← W-ZERO3 | HOME | 菊 / Mum →

WEB 2.0

今話題のWEB 2.0。
CNETに載っていた記事(新しいウィンドウが開きます)を読みました。この記事はオライリーCEOのTim O'Reillyさんが書いた記事を翻訳したものです(原文はここ)。この考えが今後どう浸透していくのか、非常に興味があるところです。

しかし一方で僕は、今ですらインターネットを使った事が無い人というのはとても多いんじゃないかと実感しています。色んなマーケティングの資料には、いかにももうほとんどの人がインターネットに関わってるみたいな書き方をしているものが多いですが、関わり方の強弱に差がありすぎているように思います。関わりが弱い人はインターネットとは未だに関係がないと言っても過言ではないと考えます。

そんな中、WEB 2.0というものが世間の人々の生活に直接どう関係してくるんでしょうか。

まず、インターネットと強い関係を持つというのは、自らの意思で好きなときにパソコンを介して情報を得る事ができる状態と定義しておきます。ここまでくれば、WEB 2.0にも関係のある人と言える気がします。これは僕の実感からのものです(弱くなればなるほど、自分の家にパソコンがなかったり、パソコンが使えず携帯電話だったり、旦那に頼んでネットで買い物をしてもらったりします。)。
上の実感は以下の事から来ています。うちのおばあちゃん、お父さん、お兄ちゃんとはインターネットとの関わりが弱いです(おばあちゃん<お父さん<お兄ちゃんの順)。僕の家族のうち、WEB 2.0と近そうなのは僕ぐらいなのです。6人中たった1人です。

上の実感からさらに「有料のメールアドレスを所有すること」をインターネットに強く関わる第一歩として仮定します。彼女らはメールアドレスを持っていません。この仮定の中では、彼女らはインターネットに関わりが弱い組と言えるのです。さっき強い組への第一歩としてメールアドレスの有無を仮定しましたが、この部分は今のところはもしかするとそうかもしれないけど、時代が進むと変わるんじゃないかと思われます。(例えば、個人所有パソコンの有無とか)

では、弱い組の人はいつ強い組になれるのでしょうか。このまま時代が進んだとしても、やっぱりいつまでも弱い組は人口の大半を占めてしまうのではないかと思った訳です。それでWEB 2.0とか言っていていいのかどうか疑問です。WEB 2.0を有意義なものにするためにも弱い組を減らすことも考えないといけません。

じゃあ、その辺を改善するにはどうすれば良いかに思いを馳せてみました。

彼女らはメールアドレスを持っていませんでした。これははどういうことかを考えてみました。

僕は仕事柄インターネットと強く関わっているといえるのですが、その際、メールアドレスという存在は必須であり、これが無ければ周囲(インターネット経由の関係以外も含む)とのコミュニケーションは90%近く支障が出るんじゃないかと思います。これを裏返すと、うちのお父さんはメールアドレスが無くても自分が存在できるぐらいのコミュニケーションを周囲と保てているということになります。

このままWEB 2.0が始まろうと、うちのお父さんは変わりません。しかし、世の中の仕組みは結構変わってしまい、世の中としてもお父さんとしても、お父さんが変わらないと一部困る状態になることもあるでしょう。つまり世の中がきちんと変わっていくのは、うちのお父さん次第な気がしました。


そこで、真にインターネットが浸透することについて考えてみました。強い組だけのインターネットではなく、弱い組もインターネットに強く関わるようにするにはどうすれば良いかをです。

手っ取り早いのはインターネットの先導者がいることだと思いました。10人ぐらいに1人の割合ならインターネットと強く関わっている人がいる気がします。なら、その人を先導者として認定する事で世の中の大半を巻き込んではどうだろうかと思った訳です。この先導者は自分の担当する10人に対して、その生活を見たり相談を受けた上でインターネットに関するアドバイスをするのです。そうすると、10人の人はメールアドレスが無くてもインターネットと強く関わっていると言えるのではないでしょうか。

この解決策をもって、より一層意味のあるインターネットを目指すっていうのは良くないですか?良くないですか・・・先導者の負担がでかいとか言わないように。
でも、学校や職場で教えてくれれば良いですが、そういうきっかけがないほとんどの人に対する何らかのアクションは考えていかないといけないと思いますよ。上では先導者が手っ取り早いと書きましたが、それこそ映画に出てくるような「呼びかけるとウィンと出てくる情報」みたいなのができればそれでも良いですけど。


まとめますと、インターフェイスが重要だということです。画面の中のインターフェイスだけでなく、そこに至るまでの経緯が大切で、それが人であろうがウィンと出てこようが、まあどっちでも良いかなと思います。そういうのと同時進行でWEB 2.0を進めた方が、より意味のあるWEB 2.0と言えるのではないかと思った次第です。

最後ですが、CNETの記事からの引用です。以下の7つの要素が一つも無いとWEB 2.0ではないと言っています。

  • パッケージソフトウェアではなく、費用効率が高く、拡張性のあるサービスを提供する。

  • 独自性があり、同じものを作ることが難しいデータソースをコントロールする。このデータソースは利用者が増えるほど、充実しているものでなければならない。

  • ユーザーを信頼し、共同開発者として扱う。

  • 集合知を利用する。

  • カスタマーセルフサービスを通して、ロングテールを取り込む。

  • 単一デバイスの枠を超えたソフトウェアを提供する。

  • 軽量なユーザーインターフェース、軽量な開発モデル、そして軽量なビジネスモデルを採用する。

これを見る限り、日本においてGoogleはかなりがんばっちゃってますね。Google BASEなんてのも始めちゃいましたし。ちなみにGoogle BASEで驚いた事は、スペルチェックしてくれてました。間違った単語のタグはつくれないみたいです。ってことは、造語のタグは無理なのか?まあ、良いや。
Googleラッシュはどこまで続くのでしょうか。年内にもうひとつぐらいきそうですよね。

強い組と弱い組の差はGMailアカウントになるかもしれないですよ。

WEB 2.0 of topic now. The article (A new window opens) recorded in CNET was read. This article is a translation of the article that CEO Oraire's Mr. Tim O 'Reilly wrote.
(The original is here. )How will this idea infiltrate in the future, and it is interested very much.

