← NOTATION | HOME | グレーな抑制 / Vague Control →

信号機 / Signal

信号機
通りの大小や周囲の人および車の有無に関わらず、信号を守ること。

僕はこのルールを1年ぐらい前から気にしています。安全を確認してから信号を確認して、その上で信号に従う感じで、少なくとも一人でいるときには守っています(誰かと急いでいるときはその限りじゃないのですが)。こんなことを何故やりはじめたのかというと、別に何っていうこともなく何となく始めました。たぶん人々がさも当然のごとく無視しているのを見てのことだと思います。自分のことを考えているうちに、この世界標準の赤青黄はどんな風に人々に影響を及ぼしてきたのかが気になってきたので考えてみました。

以下の文はほとんどが想像です。ので、常識として信じたりしないでください(笑)

日本では信号がよく使われるようになって100年近く経っています。初めて信号を目にした人たちは、それに慣れるまでの間、戸惑いがたくさんあったと思います。でも交通量を想像すると、そのせいで事故が増えたり減ったりするようなことはあんまり無かったんじゃないかと思います。この頃、信号機はそれほど効果的なものではなかったと思います。プライドが邪魔をして機械に従うことが許せなかった人とかもいたんじゃないかと思ってみたり。まあ、そんな時期が30、40年ぐらいは続いてたんじゃないかなって思います。戦争の前後では信号機を守る余裕なんてのももちろんなかったでしょうし、信号機を守ることに対する意味の無さというのが人々に根付くには十分な時間だったと思います。
その後、戦争が終わって高度成長期に突入している日本は、生への執着と死への恐怖が如実に強くなり、悪意からくる人口の減少に敏感になっていったと思います。そんな中、活発な経済のおかげで交通量が増え、悪意ではない人口の減少要因として交通事故というものが浮上してきて、色んなところで信号の重要性が認識されていきました。が、前段としての信号機不信があるおかげで、伝播するスピードはそれほど早くはなかったのでしょう。
そんな信号機不信な時代も、昭和45年ごろの交通事故死数ピーク(これは想像じゃなく本当。ここに書いてある。)を迎え、人々が自分の身の回りに交通事故の危険を感じるようになり、やっぱり信号って大切じゃないのかと心の底から信じはじめるようになります。その結果、交通事故は減少の一途をたどります。僕が子供の頃に教えられた「道路では十分に気をつける。信号は守る。」というのは、今思えばこのへんの時代だったんだなと思いました。
しかしその後、そもそも危ないから信号を守ろうと思っていたはずの人々は、この時代を経て「青ならば安全。みんなが信じる青は安全に決まっている」という危ないかどうかは関係ない気持ちを持つようになり、交通事故の減少もストップがかかります。
それから逆にまた事故数は増えていきます。そんな時期を幾年か過ごすと、体験的に青が安全であるとは限らないと思うようになります。そうなると、次は自分で安全かどうかを確かめる時代になるわけです。この頃にはずいぶんと複雑化した社会になっているので、信号機を信じたぐらいじゃその複雑さの中で安全に生きていくことはできません。タイミングの良い進化だったと思います。そのおかげで、また事故数はどんどんと減っていき、今現在に至るという感じです。
今までの時代の流れを信号機にフォーカスして表現してみると、「信号機は意味が無い」→「青は安全の象徴」→「青は絶対安全ではない」という感じです。そして今、青は絶対安全ではないから安全は自分で判断するという意識になって久しいとすると、赤の意味が薄くなっている、もしくは信号機自体の意味が薄くなっているのではと思うのです。これが僕が目の当たりにした「信号を無視する人たちの深層心理」なんじゃないかと思いました。

これが歩行中のみの意識なら問題ないのですが、歩行者の中には車に乗る人もたくさんいます。とすると、この意識が成長するとまた事故が増えちゃいそうだなと思いました(高齢化の影響もあるでしょうしね。)。
でもたぶん、意味も無く赤信号を守っている人って何かちょっと滑稽というか、それが自分の進行の妨げになろうもんなら「こいつ、こんなところで止まるなよ」って思う人も多いんじゃないかと思うのです。が、それを加速させてはいけないよなぁと思ってみたりしました。とはいえ、僕が立ち止まったぐらいじゃどうにもならないんでしょうけどね。

話は少しずれますが、「ルールは破るためにもある」って良く言われたりします。守るためのルールなのか、破るためのルールなのか、なんてのはどっちでも良いと思います。要は守るにも破るにもそれなりの理由を思いついてからそうすれば良いのだと僕は思います。もし、理由が無いなら守っても良いというか、守った方が良いことも多いだろうと思いました。守る理由が自分になくとも誰かが思いついた理由があるからルールとして存在している(場合が多い)のです。破ることを知っていながらも理由が無ければ破らないというか守る気持ちの持ちようって今の社会にはあっても良いんじゃないかと思いました。

Signal
Defend the signal regardless of the presence of a big and small, in pass surrounding person and car.

