← ウェブ進化論 / The web theory of evolution | HOME | パナピンコ / Panapinco →

存在の耐えられない軽さ / NESNESITELNÁ LEHKOST BYTÍ

ミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」を読みました。1968年のチェコスロバキアを舞台に、多くの浮気をする夫と、浮気を見ぬ振りをする妻を中心とした人間模様を描いた物語。さらにそれを哲学的論点から著者が分析して、ところどころにナレーションをいれている作品です。
この本、とても面白かったです。考えたことや驚いたことがたくさんありましたが、一番の関心はキッチュ(俗悪なもの)についてです。ほとんどの人間はキッチュな意識を持ち、自分を正当化するため自分の周りも含めて正当化しているのかもと思いました。どういう事か、著者の本意からは外れているかもしれませんが僕的な意見を書いてみます。

著者の哲学論の中で著者が子供の頃に、「もし人間が神に似せられてつくられたのなら神は腸を持っていて排便をする」「もし神が排便をしないなら腸を持っていないことになり人間は神に似ていない」という、その昔議論されていたらしい問題に自分の中で直面したそうです。この問題はその神を信じるものからすれば神に対する冒涜的なことです。しかし、その神に対する信仰心の無いものからの質問に答えるためには真実を知る必要があります。しかし、やはり冒涜なので無理です。そこで信じるものたちは神が排便なさらないとしていたそうです。これこそがまさにキッチュというわけです。もう少し付け加えると、著者は神を信仰していた訳ではないのにも関わらず、これを冒涜であると感じたそうで、キッチュというのは信仰心に関係なく人間の中にあるのだと感じたようです。少し前の日本に置き換えると、アイドルはトイレにいかないってのと同じ話ですね。

で、生きていく上でまさにキッチュを感じる瞬間というのは、まさかそれがキッチュであるとは思っていないが、ふと少し考えるきっかけがあるとわかるこのキッチュというものは、大なり小なり生活の至る所にありそうだと思いました。そしてこのキッチュがある場面では人間の思考を妨げる原因になったりもするんでしょうね。生きるためにはキッチュが必要そうですが、最低限のキッチュでいたいもの・・・なのかどうかは、まだ、僕の中ではキッチュという概念が根付いたばかりなので、もう少しよく考えないとはっきりとはわかりません(苦笑)

あと、「真実に生きること」について少し。物語の中の登場人物で愛人関係にある、フランツという男性とサビナという女性がいます。この二人はそれぞれ「真実に生きること」を重んじて生きていますが、結果としては正反対でした。

女性の思考はこうです。

サビナにとっては真実に生きるという事、自分にも他人にもいつわらないということは、観客無しに生きるという前提でのみ可能となる。われわれの行動を誰かが注目しているときには、望むと望まないとにかかわらず、その目を意識せざるをえず、やっていることの何ひとつとして真実ではなくなる。観客を持ったり、観客を意識する事は嘘の中で生きる事を意味する。(中略)自分のプライバシーを失う者は、すべてを失うと、サビナは考える。そしてそれを自分の意志で放棄する者は異常である。そこでサビナは自分の恋をかくさねばならないことを苦にはしない。逆に、そうしてのみ「真実に生きる」ことができるのである。

男性の思考はこうです。

フランツのほうは逆に、人がプライベートなときと公の場でまったくの別人になるという、個人の生活と公人としての生活の区分の中にあらゆるいつわりの源があることを確信している。彼にとっては「真実に生きる」ことは個人と公人の間の境をとり払うことを意味している。そして秘密は何ひとつなく、誰でもが見ることのできる「ガラスの家に」住みたいというアンドレ・ブルトンの文を喜んで引用するのである。

サビナは観客をつけないためにプライバシーをかくす事で真実を生き、フランツはプライバシーを全ての人と共有することで真実を生きているわけです。で、この「真実に生きる」こと、僕はどうしているんだろうって考えたりしました。キッチュにも通ずる話のような気もします。これも難しい。でも、結果はどうあれ真実に生きたい気がするので、咀嚼していこうと思いました。

あと最後に、人間が人間であることの一番の理由は、自分自身の存在に気がついている事であると、著者は本の中で表現しています。簡単に言うと、鏡を見て自分であると認識できれば人間であるということです。 必要十分な条件ではないかもしれませんが、なるほどなぁと思いました。そして全てでは無いですが、だから他の動物は人間から無償の愛を受け取る事ができるのです。となると、人間間の無償の愛は?と考え始めましたが、まとまりきっていないのでまたそのうち。

