オルファー エリアソン / Olafur Eliasson

THIS ARTICLE IN ENGLISH

今日は品川にある原美術館[Hara Museum of Contemporary Art]に行ってきました。

今、オラファー エリアソンの「影の光」という展示をやっています。
原美術館のWEBサイトはとても素敵で、興味をいだいていたのですがなかなかいけず、ようやく今日行ってきました。

彼は、「光ってこんな風に見えるんだねぇ」っていうのを実験的に行っていて、それをインスタレーションとして表現しているベルリンの人です。今回の展示は本当に素敵でした。室内に浮かぶ虹単純な動きなのに永遠に続いてしまうとも思える光の輪、3枚の板から現れる4色の光、見るもの全てがモノクロに見える空間、前述の輪が重なることで生まれる機械と生物の間にあるような光と、見所満載で非常に満足です。是非行ってみてください。2006年2月5日までやっています。
特にアクリル関係の人とか、照明関係の人は是非(笑)

で、今になって思い出すのですが、テーマになっている影の光。 日常で考えると光の影というのが普通ですよね。でも、光と影がどちらが先かを考えてみると、光が無ければ影(というか闇ですね)しかありません。後先は関係ないかもしれませんが、影の光っていうのも普通に存在していても良いはずです。実際は影の光っていう言葉は日常にはまずありません。
じゃあ、光の影って何?っていう事に対して、僕は「積み上げられた空間ではなく、取り除かれた空間」というコンセプトでやっていた僕の大学の卒業設計と似たものを感じました。
つまり、成り立ちが逆なんです。具体的に言うと、光を重ねて空間をつくるのではなく、影を削って空間をつくっている。となると、普通に光を操るデザイナーが考えるそれとは違う結果が出てくるのは何となく予想に難くないところです。
じゃあ、成り立ちが逆だとどう違うのか?僕が思うに、後者の削る行為ってそもそもな人間の行為に近いんです。

酔っぱらった勢いでさらに話は広がりますが、人間ってもともとあるものを削って何かをつくり出す動物だったわけです。例えば、家は
洞穴で、服は大きな葉っぱや毛皮に穴をあけたりしてつくったもの。食は未だに変わらない様子がありますが、遺伝子組み換えなんかはちょっとそもそもの人間の行為とは外れていますよね。
ぱっと見、同じ感じがするものであっても、本質が違うのですから両者に対してかなり異なった要素を感じて、純粋に「ああ、気持ちいいな」と思えたりするのも何となく想像できます。

これに関しては、結局、1年間かけて考えた卒業設計でも明確な答えは出ず、未だに考えています。強いて言うなら、人間の行為をいわゆる人工的なものも含め全て自然と捉える事もできますが、より自然に近い行為をしたときにそれが人に与える影響って大きいはずだという感じに考えています。まあ、まだまだ考えていこうと思っています。(どなたか、僕と議論しませんか?(笑))

ちなみに、2006年春にはオラファーエリアソンによるインスタレーションが原美術館の常設として設置される予定だそうです。季節や時間によって変わる光の様子をみせてくれるもので、きっと満月の光とかで見ると綺麗に見えるんだろうなぁと思ったりしています(完全な妄想です)。また、その頃に見にいこうと思います。

表参道ヒルズ / Omotesando hills

THIS ARTICLE IN ENGLISH

表参道ヒルズ

安藤忠雄さんがつくった表参道ヒルズ。賛否両論ありましたが、もう、随分とできあがってきましたね。
安藤忠雄といえば、直島の地中美術館に、いい加減そろそろ行ってみたいです。
で、いつのまにかWEBサイトもありました。

表参道ヒルズ

文字がわらわらと小気味良く動いていて良い感じです。
何となーーーくすこーーーしだけインテンショナリーズのサイトと似ている感じもありますが、中村勇吾さんがつくったのかな?いや、違うか・・・。
ロゴはタイクーングラフィックスがつくったそうです。
(タイクーングラフィックスはとても有名なのに、WEBサイトはComing Soonなんですね・・・)