I have been observing this rule for about one year. I confirm the signal after safety is recognized, and am following the signal on that. I am defending when there is at least one person. (When hurrying up with someone, it is not that. )Especially, it started groundlessly somehow. Maybe, I think that it is because people was seen to be disregarded as a matter of course. Whether it had influenced people thought about red blue yellow of this world standard while regarding me what wind because it was anxious.

In the following sentences, most is the imaginations. Therefore, please do not believe
as common sense.

100 years have passed in the vicinity by the signal's coming often to be used in Japan. The people who saw the signal might be not puzzled until becoming accustomed to it easily and there be Mr. for the first time. However, the accident might hardly have increased and decreased because of puzzled if traffic was imagined. Recently, I think the signal to be no effective one too much. There might have been a person who was not able to obstruct by pride and to permit according to the machine, too. Such time thinks of 30?40 year because it becomes it it is likely to have continued. Of course, there was not room of the defense of the signal before and after the war, and either I think that it was enough time for being about the meaning to the defense of the signal to take root in people.
Afterwards, Japan that ends the war and is rushed into at the high growth period thinks that devotion to the life and fear to the death strengthen realistically, and it became sensitive to a decrease in the population that comes out of mischief. Traffic increased thanks to in such and active economy, the traffic accident surfaced mala fide as the decrease factor of the population that not was, and the importance of the signal was recognized in color. However, the speed that spread by the favor with the signal distrust as the former steps might not have been too early.
The age of the signal distrust is the traffic accidental death number peak in about 1970. (This is not an imagination and is true. refer this page)
It comes to begin not to be believed that receiving and people come to feel the danger of the traffic accident in its surroundings, and the signal is after all important from the bottom of one's hearts. As a result, the traffic accident keeps decreasing. I was taught in childhood. "It takes care enough in the road. The signal is defended." Because I thought that it was an age around here if it thought now.

However, people who should have thought that it defends the signal to begin with through this age because it is dangerous afterwards come to feel it so. 「If it is blue, it is safe. Blue that everyone believes is safely decided. 」Such possession of unrelated feelings dangerous, and a decrease in the traffic accident stop, too.
After that, it is opposite and the number of accidents increases. When the how many years is spent, such time comes to be thought that blue is not necessarily safe to experience. Then, the following become the ages when whether my safety is confirmed. Because it is a society that fairly complicated it, it is not possible to live safely recently by the belief in the signal in the complexity. I think that it was timely evolution. In the favor, the number of accidents is re-feeling of decreasing fast, and arriving as of now.
When focus is done to the signal and the flow in the current age is expressed, it is feeling "The signal is not significant. " -> "Blue is a symbol of safety. " -> "Blue is not necessarily absolutely safe. ". And, because blue is never safe now, I think that it becomes consideration of my judging it and the meaning of red has thinned or the meaning of the signal has thinned if it is long of safety. I thought what "Deep psychology of the people who jumped the light" this I had witnessed.

There are a lot of people who take the car in the pedestrian though it is unquestionable if it is consideration of seeing while this is walking, too. Then, think by me that did not seem to increase again if grew up this consideration the number of accidents (Might influence it by aging).
However, the person who maybe, the meaning and either is defending the red signal is funny. There might be a lot of people who think, "Do not stop in this fellow and such a place", too, if it hinders my progress once. However, I thought no acceleration of it. However, it might be useless that I halted.

"There is a rule to break it" is said well though the talk shifts a little. I think either whether it is a rule to defend or a rule to break it to be acceptable. In short, I think that I only have to do so after hitting on a moderate reason also to breaking to defend. If there was no reason, you may defend or I thought that you should defend. It exists as a rule because there is a reason that someone hit on even if I do not have the defended reason. It doesn't break it if there is no reason though it knows breaking. I think feelings that keep the rules to be important in the society today only at such time.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/74

コメント

僕も基本的に信号は守る。

なんとなくだけど、社会に適応できていないなと思っていて、それくらいは適応したいなって。

ときどき破るけど。。

あ。サンドーさん。それって逆で、今の社会に適応するとやぶることになるんじゃ・・・。なので、ときどき適応してるってことだ(笑)

あっ、そっかー。

じゃ、ちょっとだけ適応できてる感じだ。

僕も早くニュータイプを目指します。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)