"NESNESITELNÁ LEHKOST BYTÍ" of Milan Kundera was read. Story that drew human drama that centers on wife who pretends to see neither a lot of husbands who have an affair nor fickleness in Czechoslovakia of 1968. In addition, it is a work that analyzes it from a philosophical point under discussion by the author, and puts the narration in some places.
It was very interesting. this bookAs for kitsch (vulgar the one), my best concern is though there were a lot of ideas and whats to be surprised. To have kitschy consideration, and to justify him, most men justified or trowed original including his surroundings. A servant opinion is written though it is likely to come off from author's real intention. what kind of thing it is

It seems to have been confronted with a certain problem in the philosophy theory the author in childhood by yourself. "It has intestines and the god defecates if man was modeled by the god and made by him" and "If the god doesn't defecate, it will not have intestines and man doesn't look like the god" This problem is blasphemous to the god from the one to believe in the god. However, it is necessary to know the truth to answer the question to the god from a no potato of the faith. However, because it is still a blasphemy, it is impossible. Then, the one who believed seem to have been assuming that the god did not defecate. Only this is exactly kitsch. It seemed to have been felt that the author seemed to feel this a blasphemy when he or she added it a little more though the god was not believed in, and man had kitsch regardless of the faith. The idol is the same story as not going to the rest room when a little saying in the book the day before.

At the moment when kitsch was exactly felt in living, I surely more or less thought this understanding kitsch seemed to be at every step about life though it was not thought that it was kitsch when there was a chance to think a little by chance. And, it might cause man's idea to be disturbed in the scene with this kitsch. It doesn't understand clearly if it has not been thought yet whether it is painful in minimum kitsch in me a little more often because the concept of kitsch just took root though kitsch seems to be necessary to live. *.*

It is a little of "Live in the truth". There is a woman named the man named Franz who exists in the mistress relation in characters in the story and Sabina. As the result, it was an opposite though these two people valued "Lived in the truth" respectively and were alive.

The woman's idea is a long ages.

Not pretending even to the thing, I of living in the truth for Sabina, and others becomes possible only by assumption of living without the spectator. It becomes not true as what of cannot help no relations, the consideration of the eyes, and doing of no hope the hope when someone is paying attention to our behavior one. It has the spectator, and considering the spectator means living in the lie. (omission)When the person who loses his privacy loses everything, it thinks about Sabina. And, the person who abandons it at the will of me is abnormal. Then, it is not worried that Sabina should conceal my love. Oppositely, "Live in the truth" can be done only and.

The man's idea is a long ages.

It has been convinced that there is a source of all lies in the division of the life of the individual that the person becomes a complete another person oppositely in private time and a public place as for Franz and life as the public figure. "Live in the truth" means taking the boundary between the individual and the public figure and payment for him. And, the secret is not what one, and quotes Andre Breton's like "House of the glass" living where everyone can be seen sentence with pleasure.

Sabina lives in the truth by concealing privacy because it doesn't apply the spectator, and Franz is ..truth.. alive because it shares with all the people of privacy. I thought that I might be why. It passes and the nature like story is done to kitsch. This is also difficult. However, I thought that it chewed of the result because it got rough very and it felt as lived in the truth.

The author is expressing the best reason for man man in the book as the thing at the end to notice own existence. It is man if it can be recognized that it is me by seeing the mirror. It indeed thought of though no do be known of a condition it necessary and intimately either. And, other animals can receive from man therefore though it is not all. Free love between man : when becoming it. Again sooner or later though it began to think because it doesn't finish settling.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/65

コメント

僕はかろうじて自分を認識しているので、”人間”ってことだね。

“人間”になりたいのか? “上の”人間になりたいのか? そのあたりで人は悩むのかなと。

キッチュって、ある範囲の中の人間が暗黙の了解で守っているルールみたいなものな気がする。たとえば、神様の排泄とか、家のしきたりとか。だから社会生活をする上でほとんどはキッチュで、その範囲つまり、その「人の組織体」がその人にとって重要かどうかでキッチュ度合いが変わってくるような感じかなあ。

>サンドーサン 僕同様、立派な人間ですとも。

>アキコチャン 重要かどうかか、なるほどね。 そうだなぁ、僕的には、自分として具体的にどういうものなのかが捉えられないこと(例えば、動物に対して抱く無償の愛とか、国のように測りきれないぐらい巨大なものとか)かどうかっていうことで、キッチュがあるか・ないかが決まっている気がするよ。重要かどうか測れる事柄だとすると、自己の要望が含まれていて、すでに純粋なキッチュではなくなっている気がするかも。

まあ言葉の定義だけの問題かもしれないけどね。

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)