話は少しそれますが、昨日、リアルフリート/インテンショナリーズ/タイクーングラフィックス/Advertising Orchestra(Craft Design Technologyをインテンショナリーズと一緒にやってるところ)の4社合同忘年会が目黒のクラスカでありまして、誘われて行ってきました。すごくたくさんの人がいました。ビンゴ大会の景品が豪華(バリ旅行とかソファセットとか)で、量もたくさんあったのですが、僕は何も当たりませんでした・・・苦笑
クラスカはちらっとしか見れなかったですが、1Fのカフェみたいなところは素敵でしたよ。次はゆっくり泊まりに行きたいです。

で、話は戻って表参道ヒルズ。表参道に面した真ん中辺に、謎の動く照明がありました。何かを表現しているのかな?と思ったのですが、特に意図がわかりませんでした。テスト中だったみたいです(たぶん)。
で、いつオープンするんでしょうね。

ドラえもん / Doraemon

THIS ARTICLE IN ENGLISH

一昨日、夢を見ました。

ちっさいドラえもんが出てきて、
「君は、この世で唯一の存在だということをもっと自覚した方が良い。」
と言われました。

僕はあんまりそういう意識でいた事は無いですが、ちょっと考えてみると事実としてはそうなのだけど、それを超えないというか、結局、偉い人の言葉を借りるしかなくて、「我思う、故に我あり」としか思えなかったです。難しいですねぇ。

しかし、ドラえもんに話しかけられるとドキッとしますね。いや、ドキッとしましたよ。

ちなみに、そのちっさいドラえもん、最後には大きくなってました。

ドラえもん オフィシャルサイト

ドラえもんSuperDatabase
(ここ、物凄い数の道具の説明が出てます。でも、写真はないみたい。残念。いつか全巻読破してみたい。)

kizasi.jp

THIS ARTICLE IN ENGLISH

けっこう前からβ版で出ていて、ちらちらと見ていたkizasiが正式にオープンしたようです。

kizasi

このサイトが何をしているかと言いますと、たくさーーーーんあるブログを適当に巡回して、似た内容を示す単語を拾ってきて、それをランキングしているという感じです。トップページに出ていますが、今は100万人近くのブログを見ているみたいですね。

β版では本当にちらちらとしか見てなかったですが、結構話題になっていることが多く取り上げられていて、チラ見でもそれなりな情報源になっていました。獅子座流星群とか、落葉とか、初雪とか、季節ネタが特に目立っていたように思います。
まあ、それ以外でも色んなジャンルの言葉が出てくるので、結構楽しいです。あと、類似ネタにも繋がりやすいので、普通のニュースサイトでしか見れない一面以外の面も見れるかもしれませんね。
正式オープンになって、見た目も見やすくなったみたいだし、皆さんもチラ見してみてください。

合理化の先 / At the rationalization destination

THIS ARTICLE IN ENGLISH

こういうことを言う偉い人って良いですね。
ワイアード・ニュースの記事編集責任者を務めるTony Longさん。ロマンチスト大歓迎です。

HOT WIRED JAPAN

僕の人生の中で感じる限りですが、携帯電話が普及して以来、こういう話って加速度増えっぱなしで悪化しているように感じます。1コールで電話に出ないと怒る人とか、意味不明です。相手がどんな状況かわかんないんだから、むやみに怒るもんじゃないです。僕はややトラウマ気味になっています。不意に電話がなると未だにびくっとします(苦笑)

携帯電話もマナーモードっていう一括りじゃなく、もっと詳細な状況を知らせる機能が欲しいですよね。と思っていたら、マナーモードと運転中以外のアナウンスで、マナーエリアにいますみたいなのができるようになる(なった?)みたいです。電車の中吊りで見かけました。でも、何でもっと増やさないんでしょうね。「今、泣いているので、でたくありません」とか、「僕のトイレは長いので気長にどうぞ」とか、そういう細かいのが設定できると良いのに。悪用する人が・・・いなそうだけどなぁ(笑)
あと、何なら電波が届いちゃまずいところはそういうのが届かないような風にすれば良いのに。東京国際フォーラムのホールはそうなってるっぽかったです。


