← 種の滅亡 / | HOME | 携帯電話の予測変換 / Forecast conversion of cellular phone →

引力 /

何か引力とか言うと、ちょっと難しそうですね。
僕には高等なことはさっぱりです。
とはいえ、理科の授業の端々ぐらいは覚えていまして、
何にでも引力があるんだよってことだけ覚えています。

その当時、ああ、なるほどと思いました。
人間の人生と引力の関係についてです。

人間は性格が違うとか、そのあたりも当然違うのですが、
それ以前に似ているだけで、
物理的にみても個体差があるじゃないですか。
(精神的なものが物理的なものに及ぼす影響ももちろんありますね)

例をあげると細胞の数とか、そりゃもうまちまちです。
となると、各個人がもつ引力も違う訳です。

となるとですよ、世の中で目立っている人とか
素敵な人生(どんなだ?笑)を送っている人ってのは、
その組み合わせのおかげで自分引力が人より強いんじゃないか。
その引力の強さがあって、結果的にそうなっていってるんじゃないか。
魅かれる。引かれる。敷かれる。ああ、なるほど。

と思った事がありました。
じゃ質量か?質量を増やす事ができれば、引力が増えるのか?と
思ったりもしました。
いや、意識的に自分引力を増やすなんてできないよなぁと
思ったりもしました。
だから、どんなに性格の悪い、酷いことする人でも
引力さえあれば無事に生きていられるんだなと
思ったりもしました。
さらに引力ってつまり運ってことか?と思ったりもしました。

・・・

ほんと、だからといって何?ってかんじと思います。 苦笑

と、書いていてまた思い出しました。
先日のこと。

引力についてニュートンがその当時に「おお!」と思ったぐらい
(勝手に予想)、
僕もぼーっとしていたからか、負けじと「おおお!」と思いました。
僕の場合は梅でした。
世界の不思議だなぁと思った次第です。

I have not translated this article yet...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/10

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)