I am actually feeling that there are quite a lot of people who have not used the Internet on the other hand. There is too a difference in strength of how for relations though it is written that most people are related to the Internet in the material of the color marketing. It is not an exaggeration to say that relations are unrelated and the weak person is yet unrelated to the Internet.

How does the one named in such and WEB 2.0 relate directly to people's lives at the people?

First of all, it is defined the possession of the Internet and a strong relation as the state to be able to receive intelligence by the personal computer when it is favorite in an own intention. I think that it can say a person related to WEB 2.0 if coming here. This is the one from my actually feeling. (There is no personal computer in my house according to becoming if weakening, and the personal computer cannot be used and cellular phone. )
Actually feeling above has come from the following things. Relations with the Internet are weak with our grandma, father, and the elder brother. (grandma < father < elder brother's order)Seeming to near to WEB 2.0 among my families is me. It does all alone by six people when mesne.

"A pay mail address is owned" is assumed from actually feeling above further as a first step strongly related to the Internet. They do not have the mail address. They can say the class that relations are weak to the Internet in this assumption. It seems that this part changes when the age advances though presence in the mail address was assumed as a first step to a strong a little while ago class. (for instance, presence of individual ownership personal computer)

Then, when can the person of a weak class become a strong class? Even if the age advances, an after all weak indefinitely class is a translation as it is thought to occupy the majority of the population. WEB 2.0 yet is a doubt ..whether you may say... It is necessary to think the number of weak classes is decreased to make WEB 2.0 significant. Then, it thought how to do to improve about there.

They did not have the mail address. Thought about.

In that case, existence of mail address is indispensable to me though it can be said it is strongly related with the work handle Internet. The obstacle will go out of communications with surroundings (Include it excluding the relation by way of the Internet) by about 90% if there is no mail address. Our father comes to be surrounding and to be able to keep communications like can the existence of me even if there is no mail address if he turns this inside out.

Our father doesn't change as it is even if WEB 2.0 starts. However, the mechanism of the world will change considerably. The way things are going, it will enter an embarrassed state with "Father doesn't change" as a world or father. I think that our father is greatly related so that the world may change in a word.


Then, it thought the Internet infiltrated neatly. How should I do no Internet of a strong class alone, and to make a weak class strongly related to the Internet, too?

I thought that there was a leader of the Internet the quick one. If it is a ratio of one person in about ten people, I think that there are the Internet and a person who is strongly related. Then, it is a translation thought to be because most of the world are rolled by recognizing the person as a leader. This leader sees the life for ten people of whom I take charge and after receiving the consultation, advises concerning the Internet. Then, ten people might be able to say that they are strongly related with the Internet even if there is no mail address.

Aren't it good to have this solution, and to aim at the significant further more Internet? Isn't it good ・・・?
Do not say as the leader's load is strapping.
However, I think that it should think about most some actions to the person without such a chance though it only has to teach in the school and the office. If it can be done like "Monitor who reacts to calling" that comes out in the movie, only it : though it was written that the leader was quick on though it is good even so.


The interface is important when bringing it together. Not only the interface on the screen but also details so much are important. Both of they are acceptable though it goes out reacting on the voice though it might be a person.
Advancing WEB 2.0 thinks that it can say with WEB 2.0 with the more meaning because of the progress simultaneously ..so...

It is a quotation from the article on CNET though it is the end. It is said that it is not WEB 2.0 if there are no seven following elements.

  • Services, not packaged software, with cost-effective scalability

  • Control over unique, hard-to-recreate data sources that get richer as more people use them

  • Trusting users as co-developers

  • Harnessing collective intelligence

  • Leveraging the long tail through customer self-service

  • Software above the level of a single device

  • Lightweight user interfaces, development models, AND business models

It holds out Google considerably in Japan as long as this is seen. Google BASE has been started. By the way, the thing to be surprised by Google BASE checks the spelling and is .. The tag of a wrong word might be not able to be made. Are and the tag of coinage impossible?Oh dear, as soon as good. Where does the Google rush lead? It seems to come by about another one within the year.

There might be a difference between a strong class and a weak class in the GMail account.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/39

コメント

と、いってるうちにいつの間にか二つも始まってる(笑)

Googleローカルビジネスセンター http://www.google.com/local/add/lookup?hl=ja-JP&gl=JP

Google Sitemap https://www.google.com/webmasters/sitemaps/login

ローカルビジネスセンターはお店持ってる人はやってみても良いかもですね。まあ、受け皿的な何か(自分の店を良く見せるためのインターネットを使った手段)がないとやっても微妙かもしれませんが・・・ これ、口コミ情報ももてるようになるのかな?

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)