← 加点法・減点法 / Adding point and the bad mark system | HOME | 桜 / →

マイ・アーキテクト / MY ARCHITECT

マイ・アーキテクトという映画を観ました。(英語版オフィシャルはこれ。綺麗な写真がダウンロードできます。)
ルイス・カーンという知る人ぞ知る建築家の話で、愛人との間にできた息子が父の考えていたことにたどり着きたくて、没後25年たって父の形跡をたどり、父の姿を探すっていう映画です。

この映画は映画としての全体的な質は微妙で、特別な空気感が強いわけでもなければ、すごくエキサイティングでもないし、すばらしい建築をありのままのすばらしさをもってたくさん紹介するような映画でもないです。(若干、すてきなシーンもありましたが)もはや娯楽ともとれなくないような映画なんですが、映像としての記録という面では本当にすばらしいと思います。存在させたことがすばらしい事だと思います。

僕はこの映画を観て、ルイス・カーンをうらやましいと思いました。やっぱり僕も自分がつくるものすべては愛をもってつくり、愛していたいです。これは、今までにいろんなシチュエーションでものをつくっていく中で気がついていた気持ちです。
僕とルイス・カーンの違いは、きっと彼もわかっていたことだと思うんですが、自分の愛は他人にとっては愛ではない場合があるっていう考えにいきついてもなお彼は自分の愛を純粋に貫き、僕は自分の愛を持ちながら他人とともに生きることも望んだってところだと思います。その結果、他人にとって過剰な、僕の純粋な愛の一部は僕の中では解決され過剰な部分は取り除くように考えている気がします。
(とかって書くと、なんか寂しい人みたいで誤解を受けそうですが、愛の方向や種類はいろいろあってどれが常に一番ってのは決まっていることではないってことだと思います。)
で、そんな風に考えながらもうらやましいと思えたってことは、自分のためにもう少し自分の愛を貫いても良いのかもしれないなとちらっと思いました。とか言いつつ、そんな難しいことの微調整がきちんと利くほど立派な人間じゃないっていう壁があるんですけどね・・・苦笑

あ、あと、フィリップ・ジョンソンさんが出ていました。彼は昨年亡くなってしまったのですが、ガラスをよく使った有名な建築家です。ガラスの家が好きです(というより同じ敷地にあるギャラリーが好きなのかも)。ガラスの家には諸説あるようで、ミース・ファン・デル・ローエファンズワース邸のぱくりだとか、逆だとか・・・。
ガラスのカテドラルは見てみたいなぁ。(教会にもWEBサイトがあるんですね。驚き。しかも、結構な情報量ですね・・・)
フィリップ・ジョンソンさんは僕が学生時代にきちんと知った数少ない建築家の一人です。なので思い入れもあり、会ってみたいなと思っていたのですが、亡くなったという話を聞いて、それなりにショックを受けていました。98歳で亡くなったのですが、97歳まで現役だったそうです。建築家だけに限らないのかもしれないですが、有名な方のバイタリティには驚かされます。


で、最後に。映画を見に行ったのは、渋谷 円山町にあるQ-AXシネマという映画館。ここの椅子はふかふかしてて奇麗だし、座席が広めで良い感じの映画館でした。そういや映画館の椅子って赤い所が多い気がするんですが、なんでなんだろう?興奮?じゃないよなぁ。

The movie of MY ARCHITECT was seen.
The son who made it between mistresses wants to reach the idea of father at last by the story of a famous architect Louis I.Kahn, father's signs are traced in 25 years after the death, and the movie of the content that looks for father's appearance.

The overall quality of this movie is not so good. It is not a movie that introduces a lot of construction that a special air feeling not is terrible because it is not strong and is an excitement either but wonderful to the truth either. (Somewhat, though there was a wonderful scene, too. )In respect of record as the image, I think it is really wonderful though it is already an amusement and a movie that can be taken. I think that having existed is a wonderful thing.

I thought the Louis I.Kahn to envy it because I saw this movie. I also want after all to have love by all things that I make, to make, and to love. This is feelings noticed having made the one from various situations before.
He purely still carries out his love even if khan and my Lewes difference has the idea that my love might not be love for others, and I think that living with my love with others is the hope points. As a result, a part of pure love of me excessive for others is solved in me and an excessive part thinks that it thinks that it removes.
(It is thought be variously and for any to always say the goodness to decide neither the direction nor the kind of love though it seems to receive the misunderstanding like a lonely person it when writing as stated above. )
Think by me that might not carry out your love a little more by you of and the desire as envying though thought in such a way for myself by chance. However, it is half the battle that it is not man splendid for fine-tuning such a difficult thing to work neatly ・・・ *.*

Philip Johnson had gone out. It is a famous architect who often used the glass though he has died last year. I like GLASS HOUSE. (Do you like gallery on the more same site?) It is variously certain there are various opinions in the house of the glass, and the mimicry of Mies van der Rohe's farnsworth house it or mimicked oppositely.
I want to see the cathedral of the glass. (The church also has the WEB site. Surprise. Moreover, it is excellent volume of information. )
Philip Johnson is one of the very few architects whom I neatly got to know in the school days. As such, it shocked hearing the story of having died though there was giving whole mind, too and it was not thought that wanted to meet. It seems to have been an active service up to 97 years old though died at the age of 98. It is surprised by energies in famous one though it is likely not to limit to an architect alone.

By the way, it is in the movie theater of Q-AX cinema in Shibuya yen mountain town that went to see. Softly, and the chair here was beautiful, and movie theater of feeling that the seat is good in making known. Incidently, why what though thought by chair of movie theater that there are a lot of red places? willExcitement?.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/61

この一覧は、次のエントリーを参照しています: マイ・アーキテクト / MY ARCHITECT:

» 1つの生き方、1つの死に方 映画『マイ・アーキテクト』 from 海から始まる!?
 『ボウリング・フォー・コロンバイン』や『ディープ・ブルー』『皇帝ペンギン』ほどの大きな注目を集めている作品はまだありませんが、2006年に入っても、なか... [詳しくはこちら]

コメント

ひろく~ん

もう、3月だよ~ん。

もう3月も半ばだねぇ・・・ なんか、バタバタしております・・・

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)