← 表参道ヒルズ / Omotesando hills | HOME | 新年、明けましておめでとうございます / A Happy New Year!!! →

オルファー エリアソン / Olafur Eliasson

今日は品川にある原美術館[Hara Museum of Contemporary Art]に行ってきました。

今、オラファー エリアソンの「影の光」という展示をやっています。
原美術館のWEBサイトはとても素敵で、興味をいだいていたのですがなかなかいけず、ようやく今日行ってきました。

彼は、「光ってこんな風に見えるんだねぇ」っていうのを実験的に行っていて、それをインスタレーションとして表現しているベルリンの人です。今回の展示は本当に素敵でした。室内に浮かぶ虹単純な動きなのに永遠に続いてしまうとも思える光の輪、3枚の板から現れる4色の光、見るもの全てがモノクロに見える空間、前述の輪が重なることで生まれる機械と生物の間にあるような光と、見所満載で非常に満足です。是非行ってみてください。2006年2月5日までやっています。
特にアクリル関係の人とか、照明関係の人は是非(笑)

で、今になって思い出すのですが、テーマになっている影の光。 日常で考えると光の影というのが普通ですよね。でも、光と影がどちらが先かを考えてみると、光が無ければ影(というか闇ですね)しかありません。後先は関係ないかもしれませんが、影の光っていうのも普通に存在していても良いはずです。実際は影の光っていう言葉は日常にはまずありません。
じゃあ、光の影って何?っていう事に対して、僕は「積み上げられた空間ではなく、取り除かれた空間」というコンセプトでやっていた僕の大学の卒業設計と似たものを感じました。
つまり、成り立ちが逆なんです。具体的に言うと、光を重ねて空間をつくるのではなく、影を削って空間をつくっている。となると、普通に光を操るデザイナーが考えるそれとは違う結果が出てくるのは何となく予想に難くないところです。
じゃあ、成り立ちが逆だとどう違うのか?僕が思うに、後者の削る行為ってそもそもな人間の行為に近いんです。

酔っぱらった勢いでさらに話は広がりますが、人間ってもともとあるものを削って何かをつくり出す動物だったわけです。例えば、家は
洞穴で、服は大きな葉っぱや毛皮に穴をあけたりしてつくったもの。食は未だに変わらない様子がありますが、遺伝子組み換えなんかはちょっとそもそもの人間の行為とは外れていますよね。
ぱっと見、同じ感じがするものであっても、本質が違うのですから両者に対してかなり異なった要素を感じて、純粋に「ああ、気持ちいいな」と思えたりするのも何となく想像できます。

これに関しては、結局、1年間かけて考えた卒業設計でも明確な答えは出ず、未だに考えています。強いて言うなら、人間の行為をいわゆる人工的なものも含め全て自然と捉える事もできますが、より自然に近い行為をしたときにそれが人に与える影響って大きいはずだという感じに考えています。まあ、まだまだ考えていこうと思っています。(どなたか、僕と議論しませんか?(笑))

ちなみに、2006年春にはオラファーエリアソンによるインスタレーションが原美術館の常設として設置される予定だそうです。季節や時間によって変わる光の様子をみせてくれるもので、きっと満月の光とかで見ると綺麗に見えるんだろうなぁと思ったりしています(完全な妄想です)。また、その頃に見にいこうと思います。

I west to Hara Museum of Contemporary Art in Shinagawa today.

The exhibition "Your light shadow" by Olafur Eliasson is holding in Hara Museum of Contemporary Art.

He is based in Berlin. He has explained about what we can see the light like this. This exhibition was really wonderful. Rainbow that floats indoors. Circle of light that seems to continue through all eternity though it is simple movement. Four color light that appears from three boards. Space to see black and white all seen things. The light between machine and living thing giving birth in the above-mentioned circle's coming in succession. It was very satisfactory in full loading of the viewpoint. Please go by all means. It is until February 5, 2006.

In now, I remember, is the theme of light and shadow. It is common that I think the shadow of light daily. But first and think about whether both light and shadow, shadow Without light (or rather it is dark) only. Consequences might not matter, it should present a good, even if it called usually the shining of the shadow. The shadow light of words is not normal.

So, What is a shadow of light? The things mean, I "rather than stacked in space, space was removed," I felt a similar design and was doing my college graduation in the concept.
In other words, I have the opposite origins. To be more specific, instead of repeatedly making the space light and space that form a shadow scratch. And will, and think it is common for designers to manipulate the light coming out hard to predict where the result is somewhat different.
Well, it's not like the opposite origins? My opinion, I begin with human behavior What is close to cutting the latter act.

Spread further in the story is drunk is something that was a fierce animal that create an inherent What is human. For example, in a cave house, or clothes that made the large holes in the leaves and fur. Food situation has not changed, but still, something is genetically human behavior in the first place it is a bit out of it.
Saw a flash, even if you feel the same, I feel very different for both elements is different from nature, a purely "Oh, that feels good" and somehow you can imagine and felt.

For this, after all, a clear answer in one design over the years, graduates thought happened, we still believe. If it were, but also can be considered as all natural and artificial, including those so-called human action, feeling that they thought they would have a great impact on What is it when people act more natural Masu. Oh, and I'll still believe. (Or anyone, why do not argue with me? (Laughs))

Incidentally, it is likely in the spring of 2006 will be installed as a permanent installation by the Hara Museum Orufa Eliasson. Can you show me a situation in which the light changes by season and time, and you would think I look beautiful and show Naa in light of the moon or bet (which is a complete delusion). Also, I think I'll be watching around that time.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/53

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)