← カール・フォン・リンネ / Carl von linne | HOME | パーティ / Party →

姉歯建築士 / Architecture Mr. Aneha

姉歯氏の件、どんどんすごい事になっていますね。彼に構造計算の下請けを出していた会社の社長さんは自殺をしてしまいました。

僕は建築を学んだというだけですが、(ものづくりという観点からいくとまあ同じですが)姉歯氏のやり方は、それを死ぬ気でやっている他の建築士建築家からすれば、本当に悔しいというか悲しいというか、そういう気持ちは何となく想像に難くないところです。また多くのマスコミに取り上げられ、世間の人からもそこに住んでいる人などの直接関わっている人たちからも非難の嵐でしょう。

ではこの問題、そもそもどこが悪かったんでしょう?

姉歯氏のやり方が悪いのか?
姉歯氏を取り巻いていた仕事の体制が悪いのか?
姉歯氏が仕事をもらえている仕組みが悪いのか?
姉歯氏が建築士になってしまったのが悪いのか?
姉歯氏に建築士になる勉強をさせてしまったのが悪いのか?

こういう、いわゆる手抜きなことって、人の生死に直接関わる問題だから建築や医療がクローズアップされているだけであって、この手の内容って人の生死を抜きにできるような、幅は広いですがIT業界とか、街の喫茶店とかだと日常茶飯事なことだと思います。そんな日常的なことが、建築だから医療だからあってはならない、というだけで無くなるとは僕は思えません。
つまり上で並べたような直接的な原因というのは、建築物の耐震性の無さの原因なのかもしれませんが、人が困ることの原因ではない訳です。そこを見直さないときっとどんどん問題は増えてしまいそうですよね。

じゃあ、世の中の流れが速くて良くないって思ったりします。ただ流れが速い、それだけでしょうか?スローライフなんてものじゃなく、もっと見直した方が良い事はたくさんありそうです。

僕が思うことですが、人間は歴史を重ねる度に気にする事が増えているのです。まあ、それが技術の進歩、精神の進歩とも言えるのかもしれませんが。ただ、気にするポイントが増えた分、他人に押し付けている量が多くなってるんじゃないでしょうか。改めてもう少し、他人に自分を重ねてみても良い時期がきているんじゃないか。そんな風に思います。僕はそれだけは忘れずに生きていきたい。

The matter of Mr. Aneha is cruel.
The president who has put out the subcontract of the structural calculation to him has committed suicide finally.

Only I am to learn construction,(Though it is probably the same when it goes from the viewpoint of one-making.) The ways of Mr. Aneha are from other architect architect to really mortifying and sadness who is doing it by the nature to die. I will understand such feelings. It is taken up by a lot of mass communications, and moreover, it might be cruel and be famous also from the people who are the person and personally related of the people.

Then, this problem, where was to begin with bad?

Is the way of Mr. Aneha bad?
Is the system of work to surround Mr. Aneha bad?
Is the mechanism that Mr. Aneha can get work bad?
Is it bad that Mr. Aneha has become an architect?
Is it bad for Mr. Aneha to have made the study that becomes an architect done?

Construction and the medical treatment are only closed up because it is a problem of personally related to person's life and death for such an omission. I think this to be everyday experience in the coffee shop in the IT industry and the town that pulls out person's life and death.
The reason of not be for construction and the medical treatment doesn't seem to keep might not be daily.
The immediate cause arranged on in a word is a translation without about the earthquake resistance of the building that is not the cause of a thing embarrassed of the person though is not does a be known whether it is a cause either.
The problem seems to increase gradually if it doesn't review there.

Moreover, there is that the flow of the world is fast and not good, too. However, do you only have a rapid current? A slow life is not the one, and seems to have a lot of things that you should review more.

As for man, the thing that worries every time the history is piled up has increased though I think. It might be able to be said that it is advancement of the technology and the spirit. However, isn't the amount pressed against others lustful to the extent that the worrying point increases?
Time when you may see yourself repeatedly might come to others a little more again. It thinks in such a way. I want to live without forgetting it.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/45

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)