← 茂木健一郎と佐藤雅彦 / Kenichiro Mogi And Masahiko Sato | HOME | 牡丹の香り / Smell of Peony →

皆が僕を忘れる理由 / The Reason Why Everyone Will Forget Me

ある夫婦と会う。

旦那・嫁「はじめまして。」
僕「僕は二人ともよく知っているよ。」
旦那「え、そうなの?」
僕(嫁を見ながら)「うん。よく知ってる」
旦那「うーん・・・誰だっけ?」

あ、なるほど。これはあれがいけないんだな。

と思い、目覚める。

そうそう、こっちの、僕の部屋に起こる嫌なことが原因なんだ。これを乗り切っておかないと、皆は僕を忘れちゃうんだよね。しかし、いつ起こるんだろう。今起こると嫌だなぁ。

と思い、隣の部屋を見る。

眠る前とは様子が違っている。鏡の角度が変な向きに・・・すでに誰かが侵入してきてる・・・。

んなわけない!ってところで我に返る。鏡を良く見たら、角度が違うと言うよりも、いつも見ない角度からみた鏡でそう見えただけでした。今日見た夢と寝ぼけ。怖かった・・・。

ちなみに、夢の中の夫婦は寝ぼけの中では、旦那が僕の左手で嫁は僕の右手でした。

It meets a certain married couple.

Master and bride: "Nice to meet you. "
I:"I know both well" The master: "It gets, and it is so. "
I:(While seeing the bride. ) "Yes. It knows well. "
Master: "It is not possible to recall it. "

Indeed,This shall not be that.

It solves and it thinks, and it awakes.

An unpleasant thing that happens in my of this room is a cause. If this is not got over, everybody forgets me. However, it is likely to happen when. It is unpleasant when happening now.

A room next door is expected to be a desire.

The appearance is different before it sleeps. The angle of the mirror has changed. Someone has already been invading.

There is no such a thing. It thinks, and it returns to me. It only saw it so with the mirror seen from the angle not seen saying when the mirror was seen well angled different. It is half asleep with the dream of seeing today. It was scary.

It was my right hand that the master was a bride in my left hand. the married couple in the dream by the way

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/71

コメント

ひろくんの夢の話、おもしろいね。 ちょっと、ホラーかSFはいってるよね。 見てる本人は必死かな?

必死というか、まあ楽しんでるかな。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)