えます。また、デザイナーにとっても新しい生き方になると考えます。


というわけです。久々に読み返してみましたが、何度か足を運んだ今でも、こういうことができていたら楽しいだろうなって思います。僕がこうしたいだけなのかな・・・。

In Shinonome Canalcort, there is BYTRICO that I shop well. It goes and several times. A certain chance was before and this Canalcort were able to be done and consideration "Construction, advertising strategy, and future of Canalcort" was tried. The consideration at that time is made an article. It is probably at such time though the introduction stagnates very much.
By the way, it seems to have been closed now though the referred source was WEB site. There was such a site.


An official WEB site of the information origin in this consideration is the main. Neither other media nor actual architectural groups, etc. are looking. This time, the advertising strategy was in the range of consideration, too and consideration was advanced from the viewpoint of I as the consumer. In becoming of the public corporation CODAN, it was interested. The following doubts have floated when it peeped from the interest into an official WEB site.

Chapter of street of being waiting district project conference
・I feel a concrete thing no description though various, famous people are allowing one's name to be
added to the street of being waiting district project conference.
・How the concept has been embodied to the entire Shinonome CODAN is not understood.
・If so, I think that the lease is more comprehensible though it doesn't live but it is expressed as
the sense of stay.
・If the resident who exceeds the generation is regarded, it is too new, and I think it is too old.
・What of becoming of the surrounding of the dwelling 24 hours is good?Uneasiness is large.
・What organization how moves concretely is not understood though it is when needs in the age are
done in production.
・The charm is when there is not fading and it evolves, and is not understood where to be assumed to
be a charm.

Chapter of Shinonome design conference
・The point not combined is abundant biting though it is not understood in which there is a problem with the street of being waiting district project conference.
・Should not I do in not the space that invites many and unspecified people and puts it but the space from which safety is guaranteed to some degree though it characterizes in the porous quality?
・How it uses it is not understood though it thinks making an external space of connector different from the road and the plaza to be good.
・Will it be adequate to request the sense where it lives in the entire town from the people who live in the metropolitan area?

It is thought that the above-mentioned doubt surfaced from the problem of lurking in the advertising strategy. Make to the WEB site, make to the poster, and it was felt that most important "What to whom do you want to tell?" had come off though it was consideration because all information had not gathered in this WEB site biased for the present.
The tone with a cold any explanation though architects are introducing his construction on the WEB site. "Hey, and does here become so, and will it be such wonderful therefore?" Throwing is not found. Architects surely have such a desire. It is felt that it cannot be drawn out.
Only it is large written, "CODAN" "The second recruitment" in the poster, and, additionally, there is nothing, too. It was felt that it was difficult to gather the resident who exceeded the generation with that advertisement. When this poster was seen, I was extent in the long-sight that had been seen for a moment before. It was in the amplification of the WEB site with a dynamic, modern design. I do not think that it is in what it should tell. Moreover, perhaps, the installation in the metropolitan area was and there were almost might recruitment and Omo excluding the metropolitan area. It is because of feeling that the place where a bigger whirlpool is made can be done by doing so.

If what element was added to this huge Shinonome CODAN through the above-mentioned doubt, it thought whether became interesting. The element felt the most insufficient is "What do you assume to be good?" and "Chance to tie well. "It thought about the attempt to achieve the shape of good life.

When now comes, the attempt to revive the town association that has not been fairly considered is done partially of Shinonome CODAN (The lease zone is assumed). However, it is not a town association that biases to a past carrying about system. The role is assumed beforehand. Goodness where it is a housing complex is that the distance with the next is short moreover. Then, it thought about lived group. (One's twenties?I think that one's thirties becomes the center of the target. )
First of all, the designer (if possible, free-lance) is recruited. The reward is rent (+α). It is announcing to public in the group though no do be known of an adequate word this designer's role either. It is an example of some concrete roles as follows.

・People in the group feel the season. (It is thought that the project of the travel etc. are also good. )
・The congratulation thing etc. are prepared if there is hope that it wants to celebrate all.
・If the dish and the cake can be made, it is still good.
・That sticker is made more effectively though the sticker "The flower is not pulled out" is often seen. If a tidy device (one like the bulletin board) is set up, this is thought as a scheme of sign.
・The consultation is on a roll so that the these kind of things desire immature ear may come.
・It tries so that the group including me may live comfortably.

The resident is recruited because it centers on this designer. As a result, it is shape that the group can do. However, it is not a group that can press a troublesome thing against the person in the standpoint of designer. The designer thinks all, is a chance to be, aims at the device that improves one's standard of living by all members in shape, and it aims at the group that makes it.


The above-mentioned idea thinks whether become interesting as a new mechanism to lead a pleasant existence by regaining communications with neighbors in a new age though thinks various problems to be content now. Moreover, it is thought that it becomes a new way of life for the designer.


Thus, it does. I think that it is still a project that seems to be happy that visits it several times though it reads after a long time and it returned it. Though no do be known only whether I am such it either.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/82

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)