← 信号機 / Signal | HOME | パーティとアトリエ / Party and Atelier →

グレーな抑制 / Vague Control

インターネットにおける未成年者の行動制限は、今までも色んな話題が出ていました。ペアレンタルコントロールとかも随分と前から考えられていたりしてます。ちょっと考えてみると、個人レベル・家庭レベル・学校レベル・社会レベルとあって、この4段階での対策が必要となるとまあ大変だなぁと思います。
が、一方で、アクセスさせないように仕組みを作ることが本当に有効なのかという疑問が僕にはあります。じゃあ、この問題で何がポイントになるのか考えてみました。

まずインターネットというものは、ある面では仮想社会の中での事実をデータ化して蓄積する巨大な仕組みです。「いや、私はネットショッピングを楽しんでいるよ。」という人もいるかもしれません。個人としては楽しみという面が顕著に目立つものなのですが、これが現実空間だとして考えてみるとわかります。もし、とあるなんだか楽しいビルがあるとして、その中でのすべての行動が逐一記録されていることを知っていたら、それを良しとして楽しめるか?っていう話です。僕は無理です。でも、そのビルがトイレの必要がないような、例えば単なる通り道的なものであれば、まあ納得できるかもしれません。数年前のインターネットはそんな感じだったかもしれませんが、技術の進歩と利用者・利用時間の増加でやっている行動・できる行動が増えるごとに、そのビルは例えるならホテルやマンションに近づいています。自分の寝息すら記録されているホテルの中で安らかに過ごすことができるでしょうか?さすがに無理でしょう。
人間は年齢を重ねるごとに自分のことを表に出し始めます。出し始めるというよりも、出てしまうことに執着しない傾向にあると感じます。ただ、出すことが自分にとって不利益だと思っていることは絶対に出さない、悪い意味でも良い意味でもそんな二面性を持つことになるもんなんだと思います。で、いわゆる成長期にあるこどもというのは、そんなものの存在は考えないし、しないのです。じゃあ、そういう二面性があることを伝えれば良いのかというと、そういうものでもないもので、ある程度の時間をもって自分の価値観を構築していく中で、築き上げられるものでしょう。インターネットの中で容易にできてしまう行動が今後もどんどんどんどん増えていく中で、どの面をインターネットで出すことが自分にとって不利益なのかということをコントロールしない限り、アクセスを制限したって駄目なんじゃないかと思います。アクセス制限ってのはいくらでもかいくぐれるものでしょうから。なので、インターネットの中で行うひとつひとつの行動が結局どういうことなんだという認識作りをしていかないといけないんじゃないかと思いました。でも、これって大変というか、難しいだろうなぁ。多くの価値観を多くの人と共有する必要がありますからね。
じゃあ、ちょっと話を少しずらして、ある範囲の中にある、ある事柄をデータ化することが、誰にとっての有害で、誰にとっての利益なのか、について考えてみます。
例えばいつ誰が何をどうやって買ったのかという情報は、マーケティングを生業にしている人にとっては非常に有益な情報です。データ化されていることで情報として取り出せて、戦略の材料として使えるわけです。がしかし、これって例えば近所のスーパーで同じことをされていると知ると周囲の住民にとってはいい迷惑というか、食べ物ぐらいならまああれですが、本や薬といった範囲にまで広がるとすごく迷惑な話です。しかもそのデータを誰でも取り出せたりすると、もうなんでそんなことするのっ!って思うでしょう。まあ、誰もそんなことはしないんですけど、しないというのはどういうことか知っているからしないんです。こういうのってちょっと広義にいうと、自分の身近な人間関係のデータ化、もう少しわかりやすく言うと数値化ともいえます。
