← 服の機能 | HOME | 僕らのからだ / →

倒れている人を起こす感じ /

気がついちゃいました。
まさにこれ。
昨日、自転車にのってて気がついちゃいました。


ほら、よくあるじゃないですか。
もんのすごく酔っぱらって、ふらふらを通り越して
だるーーんとうなだれてる人。

ああいう人を
トイレこっちだからとか、
家までもうすぐだからとか、
救急車きたからとか言いながら、
起こすときのあの感覚。

ずっしりきます。
相手はだるーーーんですから。

ちょっと嫌悪感や、何だか義務感があったり、
妙な親心があったり、いい加減にしろと思ったり。
気持ちはこんな風に色々です。
でも、気持ちは色々でも感覚は同じ。ずっしり。


で、何に気がついたかと言いますと、
こうやって生きている気がしました、僕は。
一つの心がうなだれているのを感じ、
他の心がずっしり感じつつ起こそうとする。

ここ数ヶ月の僕の振る舞いを思い起こすと、
色々な気持ちはありましたが、ずっしりな感覚が色濃く残っている。
やっぱり、生きるのって結構、力がいるんだな。
僕は運動不足です。たぶん。
だから、運動しないといけないな。

といっても、何をどうするのかは・・・
これから探します。

I have not translated this article yet...

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://journal.morld.jp/sys/mt-tb.cgi/2

コメントを投稿 / POST COMMENT

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)