← 牡丹の香り / Smell of Peony | HOME | 信号機 / Signal →

NOTATION

エスキモーの木彫り地図

NOTATIONとは、特殊な文字、記号による表記法のことである。

これは、グリーンランド東部のエスキモーの木彫り地図である。この地図には一切の記述が無い。言葉も用いてないだろう。そういう文化が発達していないからそうなのではないと思う。触覚によりすべての位置関係を把握できるということを彼らは十分に知っている。

人は様々なことを考えている。だが、それらすべてをどこかに伝えるのに、言葉だけでは不十分である。このような問題を抱えたまま、人間は今まで発展してきたわけではない。だが、人間のすべてがその問題に直面し、何らかの方法でそれを解決しているわけでもない。何かを伝える表現として、今、僕の前に現れたNOTATIONという言葉を深く知る必要がある。

地図というものはそれ単体だけではまったく無意味である。それらを必要とする人がいてはじめて、NOTATIONとして機能する。NOTATIONというもの自体は万能ではない。だが、言葉には無い何か、その人の心の一部が見え隠れしている。では、建築においてのこれは、果たして万人に伝わるのだろうか。

建築におけるNOTATIONとは非常に意味深いが、その空間を訪れる人にとってその存在を気づかせないものである。だが、これをやめてしまった空間は"空"となる。

空間とは、人やモノが作り出すものである。建築とは、その空間にフレームを与えるだけにとどまるのではなく、人と時間のプログラムでもある。このプログラムを表現するためにNOTATIONは模索され続ける。

ということだそうな。いやぁ、懐かしいシリーズ第一弾。これ、僕が大学の課題の中で考えていたことです。10+1という雑誌のNOTATIONっていう特集を読んで、こりゃ大変だ!って思ったのを思い出しました。もちろん、未だにわかってはないです。この頃とは少し捉え方は変わってきてるかもしれませんが、基本は変わらずです。NOTATIONっていうのはすべてのものに含まれる要素で、人が何かから感じる何かに対して何を思うかを考えた末にものに含めるものだと思ってます。「何」が多いですね。

とりあえず、この木彫りの地図を見てみたい。

the wood-carving map of the Eskimo

NOTATION is notation with a special character and a special sign.

This is the wood-carving map of the Eskimo of eastern Greenland. There is none of all description in this map. Probably, language is not used, either. I think that it is not because such culture is not developed. They fully know that all position relations can be grasped by the tactile sense.

People consider various things. But, just language is inadequate although all they are told to somewhere. Man has not necessarily developed until now, with such a problem having. But, not all the man has solved it by a certain method in the face of the problem. It is necessary to get to know the word "NOTATION" which appeared before me, deeply now as expression which tells something.

A map is [ its simple substance ] completely meaningless. It functions as NOTATION only after there are those who need them. The thing itself called NOTATION is not omnipotent. But, a part of heart of something that is not in language, and its man is becoming invisible from time to time. Does this in construction get across to everybody sure enough?

Although NOTATION in construction is very meaningful, the existence is not made to notice for those who visit the space. But, the space which has stopped this serves as "empty."

People and monochrome make space. Because construction gives a frame to the space, it does not remain, but it is also the program of people and time. In order to express this program, it continues groping for NOTATION.


It is saying. It is the first nostalgic cartridge of report series. This is that I thought in the subject of a university. The special edition of NOTATION of a magazine called 10+1 was read, and it remembered that it was surprised. Of course, NOTATION does not yet understand something. These days, foundations are the touch not changing although how to catch a few may have changed. I think that NOTATION is what is included in a thing after considering what is considered to something that is the element contained in all things and people feel from something. There are too much "what." *.*

I would like to look at the map of this wood carving for the time being.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/73

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)