← 合理化と複合化 / Rationalizing and making to compound | HOME | 存在の耐えられない軽さ / NESNESITELNÁ LEHKOST BYTÍ →

ウェブ進化論 / The web theory of evolution

梅田望夫さんのウェブ進化論を読みました。とてもすんなり読める内容で面白かったです。本に対するやや客観的な感想としては「きちんとまとまっていて良い内容だな」って感じでした。
僕は仕事柄ウェブに触れている時間が多いこともあり、これを読む以前から今後のウェブについては何となく考えていて、こうなればいいのになぁってのはポコポコとあったりしました。今後このポコポコを何らかの形にしていきたいですが、その前に、この本を読んだおかげでそのポコポコ浮かんできた元を僕もちょっとまとめてみようと思いました。梅田さんにありがとうございますです。

さてウェブでは今、Web2.0だ!いや、そんなのは言葉だけだ!いやいや、実際あるじゃん!と色々と言われつつも、新しいサービスが次々とつくられているわけです。色んなサービスができるのは良い事ですが、僕的な今後の展開について必要かもと思うことは以前の記事でも少し書きましたが、牽引・浸透させる手段を考えていく必要があって、このときに書いた方向での思考は、誰かがやっていかないと駄目だろうなと相変わらず思っています。Googleの言葉を借りれば、世界政府がやるべきなんでしょうね。
他にも色々あるのですが、僕の思考の元には何があるのかという自問自答をしてみました。答えは、(あやふやな所が多く明確ではないかもしれませんが)人間は人間であろうとするもの、といういつものっぽい結論が待っていました。

人間はこれまで色んな発明をしてきました。エジソンが蓄音機や電話やレコードプレイヤーをつくったり、レジナルド・フェッセンデンっていう人がラジオをつくったり、そのうちテレビができてみたり、自転車・自動車・機関車・新幹線・飛行機と挙げればキリがないです。これらの大発明品というやつのほとんどが、人と人の距離を近づけるためにつくられた(もしくは結果的にそうなった)と僕は思っています。
今はそこにいないのに遠くの人にこの声を届けることができる。今はそこにいないのに遠くの人にこの風景を届ける事ができる。驚くでしょ?驚くよね?
そんな気持ちから色んな発明品は生まれたんだと思います。
では、発明した人は何故そういうことを感じたんだろうともう一歩突っ込んで考えてみました。

「昔は今ほど物があふれていなくて良かった。今では資本主義的な世の流れから人は物欲に支配されている」なんてちょっとネガティブな思想が見えたりする今の世の中ですが、発明されたものが持つ本質は昔から変わっていません。そもそも、人間は自分以外が発する要素を自分で感じられる距離に置く事が、人生において自分が驚く(感動と言っても外れではない)ための一つの手段であると感じているのではと思うのです。そして、その手段を極力多く実現し、驚きを他の人と共有しようとする事がコミュニケーションに繋がると心の奥底で感じていると思うのです。それがまさに人間が人間であろうとすることなんじゃないかなと思います。
ただ、ものの本質はそのものが浸透すればするほど、その物と人間や他の物との関わりが多様になりすぎて、本質以外に付与したものが目立ち始めたりします。そのあたりは人間の欲望メカニズムにも大きく影響されていると思われますが、話がややこしくなりそうなので今回はとりあえず置いておきます。
本質以外のものがいくらついたとしても、発明されたものの全ては人間にとって大きな役割を担い続けていて、ウェブにもそういった担っていくはずの役割があると思っています。今までの社会では不可能だった事の一つ(かそれ以上)がその役割になるわけです。

で、僕が思うその役割とは、その瞬間の全人類のことを知る事ができるということです。いわゆる歴史や研究として、過ぎ去った全人類を今まではとらえてきましたが、今のこの瞬間を歴史の中にいれられるとすると、人間は自分たちのことをもう少しわかるようになるんじゃないかと想像していたりします。さらに、この時代以降の情報群は世代を超え時代を超え蓄積されてもいきますので、今までよりも深く知るきっかけは多くなっていくのではないかとも思います。
で、こっからは妄想ですが、それをもって人間の内面に対して改めて驚いて(それをもってコミュニケーションして)いければ、人の人に対する信頼や愛情は今よりも大きくなっていくんじゃないかと思います。現状、思い悩むほど「混沌とした現世だ」なんて考えている訳ではないですが、いつ崩れるともわからない世の中ではあると思うので、色んな事に関して、もう少し良い折り合いの付け方ができるようになっていくんじゃないでしょうか。

