騙されないため /

THIS ARTICLE IN ENGLISH

オレオレ詐欺も随分と増えたような減ったような。
友達の話も何人か聞きました。
誘拐されて指を落とされたくなかったら振り込めとか、
事故を起こしちゃったから示談金を振り込めとか。
登場人物も1〜4人と多彩です。
さらに効果音まで使ってます。
色々話を聞いていて、僕はかなりの怒りを感じてます。


で、ここ最近、少し考えていました。

今の一般的な対策としては、
・本人に折り返し電話をする
・警察に相談する
・知人に相談する
と、こんなかんじでしょうか。
本人に折り返し電話するのは、結構効果的な手段のように思えますが、
先日、僕の実家にかかってきたときは
携帯電話の番号を教えられたそうです。
で、かけたら同一人物が出たと。
というわけで、折り返しといっても一概に有効とは言えません。
携帯電話の人も多いので繋がらないこともあると思いますし。

また、残りの二つも最近では「早く早く」と
追い込む手口が多く、これまた効果は薄い気がします。

僕が思う、この3つに関して致命的な欠陥は
騙されている人(最初に電話に出た人)の心労が
数時間続く可能性があるということだと思います。

どこの家庭にもお年寄りはいるもので、
そういうお年寄りにこの数時間の心労というのは
非常に心配です。(もちろんお年寄りだけじゃないですが)
本当にやめてほしいと心から思うばかりです。

が、思ってみても彼らはやめないんでしょう。
本当、怒りです。


というわけで。
警察の呼びかけや、口座の監視といった
数を減らすことを目的とした対策ではなく、
騙されている人の心労を減らすことで、
数もついでに減らすことが大切と考えました。

一番良いのは、
最初の電話の時点でこれが本人じゃないと確証が持てること
と思います。
そう、本人確認ってやつです。
ただ、どこまで調べて電話してきているかが未知数なので、
ありきたりな生年月日とか、住所とか、出身地とかは
ちょっと心もとないです。

そこで!
思い付いたのは、合い言葉です。
そう、忍者が使う「山!」「川!」ってやつです。
家族と自分しかしらないような秘密をつくるわけです。
予め決めておけば良いだけ。
たったそれだけの労力でその場で本人確認ができ、
飛躍的(僕の想像(笑))に心労が減り
ついでに数が減ると思うのです。

ただ、これだけだと今は本人は出れないからって言われたり、
偶然ばれちゃったりすることもあるかもなので、
これに頼るのではなく、
本人への電話確認とセットで使っていけば
良いんだと思います。


僕は早速うちのおばあちゃんとそう言う話をして、
おばあちゃんの好きなことにちなんだ(忘れないように)
合い言葉を決めました。
で、
とにかく、びっくりするような電話があったら、
前後の会話と脈略があろうとなかろうと
合い言葉を投げかけて。必ず答えるから。と。

結構、恥ずかしいような気もしますが(笑)
そんなこと言ってる場合じゃないかなって思います。
本当に彼らは容赦ないっぽいです。
こんな世の中になってしまって、なんだかなぁ・・・。
でも、ちょっとしたことで家族が少し守れるんだったら
良いと思いません?

もし有効かもと思った方は是非ご実家にお電話を。
特に実家が遠く、一人暮らしの方。
あと、ほとんど実家に連絡していない方。
是非是非。


あ、あと、これ駄目じゃん!な意見もよろしくです(苦笑)

早くなくならないですかね。こういうの。