じゃあ、こういうことをこどもはしないでしょうか?たぶん、野山をかけまわってスズメバチと格闘したり、田んぼでザリガニと泥まみれになってたり、帰っても山盛りのご飯を食べて家族と話して寝てるような生活なら、たぶんしません。でも、携帯電話を持っているようなこどもたちはわかんないわけです。例えば携帯電話のメモリ。これって人間関係をデータ化したものです。これをクラスの中で誰が誰のデータをもっているか統計とって閲覧可能にしちゃったりとかすると、結構イタイ情報を生み出しそうですよね。メモリの量が一番多いのは誰かとか、誰がクラスの中で一番メモリされていないかとか、安易にわかってしまうわけです。そんな状態で、長い時間を複数の人間と過ごす環境にいたとすると、たぶん、ふとしたときの特別教室の理科の時間とかに自分のと周りの仲の良い友達のメモリをあわせて数値化してみて、おお何かおもしろいかも!とかってチェーンメールなんかで周りを巻き込みつつ、変なデータをつくりはじめるやつとかいそうな気がします。で、そのデータがヤバい要素も含んでいることなんて思いもせず、やってみてそのデータに振り回される環境を作ってしまうわけです。これは、データの持つ潜在能力を理解しないまま、楽しさ優先でやってしまうような一例です。でもここまで読んで思うのですが、「まあ人それぞれに色々あるのだから、そんな情報ではその人の価値なんて決められるようなもんじゃない。気にすることはないさ」って思え、そんな行為をしないのがいわゆる大人な感じがしますが、だからといって「何が悪いのか?」って問われたときに答えられる気がしません。それじゃまずそうです。だって、ふとした思いつきでできてしまうようなことを抑制する手段が、おのおのの倫理観みたいなものに依存するしかないとすれば、こどもにとってそれは問題でしょうし、それに答えられない大人ってのも問題ですよね。まあ、ちょっといじわるな人だと「そんなことをしてもそもそもの犯人が誰なのかはよく調べればわかることなんだから、やって得することは何もない。やめておけ。」と法律に抑制されるがままの人間って感じな方向付けをしそうですが、殺人とか泥棒ならそういうグレーな抑制でも自分の損益として理解しやすいからそのままでも良さそうですが(深くつっこむと止まらなそうな話なのでさらっと書きました。)、日常生活のすぐ手の届くところにある、損なのか得なのかがいまいちわかりにくいことに関しては、そんなことじゃいけません。なので、上の例にさらに突っ込んでみて核にある問題点を抽出してみることにします。
人は比較や直感を駆使して、あるものに関する価値観をつくっています。単純に言うと、考えているわけです。ポイントとしては”自分で”考えることなんだと思います。で、その考えるときにさらにポイントになるのはペースで、自分のペースでつくるのが自分の価値観になるのだと思うのです。もしあるAという事柄に関して自分のペースで価値観を判断している途中に、何らかそれに対して決断を余儀なくされる場合、人はそれがまだ未決な存在として決断、例えば何もしないとかを選択する気がします。むしろ、何もできないことを予測してその決断ポイントに近寄らないってことも考えていると思います。しかし生活の大部分において、同じ空間同じ時間を共有する多数の存在がある環境では、自分の考えるペースを保つことが難しいのです。これは日本人の性質の目立つ部分でもあるのかもしれませんが、人間は根底にそういう気持ちって持つもんなんじゃないかなと思います。(それとは別に根底にある、早い者勝ち思考がそうさせている気もします。これについてはまた後日。)となると、問題はどんどん難しくなってきました。難しいので今日はこのへんでやめておきます。

