← 意思と言い訳 | HOME | 皆が僕を忘れる理由 / The Reason Why Everyone Will Forget Me →

茂木健一郎と佐藤雅彦 / Kenichiro Mogi And Masahiko Sato

今日は友達に誘われて、青山ブックセンター本店に講演を聴きに行ってきました。茂木健一郎さんと佐藤雅彦さんによる、「アハ!体験 ひらめきってなに?」という、茂木さんが書いた「ひらめき脳」という本の刊行記念の講演会でした。

茂木さんはクオリアというものに新しい価値観を見出している人。脳科学をやっている人です。
佐藤さんはもともとCMをつくっていた人で、紆余曲折あって今は東京芸大の教授をしているそうです。最近だと毎日新聞でやってる日本のスイッチとかNHKのピタゴラスイッチなんかが有名ですね。もともと慶応のSFCに研究室を持っていました。

僕が佐藤さんのことを知ったのは、4年前ぐらいに毎月新聞という日本のスイッチの結果をまとめた本を買ったのがきっかけでした。その当時、僕の周りには「●●さんって凄い」「尊敬するのは○○さん。」というような思いを持った人がたくさんいたのですが、僕は人の名前を覚えるのが苦手なのもあるのですが、ぱっと見て「凄い」と思えるほどその人のことを理解できなくて、「この人が凄い」っていえる人がいませんでした。単に知らなかったというか、勉強不足だったような気もしますが、強いて言うなら、山本耀司さんと磯崎新さんはそうだったように思います。でも、この両者とも、僕の中で解釈をしてみるというチャレンジをせずに、良いと感じるのみの状態でいたと思います。で、僕的には人生初の「この人凄い!」って思ったのが佐藤さんでした。どうしても、「この人とゆっくり話をしてみたい。」と勝手に思ったものでした(今でも思っています)。
一方、茂木さんのことは、確か去年初めぐらいに友人から「茂木さんって人が凄いんだよー。クオリアっていうものを研究している人で・・・」って聞いて、今はやめてしまったQUALIAという製品群が気になっていた(コンセプトを読んだとき、ぞわっとしたのを覚えています。)僕は、少し調べて茂木さんがSONYの研究所の人だということを知り、彼のブログを読むようになりました。

という僕がおもしろいと感じている二人の講演会だったので、多少無理しても行くことにしたわけです。

で、全体を通して印象に残っているのは、佐藤さんは質問に対してたまにピタっととまる一瞬があることと、茂木さんは想像以上に話をする人だということでした。二人は少し噛み合っていないような印象もありましたが、僕の妄想の中では、二人の人間関係はまだ始まったばかりでそのあたりの探り合いと時間の制約のため双方が踏み込めていないのかなぁって勝手に思っていました。

内容的には、佐藤さんの子供の頃の話はおもしろくて、周囲の人を教育することばっかりを考えていたそうです。その結果、周りにいた同い年ぐらいの子供たちは自転車に乗れるようになり、不良たちは漢字練習とかをして良い成績を残すようになったそうです。結果を導くための経路と対象に対する動機付けを考えて実行していたみたいです。非常に理にかなっているのですが、そこに興味を抱いて行動してしまう子供。末恐ろしいってこういうことだなぁと思いました。あとは佐藤さんがものをつくる中で感じてきたことを話してみたり、茂木さんがその佐藤さんの脳を分析していたりといった感じで楽しい時間でした。佐藤さんが言っていた「くらくらすること」っていうのは、まさに人生に驚いた瞬間の一つなんだろうなって思いました。
そういえば、佐藤さんは高校3年間テレビを全く見なかったそうです。そのときの感覚が、その数年後ルービックキューブを触っているときに頭の中によみがえって考えることとかやることがかわったそうです。関係ないですが、僕はまともにテレビを見なくなって確か5年目ぐらいです。そろそろ買った方が良いのかなぁ・・・地デジとかパソコンテレビとかもあるしなぁ・・・。

最後に質疑応答があって、ちょっと聞いてみようかなって思ったんですが、いや、この質問はこの講演会には関係ないんじゃ・・・と思って少しためらっていたところ、そろそろ最後ってときにはっと気がついたら挙手していました(笑)。
「人間が人間として行う活動の根本にあるものは何だと思いますか?」と聞きました。一瞬場内が、しーんとした気がしました(笑)。いやぁ、講演会慣れしていない上に上がり症の僕としてはとても緊張でしたよ。もっと言うことに確信が持てていれば緊張なんてしないんですけどね・・・。(「確信が持てていれば緊張しない」と書いていて、この前友達と話していたことを思い出しましたが、また今度にします。)
佐藤さんは、コミュニケーションに絡んだ何かじゃないかなって言っていたように思います。茂木さんは、自分の中のモンスターを制御して行うようなことなんじゃないかなって言っていたように思います。緊張しちゃって良く覚えていないのが本当のところですが・・・。何となくの印象としてですが、佐藤さんの言うコミュニケーションへの欲求の存在は、同じかどうかはわかりませんが僕も同様で、「我思う、故に我あり」以外の自己のあり方を感じている僕としてはとても嬉しかったです。「誰の中にもモンスターはいる」という茂木さん理論は、デザインというものを狭義には考えられない&人間やれば何でもできるはずと思っている僕にとっても、大賛成な考えでした。しかし、何だか唐突に聞いてしまった気がして、ちょっとお二人に申し訳ないような・・・まあ、聞いてしまったもんはしょうがないです。ありがとうございますです。でも、やっぱりああいう場ではなく、もっとちゃんとお話ししてみたいと改めて感じました。自分が凄いと思っている人と話をすることはとても良いことなんだと思いますが、凄いと思っている遠い立場での自分の思考は、普段の思考とは違うものになりそうだし、もっと素に踏み込んで話をしたいと思った次第です。がんばろうと思います。

