← MVRDV | HOME | Google Analytics →

深澤直人 / Naoto Fukasawa

昨日は友達に誘ってもらい、深澤直人さんの講演を聞きにいってきました。
(またですが、僕は深澤直人さん好きです。)

内容は、深澤さんとElisa Astori(driade社の企画責任者。driade社はAstori家がやっているそうです。)のそれぞれによる、デザインへのアプローチというものでした。
driade社はイタリアの会社で大手家具メーカーで、日本人のデザイナーとも色んな家具をつくっています。青山にda driadeというお店があります。

で、Elisa Astoriさんはデザインへのアプローチという題名ながらも、driadeのものづくりに対する姿勢などといった会社説明的な説明がほとんどな感じでした。あの規模でその信念を貫ける家具メーカーというのは、やはり貴重だなと思いましたよ。
ただ同時通訳を通して聞いていたのですが、下手に英語を聞こうとすると、直前に聞いた内容を忘れてしまって疲れました(苦笑)

で、深澤さんの話は、driade社のためにつくった新作「ishi」と「muku」のプレゼンと、その成り立ちでdriade社とどう関わったか、また深澤さんがデザインするときのことなど、盛りだくさんな内容でした。

深澤さんの話は初めて聞いたのですが、話を通してとても真面目な人なんだなと思いました。真面目とは違うかも、真摯というか、事態を直視しているというか。今日の講演では、Elisa Astoriさんの時間が予定より長くなってしまったんじゃないかと思うんですが、講演用に用意した資料の量と比べると話はとても短かったように思います。時間が限られていたのが惜しまれました。
そして、他人が笑っていられるように考える事が好きなんだとも思いました。

この話を聞いていて機能と形態について少し思ったのですが、あまりにも長くなりそうなので、後日改めます。

ishiは丸い大きな固めの白いソファで、まさに石。外側は革張りでした。
川原に「そこにあるとどうしても拾ってしまう」石を拾いに行ったという話をしていて、友達と川に石拾いに行こうと言っていたのを思い出しました。森に枝拾いも楽しそうです。なので、必ず時間を見つけて行こうと思います。

mukuはダイニングテーブルから始まる一連の家具シリーズでした。
人間が建築物の構造体として鉄柱が内包されているという、普段は意識しないが知っている認識を家具の要素として盛り込んでいました。また、構造として危うい形状を安全な構造でつくるということもやっていました。

その二つに関するdriadeとのやりとりの話をしていたのですが、コンセプトを説明する事や詳しい図面を用意することの前に、ぱっとみてわかる強いイメージ(この二つでは写真でした)を使って、そのプロジェクトに関するお互いの認識をはかるというやり方をしていました。(このイメージにちゃんと名前があったんですが、なんて言っていたか忘れました。)
これ、一見簡単そうなことですが相当強いイメージが無いとぶれて誤解が生まれそうですよね。mukuのイメージは、どこにでもあるようなコインパーキングの鉄柱が曲がった写真でしたが、そのイメージを持って来れるところが素敵だなと思いました。

講演の後はda driadeでレセプションパーティが行われ、美味しいおつまみとワインが振る舞われました。おつまみは本当に美味しくてちょっと驚きました。深澤さんも陽気に酔っぱらっていたようです。

The lecture of Naoto Fukasawa had been said to hearing by the friend's consideration yesterday.
(And I like Naoto Fukasawa. )

The content was Mr. Fukasawa and an approach to the design respectively of Elisa Astori (person in charge of the project of the driade Co.. The Astori person seems to be doing the driade Co.. ).
The driade Co. is making a Japanese designer and various furniture from the major furniture manufacturer in the company in Italy. Aoyama has the shop named da driade.

There were a lot of explanations that Mr. Elisa Astori was posture to the one-making of driade though it was a title of approach to the design introductory the company. I thought that the furniture manufacturer that was able to carry out the belief on that scale was still valuable.
However, it became tired a little because it had heard it through the simultaneous interpreter.

Mr. Fukasawa's story was a plenty content.
・Presentation of new work "ishi" and "muku" made for driade Co.
・How it related in the structure with the driade Co.?
・Naoto Fukasawa must design moreover.

I thought that it was a very serious person through the talk though I heard Mr. Fukasawa's story for the first time. (It is said that it will look straight at seriousness or sincerity or the situation. )
The time of Mr. Elisa Astori has become longer than the schedule, and I think the story to be a very short in today's lecture compared with the amount of the material that Mr. Fukasawa prepared for the lecture. It was regretted that time had been limited.
I thought that it liked thought thing as laughed at others.

This story is heard it renews later though it thought of the function and the form a little because it seems to become too long.

Ishi was exactly a stone in the sofa where a big round hardening was white. The outside was a leather -lined.
It is . as for the story of going to Kawahara for picking up in the stone picked up by all means when is there. Incidently, Ishihiro recalled having said going in the river as the friend. It is Edahiro potato easiness instigating in the forest. I think that it finds time without fail.

Muku was a series of furniture series that started from the dining table.
Man knows the iron pillar to be involved as a structure of the building. This known recognition was usually included as an element of furniture though it did not consider. Moreover, dangerous shape was made from a safe structure as a structure.

The way of achieving recognition concerning the project each other by using the strong image (It was a photograph in this two) that was able to be understood from glancing seeing before a thing to explain the concept and a detailed drawing were prepared was done though the story of the communication with driade concerning the two was told. (Forgot though there was neatly a name in this image. )It corresponds, it blurs if it forces and there is no image, and the misunderstanding seems to arise though it seems to be easy seemingly. I thought it was wonderful the image's being brought though the image of muku was a photograph where the iron pillar of the coin parking that was anywhere bent.

The reception party was held with da driade now, and a delicious switch and wine behaved about the lecture. The switch was surprised for a moment because it was really delicious. Mr. Fukasawa seems to have gotten drunk in a cheerful manner, too.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/31

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)