一応まとめ。いやぁ、やっぱり学校の先生ってすごいなとつくづくそう思います。そういえば、インターネットに関する制限の話を書いていたんだった。ま、まあ、インターネットとはいえ、根本は同じだということです。
あと補足的に、僕は携帯電話が悪いとも思わないですし、今の教育否定しているわけでもありません。否定できるほど理解できていませんし。

Various topics had come out from the minor's action limitation in the Internet up to now. The Parental Control is fairly thought ahead. I think it is probably serious when it is, and needs measures at these four stages with an individual level, a home level, a school level, and a social level when thinking for a moment.
However, I have the doubt whether it is really effective to make the mechanism so as not to allow it to access on the other hand. Then, it thought what of this problem became a point.

First of all, the Internet is a huge mechanism (making the fact in a virtual society data in some regards and accumulation). There might be a person "No, I am enjoying the net shopping", too. It understands as an individual when thinking by assuming that this is a real space though it is the one that respect of enjoying it stands out remarkably. If it knows it is assumed that there is a certain, happy somehow building, and is recorded all actions in that in detail, can it enjoy to assume it to be good?It is story. I am impossible. However, the building might be able to consent probably for instance if it is the passage mere one in there is no necessity in the rest room. Whenever can the action and the action done by the advance in technology and an increase in the user and the use time increase, the building approaches the hotel and the apartment house if it compares it though might have been such feeling the Internet several years ago. Can you restfully spend it at the hotel where even my breathing of sleeper is recorded?It might be indeed impossible.
Whenever the age is piled up, man begins to put out himself to the table. It is felt that it tends not to attach too much importance to to going out rather than beginning to put it out. However, thinking that it is a disadvantage for me putting out never shows, and thinks a good meaning to be by me with such two character in a bad sense. The child who is at so-called at the term of growth thinks about the existence of these kind of things. Then, it might be the one built up while whether it only has to tell such two character to be having some time in the one that is not as such and constructing my sense of values. Even if the access is limited as long as it is a disadvantage to produce which face by the Internet when the action that can be facilitated in the Internet will increase fast fast in the future for I is not controlled, I think it might be useless. Because the access limitation might be the one with the evasion method. It is necessary to do the recognition making of the essence of the action done in and the Internet. However, this might be very difficult. Because it is necessary to share a lot of sense of values with a lot of people.
Then, the talk is moved a little for a moment. It thinks by what's makes the matter with a certain range data attaching whether there are harmful and a profit for whom.
For instance, information what who when how bought is very profitable information for the person who is making marketing an occupation. It is possible to take out as information by being made to data, and it is possible to use it as a material of the strategy. It is very a trouble in however and the vicinity when knowing that the same thing is done super for a surrounding resident. It is very bad though it is likely not to become a problem food it easily when extending even within the range such as books and the medicines. Moreover, it is likely to think of "Such a cruel thing is done why" if it puts it in the state that everyone can take out the data. As for such a thing, no one of course is because it knows what not doing is disregarding not done. My familiar interpersonal relationship is made data when saying to the wide sense for a moment, and this can be called when saying a little more plainly express numerically.
Then, does not the child do this?Maybe, it runs about hills and fields and, maybe, if it is life that grapples with the vespid or speaks with the family eating the meal of the heap even if worth with the crawfish in the rice field covered with mud, and returning and sleeps, it doesn't do. However, children who have the cellular phone do not understand. For instance, memory of cellular phone. This is making of the interpersonal relationship. dataThis is invented, and it seems to take statistics of "Memory whom as for whose data" in the class, to enable inspection, and to invent dangerous information. Someone or who puts away easy rapidity in the amount of the memory largest in the class whether the memories are done least?It might be not amusing in case of in such a state, being in the environment that spends long time with two or more men even if maybe, there is a child in a special classroom of casual time who begins to make strange data rolling surroundings with the chain mail feeling the acute interest in the figure because the memory of I and the friend with a good surrounding relations is additionally expressed numerically in class. And, the element's with dangerous the data containing it doesn't do, try thinking, and the brandished environment be made in the data. This is one example to do by the happiness priority without understanding the potentiality of data. However, though it thinks because it reads here「Do not decide the person's value to each person by such information worth various. Anxiously. 」It is possible to think. It might be a so-called adult not to do such an act. However, I do not think that I am answered when it is asked, "What is bad?". Then, it seems to be useless. Because if the means to control doing by a casual idea can do nothing but depend on the one like each ethics, it is a problem for the child. In addition, the adult not answered it is a problem. For a moment when it is a nasty person「Such a thing is done and it doesn't have what is done because it understands if it thoroughly examines it and gained funnily whom the one criminal is. Stop it. 」It seems to preach. Because it is easy to understand as my profit and loss in vague control if it is a homicide and it is a thief, it seems to be unquestionable (Because it is a story that seems not to stop in case of the deep thrusting, do not write here any further). However, do not leave a familiar matter that contains danger vaguely. The problem that exists in the nucleus thrusting it in the example above further will be extracted.
The person is making sense of values concerning a certain one by making good use of the comparison and intuition. It is thought that it says simply. I think that it thinks "Myself" as a point. It is a pace that becomes and a point when thinking. I think that the one made from my pace becomes my sense of values. It is assumed that the chance to determine to the matter visited in the place where sense of values is judged from my pace for a certain matter. It is likely to determine it as existence undecided perhaps. For instance, not doing anything thinks that it selects it. I think that it makes it not approach the decision point forecasting that anything cannot be done. However, it is difficult in the environment where a lot of people who share the same time as the same space exist to keep the pace that I think about. This is a feature of a Japanese character. However, I think that any man has such feelings in the basis. (It is in the basis besides it, and does the nature to make an early person winning idea done so. It is later again of this. )The problem has become difficult fast when becoming it. It stops it around here today because it is difficult.

It tentatively brings it together. After all, the teacher at the school is wonderful. And foundation is the same even though the Internet.

Because I do not think that cellular phone is bad, and do not think that free education is useless supplementing

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/75

この一覧は、次のエントリーを参照しています: グレーな抑制 / Vague Control:

» 子どもの発言と責任 〜シリーズWEB2.0①〜 from ..::..Ebony Note Syndicate..::..
若者--新時代の到来を告げる「ミレニアルズ」 18歳以上はお断り--子ども専用S [詳しくはこちら]

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)