茂木さんのサイン

It is invited by the friend, and it has gone to Aoyama book central headquarters to listen to the lecture today. Kenichiro Mogi and Masahiko Sato "Aha. What is the experience flashing?" Mr.Mogi was a lecture meeting of the publication commemoration of the book written "Flashing brain".

Mr.Mogi is a person who finds new sense of values to the one named QUALIA. It is a person who is doing the brain science.
Mr.Sato is a person who was originally making CM, and twist and turn is and, now, seems to teach Tokyo University of Arts. Incredible Machines and switch of Japan that does in Mainichi Shimbun or NHK is famous when recent. It originally had the laboratory in SFC of Keio.

I knew Mr.Sato because I had bought the book that had brought the result of the switch of Japan named the newspaper together every month four years ago. At that time, the person was not able to have been understood by my desire by glancing, "It was wonderful", and nobody can have said, "This person is wonderful" though there were a lot of people who had the desire "Mr./Ms.blablabla was wonderful" and "It is Mr./Ms.blablabla that respected" in my surroundings. Yohji Yamamoto and Arata Isozaki thinks it was so if it says forcedly. However, I think that it was in the state only of feeling without challenging, that is, interpret it in this both and us as good. It was Mr.Sato that and I thought, "This person is wonderful" for the first time in the life. It was what (Think still) thought to be "I want to talk slowly with this person" without permission by all means.
On the other hand, I who was anxious about products named QUALIA that had been stopped (When the concept was read, and were remembered) examined a little, it was gotten to know that Mr.Mogi was a person in the laboratory of SONY, and Mr.Mogi came to read his Brog certes hearing "Mr.Mogi's person was wonderful. The person of QUALIA who was researching the said one" from the friend at the beginning of last year now.

I decided to go even if I overworked somewhat because it was a lecture meeting of two people felt
interesting in the way above.

In the remainder in the impression through whole, there was a moment when Mr./Ms. Sato often stopped to the question, and Mr.Mogi were the people who talked more than the imagination. In my delusion, two people thought the interpersonal relationship of two people to be able whether just to have still started, and for both the search for feelings each other and the restriction of time to depress it though were the impression that did not engage a little either.

Substantially, it was time happy by feeling of speaking the feeling of Mr.Sato of the one while making it, and Mr.Mogi's analyzing the Mr.Sato's brain and arriving. Mr.Sato thought said "Do feeling dizzy" to be a life exactly might one of the moments when it had surprised it it because it became it.

There was the question and answer at the end, and I thought whether heard or I did what. I was raising my hand when noticing when seeming finish slowly.
It was heard, "What the one that existed in the foundation of the activity that man did as man do you think?" The hall did momentarily and the nature did. It was not the lecture meeting accustomed and I with the going up syndrome was very tension. With the conviction in saying more, can it strains and it doesn't do. (It was recalled to be writing, "With the conviction, can it is not strained", and to have spoken with this former friend and makes it to this time. )
I think that it says Mr.Sato isn't something that twines round communications. Mr.Mogi thinks that it says that it controls the monster in me and does. As a matter of fact, it doesn't remember clearly because it was strained. I who was also similar I, and felt own ideal ways other than "I am trowing I" was glad though the existence of the desire to communications that Mr.Sato said did not understand the same. The theory by Mr.Mogi "Everyone also has the monster" was an opinion that large agreed for me who thought that it was sure to be able to do anything if it designed to the narrow sense between catching but the people.
However, it apologizes to think that an abrupt thing has been heard to the couple for a moment. The one that had been heard cannot be helped. There is thank you. However, it was felt that it was not that place after all, and a story wanted to be told more neatly because it renewed. I think talking with the person who thinks that I am wonderful is very good. However, it seemed to become the one different from a usual idea, and I wanted to talk about its idea in the far standpoint thought to be wonderful depressing it to the source more. I think that it holds out.

Mr.Mogi's sign

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/70

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 茂木健一郎と佐藤雅彦 / Kenichiro Mogi And Masahiko Sato:

» ひらめき脳 from 本の紹介ページ
ひらめき脳 [詳しくはこちら]

コメント

どうもでっす! いやぁ、ぼくもこれ、行きたかったんですけどねー。 今度お話し聞かせてくださいー。

うん。話す話すー。

ちなみに、ここで音だけなら聴けるよ。 http://kenmogi.cocolog-nifty.com/qualia/2006/04/post_67b4.html

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)