で、またちょっとそれましたが、一昔前に無かった技術による利便性を人が欲するのはよくわかるんです。でも、人間にとってはどこまでいっても「時と場合」が重要なのに、この世に人間は自分しかいないと言わんばかりの人とかいると何か悲しくなります。便利が進めば進むほど、こういう気持ちになってしまう人も増えてしまいそうです。
そしてLongさんの記事にもあるように、便利なことの代償は色んな形であるんですよね。僕は昔の仕事の名残りか、合理化を目指そうとする癖みたいなものがあるんですが、ここ数年は合理化や合理化を目指すための複合化などではない方向性っていうのをふと考えるようにしたりしています。何か合理化って、発展している感じがしないんです。僕的には、合理化って今あるものをまとめることなんじゃないかと思ったりしています。今、目の前にある理に合わせるって感じ。悪い事じゃないんですが、全てがそれで成り立つ訳がないと思います。
もう複合化とかは今や様々なところに取り入れられています。デパートやらカードやら銀行のサービスやら仕事内容やら、本当に色んなジャンルに散らばっていて、複合化されていないものってあるんですかね?っていうぐらいたくさんあります。その似たような複合化たちが数多く並んでしまったとき、それに囲まれていようとも光り続ける事ができるのは一意なものだと思います。その一意なものを日々探し続けて行く事が僕は好きです。って、何だか僕の話になってしまいましたが、特に書く事も無いのでこのへんで終わっておきます(笑)

携帯電話の予測変換2 / Forecast conversion of cellular phone - Part 2

THIS ARTICLE IN ENGLISH

携帯の変換予測第一候補の羅列です。

前にやったときは、たくさんの人からひたすら暇人と言われました。そんなことはないです。ちょっと待ち時間があるのだけど、薬飲んで眠いから寝ないためにやってるのです。(言い訳)


あ:ある
い:いって
う:動かない
え:エレベーターを
お;お互いに

か;改札
き:今日の
く:ください
け:嫌悪
こ:こと(前回と同じ)

さ:寒い
し:失礼だね
す:素敵な
せ:青春
そ:掃除を

た:タイミング
ち:近くにある
つ:ついたら
て:手伝ってた
と:とか (前回と同じ)

な:なら
に:新野
ぬ:抜け
ね:熱は
の:喉の

は:働いていない
ひ:左に
ふ:含めて
へ:平日
ほ:本当に

ま:前から
み:右
む:無理なら
め:メール(前回と同じ)
も:モスバーガー

や:休んで
ゆ:雪に
よ:夜

ら:ライフ
り:了解(前回と同じ)
る:るかも
れ:連絡
ろ:ろう

わ:悪くて
を:をもって(前回と同じ)
ん:んだ

が;外苑
ぎ:気味
ぐ:グラスとか
げ:月曜日
ご:合流

ざ:財政
じ:じゃあ(前回と同じ)
ず:頭痛
ぜ:是非(前回はひらがな)
ぞ:ゾーン

だ:大体
ぢ:痔(前回と同じ)
づ:付(前回と同じ)
で:でて
ど:どっかで

ば:馬喰
び:ビル
ぶ:ブラジル
べ:ベッドで
ぼ:僕(前回と同じ)

ぱ:パーティ
ぴ:ピアノ(前回と同じ)
ぷ:プレゼント(前回と同じ)
ぺ:ページ(前回と同じ)
ぽ:ポイントを

濁音撥音はあんまり変わらないもんですね。まあ、大体予想できる範囲です。
そして、よくよく考えると、携帯電話の予測変換ってあんまりお利口じゃないから、出現率とかはあんまり関係ないっぽいですよね。これをやっていると、最近出したメールを思い出します。

うがい薬は使わない方が良いらしい / You seem should not use gargle.

THIS ARTICLE IN ENGLISH

僕は風邪がまだ治りませんが、皆さん気をつけていますか?

気になるニュースをみかけたのでちらっとご紹介。

nikkeibp.jp(新しいウィンドウが開きます)

必要な菌も一緒にやっつけてしまうみたいですね。
うがい薬に限らず、何かそういう話って良くありますね・・・

これで、うがい薬も色んな種類がでてきそうですね。

パーティ / Party

THIS ARTICLE IN ENGLISH

今日の感じ
今日は友人たち主催のパーティが友人たちが住むUchida Bldg.であったので、ちらっと行ってきました。僕は風邪を引いていたのですが、ちょっと前から関わってた絡みでどうしても顔は出そうとがんばってみました。パーティに来ていた人に風邪をうつしていなければ良いのだけど・・・苦笑

で、今日のパーティの帰り際に感じた感じが写真の感じ。
うん。こんなかんじ。

今度は体調の良いときに、ゆっくり皆さんとお会いしたいです。