と、同時に危惧もあります。これからもしかすると自分の家のことが数多く残っていくかもしれない訳です(僕はそう思っています)。その中では僕たちがあまり触れた事のない、自分の親やさらにその親たちのリアルな姿をありありと感じる事ができます。例えばですが、今までは親の事を自分のことと同じ人間であると感じる年齢というのがありました。大体は仕事をするようになったりして感じるものです。しかし、今後は子供が自分の親が自分と同じ歳だったことがありありと目の前に現れ、そこに自分を重ねてみたりするわけです。それが良い影響を及ぼす事も考えられますが、悪い影響もきっとあるでしょう。それを良しとするか悪しとするかは、慎重に考えていかないといけないでしょうね。

何だか書いてみてまとまったんだかまとまってないんだかわかりませんが、久々に記事を書けたという事で良しとします。

The web theory of evolution of Mochio Uchida was read. It was interesting in a very legible content. As my objective impression to this book, it is "It is a book on the content that you may be settled neatly. "
I have some images that it thinks variously, and it only has to become there might be a lot of time to touch the work handle web so about the web from before reading this to the future. These will put together one's thoughts on some shape in the future I was going also to put together one's thoughts ahead of that though I wanted to be by the favor that read this book. Thank you for Mr./Ms. Umeda.

Well, service new though it is variously said now, "Web2.0 is wonderful", "No, it is only such a word", and "It is actually with hesitancy" in the web is made one after another. The thing that various services arises is a good thing. Thinking the development in the future that I think about to be necessary has the idea of the means to infiltrate by pulling it of the article before however though written a little. It is thought that the idea in the direction written by this article might be useless if someone doesn't do. If it borrows the word of Google, it might be what world government should do.
The answer of asking oneself was done. what you were here in the root of my ideaIn the answer, man was a conclusion of done one even though it manned.

Up to now, man has invented color. Edison can make neither the phonograph, the telephone nor the phonograph, Regenald Fessenden make the radio, the television sooner or later be done, and there is Kiri with the bicycle, the car, the locomotive, Shinkansen, and the airplane if it enumerates it. I think making (Or, became consequential so) for most of the guy named these large inventions to bring the distance of the person and the person close.
The person in the distance can deliver this voice to not being there now. The person in the distance can deliver this scenery to not being there now. "Will it be wonderful?" and "It is wonderful" I think that the color invention appeared from such feelings.
Then, the person who had invented it thought by thrusting it by another step why you felt this.

"You may not have overflowed the thing now in old times. The person is ruled from the flow of a capitalism world by worldly desires now. "
The essence of the invented one has not changed for a long time though it is the current world where such negative thought is seen. To begin with, I think that man feels the thing put on the distance in which the element where people except me originate is felt for myself one means because of the surprise of me (It is not coming off even if it is said that it impresses) in the life. And, I think even if it is felt that a lot of the means are achieved as much as possible, and trying to share the surprise with other people leads to communications in the deep recesses of the mind. It is that man does exactly even though it mans.
However, the essence of the one the more it infiltrates the one, the too much more various becomes relations among itself, man, and other things, and begins to stand out what given besides essence. It puts it for the time being this time though it seems that it also is greatly influenced around of that also by man's desire mechanism because the talk seems to become confusing.

It thinks everything to keep playing a big role for man, and for such a role that is sure to be played to exist also in the web though it was invented no matter how the one other than essence attach. One of the impossible things (more than) becomes the role in the current society.

The role that I think of is to be able to get to know the momentary all mankind. Up to now, the person has caught the all mankind who passed away as a so-called history and a research. If now is caught as a history, man imagines that it comes to understand them a little more. In addition, even if it is accumulated in detail exceeding the age exceeding the generation, the information group since this age lives. Therefore, the chance to know trows ..being likely to increase.. stern more deeply than the current.
And, it is thought that trust and love to person's person grow more than now if it is possible to go in man in surprise (It has it and the communication is done) to renew with it. Current state "It is chaotic this world" of worry Come not to be able a good a little more way because it is thought that it is a world that doesn't understand when collapsing to put the agreement for the color thing though not thought.

At the same time, there is misgivings, too. A lot of future families of me will remain as a record. Its parents whom we have not touched so much in that and I can clearly feel the parents' real appearances further. For instance, there was an age of of the current feeling of parents' things that it was same man as me. It is the one felt after it begins to work roughly. However, the child used to be the same Sai my parents as me, shows up to it is and the presence, and I will be seen there repeatedly in the future. It is likely to be thought the influence that it is good is exerted, and there to be surely a bad influence, too. It is likely to have to think whether to assume whether to assume it to be good to be bad carefully.

It is assumed it is good in the thing that the article was able to be written after a long time though it writes, and whether it settled is not understood.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/64

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)