← 機能と形態 / function and form | HOME | 意思と言い訳 →

分類と抽象 / Classification and Abstraction

甥に彼女ができました。
叔父としては嬉しい限りなのですが、複雑な心境もあったりなかったり・・・。早くオープンな関係でいられるようになると良いね。両者それぞれとその相手家族との人間関係が、少しでもあるのと無いのとじゃあ大違いと思うので。

さて、「今年もはじまったばかりなんですが」と書き出そうとした記事がいまだに残っていました。「分類と抽象について、はっとしたので記事にしてみます。」とのことです。

まずはじまりは、「分類と抽象がもしかして同じことなのかもしれない。」と思い当たったことです。それぞれが全く関係の無い存在として結びつくこと無く頭の中にあったことに驚きました。そのぐらい似ている気がしたわけです。それぞれについて書いてみます。

分類というのは、ある集まった事象や物事について、個々に何であるかとかどうできているかとかなんでそうなのかとか、そういう特徴を見つけて、共通する特徴ごとに括ったりして、とにかくその群集を理解するために行う行為です。まあ、知るために行うというか、そんな感じ。

で、抽象というのは、色んな要素でできた事象や物事を分解し、基準に沿って不要な要素を取り除き、それが何であるかを見極める行為です。これもそれを知るために行うことです。

両者の違いとして思いついたことはこんな感じです。
・分類は1つの事象では行えなくて、抽象は1つでも大丈夫。
・抽象は、結果としての性質以外はあまり意味をなさない、結果が主観の表れである
・分類は逆で、抽象の結果を含みながらもそれを取り巻く要素との関係・順位(?)などが重要、結果が他の影響を受けやすい

この二つの説明を書いてみて、言い回しが違うだけなんじゃないかと一瞬思ったのですが、それこそが両者の一番大きな差なのかもしれないと思いました。つまり、僕の頭の中で結びつくこと無く今まで付き合ってきた二つの言葉に対する印象が、言い回しに表れたのかもと思いました。こういう種類の違いを感じたのは久々(初めて?)かもしれません。

僕の経験則的には、分類する過程で抽象は行われているし、抽象を行う前提として分類があるような気もするので、きちんと分けることは難しいのかもしれません。

My nephe had got a girlfriend.
As the uncle, there is not a complex frame of mind and either it exists when it is glad. It is good early a relation it open and to come to be able to exist. Because it is thought there is an interpersonal relationship of both and the other party families even a little, do not exist, and the great difference.

Well, the article that had tried to be written, "Just started this year" still remained. I hear, it was "Make it to the article because it startled it about the classification and the abstraction".

First of all, the start was to have remembered, "The classification and the abstraction might be the same thing". I was surprised there was not relating of each as existence that not was related to at all but to have existed in the head. Thought the resemblance. Of each is written.

It is an act of finding such a feature why the classification is so how it is individually made of a certain gathered event and things, and doing to tie up each common characteristic, and to understand the crowd anyway. Oh dear, to know, do you do?, such feeling.

And the abstraction are acts of the resolution of the event and things that can be done by the color element, removing an unnecessary element along the standard, and ascertaining what it is. For this to know it, it does.

Having hit on as a difference of both is such feeling.
・It is not possible to classify by one event, and the abstraction is safe even by one.
・In the abstraction, the result is too insignificant excluding character as the result appearance of the subjectivity.
・It is easy for the result to be important relation and order (?), etc. with the element that surrounds it though the result of the abstraction is contained oppositely, and to receive other influences to the classification.

I thought that only it might be the biggest difference of both though it thought momentarily it was what only writing these two explanations, and expressed different. In a word, there was not relating in my head, the impression to two words to have associated up to now appeared in the expression or original was trowed. It is after a long time to have felt such a kind of difference (first time).

I am difficult, and it is done, and because the nature with the classification as abstracted assumption is done, it might be difficult in the experience rule in the process of classifying it to divide the abstraction neatly.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/68

コメント

甥の母です。 息子はすっかりウカレております。 部屋の片付けをしろと言うつもりで、「あんたさー。」と切り出したら、「え?何?好きな人の名前教えろって言うの。」って。 聞いてない、聞いてない。

ひろおじちゃんも、恋しなさいよ~。 とりあえず。 マジでもてないのか、理想が高いのか。 このことを『分類』と『抽象』で表してみよ(爆)。

だいち、ウカレてるねー(笑) 今度行ったら僕も聞いてみよっと。

>このことを『分類』と『抽象』で表してみよ(爆)。 おっと、絶妙な切り返しだなぁ(苦笑) 僕が恋愛するには、もっと落ち着いた環境があることが大切なんじゃないかと思うんだけど、それがなかなか・・・

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)